•        









  • 検索フォーム

  • プロフィール

    きあら

    Author:きあら
    京都とイタリア、クラシック音楽(とりわけポリーニの音楽)をとっても愛してます。美味しいものにも目がありません。植物もいろいろ育ててます。どうぞよろしく。

  • FC2カウンター

  • メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

  • QRコード

    QRコード

--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告    |  Trackback
2013/06/07(Fri)

アーティチョーク できた!

アーティチョーク

我が家のアーティチョーク、大きなつぼみができました!
小さなポット苗を買ってきて植えつけたものが、今や巨大に。
葉っぱも豪快にわっさわさ、つぼみは9cm弱ぐらいかなぁ。
収穫は10cmを目安に、とあったから、もうそろそろ?
タイミングがよくわかりません。
毎日、少しづつつぼみが大きくなり、首も伸びるので、もう数日置いとくべきなのか、とってしまうべきなのか。
花が咲いてしまったらえらいこと!もう食べられない。

せっかく花を咲かせようと大きくなったこの子の首を切ってしまうのは、辛いけど…でも、食べたい。

先日、イタリア人の友達に会った時に聞いてみたら、カルチョーフィ(アーティチョーク)は、そのまま丸ごと茹でてしまえばいい!と言ってました。
前回、買ってきたアーティチョークで苦労した下処理は、茹でた後やれば簡単なようです。
この間はグリルにしたから、今回はこの方法でボイルで食べよ~!楽しみだわ~


後日談
食べました!美味しかったですよ~。
今回の調理法は、前回の下処理してグリルよりずっと簡単でした。
大きな鍋に塩少々とオリーブオイル少々を入れ、丸ごとボイル。
(レモン汁も入れると言ってたかも)
茹であがってからタテに切って、芯の上部についた毛のようなものをとるだけです。
この毛は生だと恐ろしく痛いけど、ボイルすれば簡単に取り除けます。
ガクの部分は、一枚ずつはがして、中身だけを歯でしごきとるようにして(どう表現したらよいのか)食べます。
最も美味しい芯の部分は、わずかしかないけど、ここは本当に美味しい!
下処理で、ガクを取り除いて芯だけ残すよう書いてあるものもありますが、前回のグリルも今回のボイルも、ガクはつけたまま調理しました。イタリアでも、ここはしごきとって食べたし、イタリア人の友人も、やはりそのように言ってました。身は少ないけど美味しいです。

Home | Category : 花など 植物    |  Trackback0
2013/05/24(Fri)

御所の黄菖蒲とさくらんぼう

五月はずいぶんたくさんの社寺をめぐりました。
 相変わらず忙しくて、ブログにアップできません。
写真の整理や縮小作業ができない…
お花もいろいろ見て回ったのですが…

というわけで、今日は、簡単にのせられる二枚を。

昨日の御所、
出水の小川の黄菖蒲。
御所 黄菖蒲

それから、こちらは、色とりどりの桜の実。
御所 桜 実
楽しい音が聞こえてきそう。
陽ざしを受けた葉もすがすがしい。
とはいえ、日向の暑さは夏のようで、少しだけ散歩して退散しました。

今年は、大田神社のカキツバタ(天然記念物で、尾形光琳の『燕子花(かきつばた)図』のモチーフになったとの言い伝えがあります。)も二度見に行ったのですが、一度目は早すぎて数えるほどしか咲いてなく、数日前に行ったときは、一面咲いてはいましたが遅すぎました。

お寺では、圓通寺、八瀬 瑠璃光院など書きたいとは思うのですが…
瑠璃光院では、めずらしいモリアオガエルと、その大きな卵も見ました。

5月はどこへ行っても新緑が美しいです。
そよ風も心地よいし、青い空をバックに、さわさわと鳴る木々の音がほんとうにさわやか。大好きな季節です。

Home | Category : 花など 植物    |  Trackback0
2013/05/13(Mon)

ご無沙汰してます

本田味噌 赤いお椀の白い暖簾

先日、本田味噌の前を通ったら、こんなかわいい暖簾がかかってました。
白地に赤いお椀、シンプルでモダンな感じ。とても目立ってました。
(以前書いた本田味噌はこちら
お正月用には、また別ののれんがあるらしい。

                  

長らくご無沙汰しました。
いつものごとく、お寺に神社、美術展、歌舞伎、花巡りなど、いろいろ行ってはいるのですが、最近忙しくて書く時間がありません。
グルメ関係も、気に入った新しくできたお店も、植物についても、書きたいことはあるのですが…

