•        









  • 検索フォーム

  • プロフィール

    きあら

    Author:きあら
    京都とイタリア、クラシック音楽(とりわけポリーニの音楽)をとっても愛してます。美味しいものにも目がありません。植物もいろいろ育ててます。どうぞよろしく。

  • FC2カウンター

  • メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

  • QRコード

    QRコード

--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告    |  Trackback
2009/11/24(Tue)

東福寺塔頭 霊雲院 と 芬陀院

この二つのお寺は余り紅葉とは関係ないのですが…。

霊雲院 上が「九山八海の庭」、下が「臥雲の庭」です。
東福寺塔頭で、重森三玲修復です。
臥雲の庭はちょっと変わってますよね。渓谷から流れる水が、山腹にかかる雲の下を流れ、雲は一瞬太陽に赤く輝く、ということらしいです。大雑把な説明ですみません。


霊雲院 九山八海の庭 霊雲院 臥雲の庭

ここは新緑や初夏の頃にもう一度きたいなぁと思いました。ごろんと昼寝できたらよいのに。リピします。

霊雲院

芬陀院
京都で最古の枯山水庭園の一つ、雪舟作庭です。
雪舟庭園   雪舟庭園 2

今まで、沢山の京都の美しいお庭をたずねましたが、美しいと感じた気持ちと、また来たいと思う気持ちは 必ずしも一致しているわけではないようです。
では、リピしたいと感じさせるものは何なのか?それは たぶんその庭の放つ空気感のようなものではないかなぁ。
そして、ここに座ってお庭を見るとしっくりくる、と感じる場所がみつけられるお庭。そしたら、そこに座って、そのお庭特有の空気に包まれているうちに、α波が出てきてとても幸せな気持ちになるんですよね。
だから、庭巡りはやめられない!!! 次回は光明院です。
スポンサーサイト
Home | Category : 京都の寺社・庭園・文化財    |  Trackback0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。