•        









  • 検索フォーム

  • プロフィール

    きあら

    Author:きあら
    京都とイタリア、クラシック音楽(とりわけポリーニの音楽)をとっても愛してます。美味しいものにも目がありません。植物もいろいろ育ててます。どうぞよろしく。

  • FC2カウンター

  • メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

  • QRコード

    QRコード

--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告    |  Trackback
2010/04/28(Wed)

圓徳院

先日、高台寺の桜を見に行った時、圓徳院でちょうど三面大黒天の特別公開をしてたので、共通割引券を買って、ねね様ゆかりの圓徳院にも行ってきました。

10年ぶりの公開となった三面大黒天は、お顔が正面(大黒天)、左(弁財天)、右(毘沙門天)と三つあり、一度拝めば三体に拝んだことになるという、お得なありがたい神様です。
秀吉の出世守り本尊ですから、開運パワー強そうですね。
特別公開は5月5日までやっています。

三面大黒天を拝んだ後は、北書院へ。ここのお庭も綺麗です。
円徳院 庭園

こちらには、江戸時代の小間の茶室があります。
円徳院 茶室

以前来た時、お庭を見てると「お茶室がちょうどあいたのでいかがですか?」と声をかけていただいのですが、にじり口から入るようなお茶室...ちょっとお作法が...
その時は、ご遠慮したのですが、今回は、作法など気にせず、お気軽にどうぞ、とのことだったので、中も見てみたかったし、お茶室初体験することにしました。

写真がないのが残念ですね。
茶室は三畳台目、ほの暗い中で、ひょうたんの形の高台寺菓子、太閤きんつば千成とお薄をいただきました。
お軸や器の話をうかがったり、ちょっとしたお茶室気分を味わえて楽しかったです。

にじり口の入り方は大体わかりますが、そういやぁ、出方はどうだった?
こんな具合で、全ていい加減な私でしたが、こちらは、それでも大丈夫です。
点てだしのお抹茶とお菓子で500円、値段もお手頃です。
小間の茶室での本当のお茶会は畏れ多いですから、こんな風に気楽に体験できるのはいいですね。
スポンサーサイト
Home | Category : 京都の寺社・庭園・文化財    |  Trackback0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。