今年は初めてアーティチョーク(カルチョーフィ)を育てています。
イタリアでは良く食べられる食材で、イタリア好きの私は、もちろん大好き!
うちの収穫はまだまだ先なので、今日は、スーパーでみつけて買ってみました。
いつもは瓶詰めを食べているので、生の物を扱うのは、これが初めて。
下処理がとても面倒なんです。ネットでも調べましたが、さまざまなやり方があり迷ってしまった。
結局、それらを参考に、イタリアで食べた時のことなども思い出して下処理完了。
その後、グリルにしました。
なかなか美味しかった!満足満足。


Home | Category : 未分類    |  Trackback0
2013/03/13(Wed)

城南宮 神苑 しだれ梅

城南宮 しだれ梅2

梅を見に、城南宮へ行ってきました。
一度行ってみたいとずっと思ってた枝垂れ梅の名所です。

IMG_3970_20130311213605.jpg

IMG_3991_20130311213604.jpg

ふつう梅というと、質素で愛らしい印象ですが、城南宮のしだれ梅はとても華やか、圧倒的でした。

城南宮 しだれ梅1

城南宮 梅 メジロ二羽 城南宮 梅メジロ

神苑内は、梅のよい匂いでいっぱい。
メジロもたくさんいましたよ。
動きが素早く、なかなか撮れなかったけど、かわいい~。
ようやく春が来ましたね。

この神苑の開花情報は、 城南宮のHPで確認できます。
(私の写真は、今週始めのものです)


Home | Category : 花など 植物    |  Trackback0
2013/03/09(Sat)

亀末廣の一休寺

亀末さんに行ってきた友達が、
「落雁のばら売りがあったから、これどうぞ。」 となんとも嬉しいものをくださいました。
思いがけなかったので驚きましたが、ほ~んとに驚いたのは、このお菓子が『一休寺』だと聞いたとき!
これ、祖父由来のお菓子なんです。いい歳になった今こそ食べたいとずっと思っておりました。

亀末廣 一休寺 
一休寺(亀末廣)

一休寺納豆を真ん中に一粒あしらった玄米の落雁です。
子供の頃に食べたことあるだろうと思いますが、子供に美味しいものでもないし、味に記憶はなく・・・
ここ数年は、亀末さんに行っては、気になりつつも、もっと華やかな四畳半(京のよすが)や生菓子を選んでしまい、『一休寺』は後回しのままでした。
ばら売りがあるのも知らなかったし、箱ではちょっと大きいし…などとも思って。

友達は、私のこんな事情など全く知りませんから、「なんであんな沢山のお菓子の中から、一休寺を?」と聞くと、
「昨年秋に、一緒に一休寺へ行こうと話してたけど、行けなかったから、○○さん(←私)を思い出した。」とのことでした。さすが茶友!そんなところで思い出してくれて、ありがと~!

薄茶を点てていただきました。
またまたびっくり、おいしい!
正直、祖父がらみで食べてみたかっただけで、お味の方は、あまり期待してなかったんです。
玄米と一休寺納豆って、あまりに地味ですから。
ところがどっこい、とっても美味しかった。
さすが亀末さんです。何と表現したらよいか、この上品な甘さ、この味が亀末さんの味なんですよね。そこらの落雁とは違います。
玄米の素朴な味に、一粒の一休寺納豆が抜群のアクセント。
味的にもおいしいし、デザイン的にもシンプルで美しい。
これは、まさにお茶菓子ですね。わびさび

いや~、ほんと嬉しいいただきものでした。感謝です!


亀末廣
京都市中京区姉小路烏丸東入ル
 tel 075-221-5110

Home | Category : 京都の和菓子    |  Trackback0
2013/02/26(Tue)

nikiniki à la gare のウィンドウ

nikiniki window

京都駅八条口の nikiniki のウィンドウ、
これ、生八つ橋です。
食べるのがもったいないほど綺麗。

nikinikii window cuore

nikiniki window ume

nikiniki window heart

四条西木屋町のお店は知ってたけど、京都駅にもできたんですね。(昨年9月にオープン)
nikiniki は、京都のお土産としても有名な聖護院八ッ橋総本店がプロデュースするお店で、季節に合わせて、かわいいお菓子を作っておられます。
夏のヨーヨーもかわいかった~。

写真は、八条口外側通路のウィンドウですが、お店もかわいい


nikiniki à la gare
京都駅八条口 アスティロード
http://www.asty-kyoto.co.jp/kyoto/detail100.html

nikiniki
http://www.nikiniki.co.jp/

 
Home | Category : 京都の和菓子    |  Trackback0
2013/02/22(Fri)

笹屋伊織 どら焼

昨日、待ち合わせ場所に向かってると、友人から「笹屋伊織のどら焼きを買いにデパートへ寄ってから、直接行きます」とメールがきました。
それで、「今日は、21日だったのね。」と気付き、だったら私も~、と買ってきました。

