•        









  • 検索フォーム

  • プロフィール

    きあら

    Author:きあら
    京都とイタリア、クラシック音楽(とりわけポリーニの音楽)をとっても愛してます。美味しいものにも目がありません。植物もいろいろ育ててます。どうぞよろしく。

  • FC2カウンター

  • メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

  • QRコード

    QRコード

--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告    |  Trackback
2010/04/11(Sun)

高台寺の桜

4月8日の高台寺桜です。
既に葉がでてしまって残念でした。
高台寺桜
以前は二本あったのですが、お母さん桜のほうが亡くなられ、今は、40歳ぐらいの娘桜一本になってしまったそうです。

それより、驚いたのが、このお庭!
この市松模様はいつ出現したの?
高台寺 市松模様
尋ねてみました。
高台寺は、アーティスティックなライトアップを展開しているのですが、今年の春のテーマ「悠久=絆」にあわせ、方丈前の枯山水の庭を、こういったデザインに作りかえたそうです。
高台寺は、秀吉没後、その菩提をともなうためにねねが開創したお寺で、絆とは、秀吉とねねの絆です。

高台寺 絆
市松模様は京都の街の碁盤の目を、手前は白砂で二匹の龍を表しているそうです。
ライトアップされた夜の写真を見ると、LED照明がピンク、緑、青、オレンジと、かなり斬新です。

高台寺のライトアップはものすごい人で、大変人気のイベントです。
数年前に、一度見たことがあります。
その時も、もう少し地味ながら、やはり色のライトを使って演出されてました。
面白い試みだと思います。個人的には好みではないけど...。

この方丈庭園の外にひろがる高台寺の広い庭園は、小堀遠州によるもので、国の史跡・名勝に指定されています。
とても素晴らしい庭園ですが、撮った写真はどれももう一つでした。
高台寺臥龍廊
ちょうど、しゃくなげが綺麗に咲いてました。
スポンサーサイト
Home | Category : 花など 植物    |  Trackback0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。