•        









  • 検索フォーム

  • プロフィール

    きあら

    Author:きあら
    京都とイタリア、クラシック音楽(とりわけポリーニの音楽)をとっても愛してます。美味しいものにも目がありません。植物もいろいろ育ててます。どうぞよろしく。

  • FC2カウンター

  • メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

  • QRコード

    QRコード

--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告    |  Trackback
2010/03/18(Thu)

アートアクアリウム展 ~京都・金魚の舞~

アクアリスト第一人者の木村英智さんがプロデュースする「アートアクアリウム展 ~京都・金魚の舞~」を見てきました。
アートアクアリウム 入口

これは、金魚専門水族館を、思い切りアートさせた展覧会とでもいいましょうか。
暗闇に、「和」を感じさせる不思議な水槽、カラフルなライト、浮かび上がる本物の生きている金魚たち、広告を見た時から楽しみにしてました!
アートアクアリウム展

長い歳月をかけ、人工的につくられた様々な金魚たちは、それ自体が既に芸術、
巨大金魚鉢、万華鏡、屏風、行燈、壁掛けなどの不思議な水槽の中で、優雅に舞う金魚は、妖しく、美しく…。

チラシの写真をアップで撮ってみましたが、画像が悪いですね。
アートアクアリウム 壁掛け水槽 アートアクアリウム 万華鏡
「カレイドリウム」(写真右) 水槽のあちこちに覗き窓が付いていて、それが万華鏡になっています。
この万華鏡を覗いていると、金魚が通るたびに不思議な模様がうつし出され、変化していく様も面白いです。

アートアクラリウム 花魁 アートアクアリウム 屏風
「花魁」(写真左) 約1000匹もの金魚が泳ぐ巨大金魚鉢。
上からあたるライトが赤、黄、青など変わるたびに、違った様相が見られ、幻想的でした。

「屏風」(写真右) あらかじめ投影されている水墨画風の絵も刻々と変化します。
その上を、生きている金魚が動くのですが、その影も屏風に投影され、とても面白い作品でした。
鼓や笛の和風BGMが鳴っていました。

花魁を見ていた時、背後から東京弁が聞こえてきたので振り返ると、写真と全く同じお顔の方が!
昨日は初日だったので、木村さんもお見えだったようです。

とても素敵な展覧会でした。
数多くの品種が展示され、珍しい金魚も見ることができますよ。
大丸京都店6階、大丸ミュージアムKYOTOで 3月29日(月)まで。

スポンサーサイト
Home | Category : 美術展・伝統芸能・音楽会    |  Trackback0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。