笹屋伊織 どら焼1

笹屋伊織といえば、このどら焼きですね。
弘法さんの21日とその前後の3日間だけ販売されています。
(つまり、毎月20、21、22日限定)

どら焼きと言っても、ドラえもんが好きなあのどら焼きとは別物で、薄皮でこしあんを巻き竹の皮で包んだ棒状のお菓子です。
普通のどら焼きは、お寺の銅鑼に似てるところから名付けられようですが、笹屋伊織のどら焼きは、熱した銅鑼を鉄板代わりに使って薄皮を焼いたたところからきているそうです。

というのは…

江戸中期(1716年)に創業された笹屋伊織さんは、昔から寺とのお付き合いが多く、江戸時代末期に、東寺のお坊さんから「副食となるお菓子を作ってほしい」と頼まれました。
そこで、五代目ご主人の伊兵衛さんが、お寺ででも作れるようにと、鉄板の代わりに銅鑼を使うことを思いつき、このお菓子をつくりだしました。
この発想、いい~

竹の皮ごと切っていただくのですが、これも、忙しいお坊さん方が、手を汚さず、お皿も使わず気軽に食べれるように、という心遣いからだそうです。

笹屋伊織 どら焼
お店や、写真では、こんな風に盛られてます。

笹屋伊織 どら焼き2

食感はもっちりして、蜂蜜の香りがします。竹の香りとまざって他にないお味。
おいしいし、食べごたえもあります。厳しい修行をされてるお坊さんはたまらなかったでしょうね。
小麦粉、砂糖、水飴、蜂蜜などで作られる薄皮の配合は一子相伝、秘密だそうです。

本店は七条大宮を西に行った辺りで、あまりそちら方面に行く機会がない私は行ったことがありません。
買うならデパート!でしたが、意外や意外、京都駅のお土産屋さんなどにも、この三日間は置いてますし、リーガロイヤル京都にもありました。
月三日限定とはいえ、こんなにいろんな所で買えたとは、長年知らなんだぁ…。

お店のHPを見ると…
全国あちこちに店舗があり、オンラインショップもあり。
これも知らなかったぁ。


笹屋伊織
http://www.sasayaiori.com/

Home | Category : 京都の和菓子    |  Trackback0
2013/01/04(Fri)

あけましておめでとうございます

仏手柑

                        今年もどうぞよろしくお願いいたします。
Home | Category : 未分類    |  Trackback0
2012/12/20(Thu)

妙蓮寺 長谷川等伯の鉾杉を見る

先日、長谷川等伯一派が描いた「鉾杉の図」を見に妙蓮寺に行ってきました。
普段非公開のこの障壁画は、何度か特別公開されましたが、ここのところそんな機会もないので、予約して見せていただくことにしました。

妙蓮寺山門

寒い日でした。
予約は一年中できるのに、よりによって、なんでこんな寒い時にしてしまったのか…
12月がここまで寒くなるとは思ってなかったんですよね。

まずは、奥書院に通され、お庭拝見。
「十六羅漢石庭」。ここも見たかった庭です。

妙蓮寺 十六羅漢石庭

妙蓮寺 十六羅漢石庭3

桂離宮の造営にたずさわった妙蓮寺の僧侶 玉淵坊日首(ぎょうくえんぼう にっしゅ)が作った庭で、中央の大きな石「臥牛石」は、秀吉から賜ったもの。

枯山水ですが、奥にきれいに並ぶ北山杉やサツキのためか、モダンな感じがします。(植木は後世に植えられたようですが)

書院では、幸野豊一画伯の「四季の襖絵」(春の野、夏の池、秋の山、冬の川)が見られます。
どの季節にも銀箔がふんだんに使われ、光の加減で不思議に変化して、とても美しかったです。

そして、いよいよ長谷川等伯を見に宝物殿へ。

と思ったら、その前に、表玄関を上がったところにある銀箔がはられた襖の部屋に案内されました。
そこでは、「外から差し込む光により、どれほど銀の襖が変化するか」を実際に見せていただきました。
障子を通して差し込む光で、開け放って表から差し込む光で、雲や風でも刻々とうつろい変化する銀の襖、神秘的です。先ほど見た「四季の襖絵」もそうでした。
つまり、これから見る長谷川等伯一派の金碧画は、宝物殿の中に保管されているため、このような光の変化を楽しむことはできない。蛍光灯の下で見ることになる。でも、本来は、こういった場所にあったものだ。というお話でした。

この後、厳重に警備された宝物殿へ。

長谷川等伯一派 鉾杉の図
「鉾杉の図」(重文)

鉾杉の形がとてもモダンな雰囲気をかもだしています。かわいいです。
この絵は、エリザベス女王が訪日された際、どうしても見たいとの女王の意向を受け、時間がない女王のために東京まで運んだそうです。
女王は、どんなところに興味を持たれたのでしょう?

