•        









  • 検索フォーム

  • プロフィール

    きあら

    Author:きあら
    京都とイタリア、クラシック音楽(とりわけポリーニの音楽)をとっても愛してます。美味しいものにも目がありません。植物もいろいろ育ててます。どうぞよろしく。

  • FC2カウンター

  • メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

  • QRコード

    QRコード

--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告    |  Trackback
2010/04/19(Mon)

末富 四月のお菓子など

末富のご主人、山口富蔵さんの『京・末富 菓子ごよみ』という本を図書館で借りて読み進むうちに、無性に食べたくなり、買いに行ってきました。
末富

末富さんのお菓子は、たいがい高島屋で買いますが、この日はお店の方へ。
末富店内1 末富店内2

末富店内3 末富生菓子四月
生菓子は、六つならんでいましたが、午後に伺ったので、二つは売り切れでした。
きんとんが食べたかったので、ちょっと残念でしたが、桜合わせ、麦手餅、草の花の三つを選びました。
末富 四月
どれも美味しかったですが、見た目とのギャップが大きかったのが麦手餅。
見かけは素朴で無骨でパッとしませんが(これは山口さんが本に書いておられた言葉)、これ美味しかったです。

生菓子の他にも、かわいい麩焼き煎餅、華ふうせんも買いました。
末富 華ふうせん
ふつうの麩焼き煎餅とちがうのは、この口どけ。
口に入れるとやさしくとけてしまいます。本当にお上品で、さすが末富さんですね。

この日は、ご主人の山口さんがおられ、ちょっとしたことから、「お茶でもどうぞ」ということに…、私も夫もびっくり。
少々緊張して、売り場の隣にある部屋で、生菓子(もちろん末富さんの)とお抹茶のおもてなしに預かりました。
そこで、更にびっくり仰天することが...
私があることを尋ねますと、山口さんから、亡くなった祖父の名が突然出たのです。
びっくりして、「それ、祖父です!」と申し上げると、今度は、山口さんの方が 「え~~~!え~っほんまに?」とびっくり仰天。
本当に驚かれ、たいそう懐かしがって下さいました。
山口さんの亡くなられたお父様、私の祖父、古き良き時代のことなど、いろいろ半時ほどお話して、おいとましました。
帰りには、お店の外まで、ずっと見送って下さり、大変恐縮してしまいました。末富さんの心の中には、祖父の後姿があったのかもしれません。

さて、冒頭に書きました、末富のご主人、山口富蔵さんの本『京・末富 菓子ごよみ』(淡交社)、この暦を参考に、季節の京菓子を楽しみたいと購入しました。
京・末富 菓子ごよみ
京菓子や京都の文化に興味のある方には、おすすめです。

 他の末富さんの記事
  ひちぎり 末富
  末富 一月のお菓子
  末富の着せ綿 重陽の節句

末富
京都市下京区松原通室町東入ル
  tel 075-351-0808
      高島屋京都店、大阪店、東京店、新宿店にも入ってます



スポンサーサイト
Home | Category : 京都の和菓子    |  Trackback0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。