•        









  • 検索フォーム

  • プロフィール

    きあら

    Author:きあら
    京都とイタリア、クラシック音楽(とりわけポリーニの音楽)をとっても愛してます。美味しいものにも目がありません。植物もいろいろ育ててます。どうぞよろしく。

  • FC2カウンター

  • メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

  • QRコード

    QRコード

--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告    |  Trackback
2010/03/03(Wed)

ひちぎり 末富

今日はひな祭り。
それらしいことは何もしてないのに、美味しい物だけは、しっかり数日前に予約して買い、さっさと食べてしまいました。
末富さんの、「ひな菓子セット」です。

ひちぎり 末富

手前の二つのお菓子、これが、京都のひな祭りのお菓子「ひちぎり」(引千切)です。
京都以外の地方では、ほとんど知られてないのでは…。
「ひっちぎり」、「あこや」などとも言われます。
もともと、宮中で、上巳の節句(じょうしのせっく)三月三日に飾って召し上がっていたお菓子だそうです。
(諸説あるようですが、末富のご主人、山口富蔵さんが、NHKの番組でこう語っておられました。)

お店によって、餅、餡の色もさまざまですし、餡玉がそのままのっていたり、きんとんをのせていたり、いろいろなものが作られてますが、形はみな同じ。
餅をひきちぎったような形をしています。

末富さんのひちぎりは二種、よもぎを練りこんだ生地に、白餡には白きんとん、小倉餡には桃色きんとんをのせています。
緑、白、桃色の色合いも、形も、とても愛らしいです。
お味は、さすが末富さんです、おいし~。
よもぎの味が驚くほどフレッシュ、爽やかな香りが口の中に広がり、ほろ苦さと上品な餡の甘さとふわふわきんとんが一緒になって、なんとも良いお味。
実は、私、草もちは余り好きではないのですが、このよもぎの香りは素晴らしいです。
若草の香りに、あぁ、もうじき春だなぁ~と、さわやかな気分になりました。
ちょっとばかしお高いですが、やっぱり、末富さんの生菓子は美味しいです。

末富
末富の今年の「ひな菓子セット」は、ひちぎり2つと、お雛さまの焼印が押されたじょうよ饅頭1つで、1502円。
おなじみの青い包みです。

他のお店でも、京都では、大体2月26,27,28日あたりから3月3日までの数日間、店頭に並んでいます。
一年に数日だけしか作られないお菓子、年に一度のお楽しみです。

 他の末富さんの記事
  末富 四月のお菓子とお店の写真
  末富 一月のお菓子
  末富の着せ綿 重陽の節句


末富
京都市下京区松原通室町東入ル
  tel 075-351-0808
      高島屋京都店、大阪店、東京店、新宿店にも入ってます
  

スポンサーサイト
Home | Category : 京都の和菓子    |  Trackback0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。