展示ケースの間が狭いので、離れて見れないのも少し残念でしたが、お寺の方の詳しい説明を興味深くうかがいなら、友人と二人、ゆっくり鑑賞させていただきました。贅沢ですね。
でも、やはり、本来あるべき場所で、「自然の光のうつろい」で見てみたいものです。

宝物殿では、「鉾杉の図」の他、「柳の図」「松桜の図」「「桜の図」なども見られます。(「松桜の図」の桜を見て、智積院の久蔵の「桜図」を思い出しました。)

それにしても、宝物殿は寒い!!!冬のお寺は辛い。

                  

妙蓮寺は、お花でも有名です。この季節は、妙蓮寺椿と 御会式桜(おえしきざくら)が見られます。

入口のところにある妙蓮寺椿は、つぼみが沢山ついてるものの一つも咲いてなく、がっかりしてたら、お寺の方が、庭に咲いてると教えてくださいました。

庭の妙蓮寺椿
妙蓮寺椿

早咲きの椿の一種で、室町時代には既に知られていたようです。
当時の連歌師 宗祇の歌が残っています。
  余の花は みな末寺なり 妙蓮寺


妙蓮寺 御会式桜
御会式桜

10月13日の日蓮大聖人入滅の日前後から咲き始め、4月8日のお釈迦様の聖誕日ごろ満開となる桜です。
こちらは、ちらほら咲いてました。

夏には芙蓉が有名ですが、暑いときは暑いときで、これまたなかなか行けないものです…。

Home | Category : 京都の寺社・庭園・文化財    |  Trackback0
2012/12/10(Mon)

ラ・パティスリー・デ・レーヴ

ラ パティスリー デ レーヴ

ねねの道に、9月にオープンした ラ・パティスリー・デ・レーヴ (LA PÂTISSERIE DES REVÊS)
今、パリでとっても人気のあるパティスリーだそうで、日本最初のお店です。
見た通り、外観は京都っぽいのですが、一歩中に入ると、

パリ~~

ラ パティスリー デ レーヴ ディスプレイ1

ディスプレイがとっても素敵で、入るなりテンションがググッと上がってしまいました。
とりわけ、滑車で上げ下げする、この釣鐘型ケースのディスプレイにすっかり魅了されてしまったわ

ラ パティスリー デ レーヴ ディスプレイ4

お店の人が、開け閉めするのを見て、「もう一度やってみて~」とお願いすると、滑車のしくみなども説明して下さいまして、さらに実地体験も。
ケースの内側の縁部分から冷気が出てて、見た目が美しいだけでなく、ちゃんと機能的です。

ラ パティスリー デ レーヴ ディスプレイ サロンから
二階のサロンから見下ろすと、こんな感じ。綺麗でしょう?

パティスリー レーヴ パンのディスプレイ

お菓子を見る前から、こんなにも楽しい気分になってしまいましたが、もちろんケーキも美味しそう。
あれもこれも食べてみたいけど、初めてなので、パリでも人気のあるというものを選んで、二階のサロンの席が空くのを待ちました。

パティスリー レーヴ サロンで
サロンでは、ケーキ、焼き菓子、飲み物がセットで出てきます。

パティスリー レーヴ パリブレスト
友達がたのんだパリブレスト。中のプラリネの美味しいこと!

パティスリー レーヴ タルトタタン
私がたのんだタルトタタン。程よい酸味があり、すっきり美味しい!

丸いお菓子は、カリソン・フレ。9種類あり、色とりどりでかわいいし、これも美味しかった。

「美味しい」の連発で、全く表現力に欠けますが、フィリップ・コンティシーニさんのお菓子たち、パンも、どれも美味しそう。また、いろいろ食べてみたいです。(←少しばかり浮気してますが、金蔵さんへの愛は変わりませんよ!!!)

それから、お菓子のことではないけど、もう一つ。
パティスリー レーヴ 店員さん
お店の女の子たち、丸首の襟元に少しギャザーが入った後ろボタンの白い上っ張りに、ベレー帽(?)をかぶり、ピンクのポシェットをななめにかけてます。なんだかパリのイラストから抜け出たようでかわいい。忙しく働いている様子が、これまたかわいかったです。

ラ・パティスリー・デ・レーヴは、10月下旬に大阪阪急にもオープンしました。そちらはサロンはないそうですが。


ラ・パティスリー・デ・レーヴ LA PÂTISSERIE DES REVÊS
京都市東山区高台寺北門前通下河原東入ル鷲尾町518
 tel 075-533-7041

Home | Category : 京都のカフェ・お茶    |  Trackback0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。