•        









  • 検索フォーム

  • プロフィール

    きあら

    Author:きあら
    京都とイタリア、クラシック音楽(とりわけポリーニの音楽)をとっても愛してます。美味しいものにも目がありません。植物もいろいろ育ててます。どうぞよろしく。

  • FC2カウンター

  • メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

  • QRコード

    QRコード

--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告    |  Trackback
2010/02/18(Thu)

イタリアンなできごと

東京では雪が降ったようですが、今日の京都は天気もよく、清水辺りをちょろちょろ散策してきました。

清水 三寧坂   kiyomizu.jpg
↑これは産寧坂

五条坂をのぼりながら、坂沿いのお店を見ていると、隣からイタリア語が聞こえてくるではありませんか!
京都は国際的な観光都市ですが、それでもイタリア語が聞こえることは滅多にありません。
驚いて「イタリアの方?」と尋ねると、「そう!イタリア語わかるの?」「ええ。」と応えるとお連れさん達もいらして、お店の中で盛り上がってしまいました。
イタリアのペスカーラという町から観光に来られた二組のご夫婦で、初めての日本旅行、東京へ行った後、京都にこられたそうです。
私はペスカーラには行ったことありませんが、近くの町は行ったことあるので、そんな話などするうちに、ますます盛り上がってしまい、イタリアへきたら是非我が家へ!と、早速住所を教えてくれようとしたのですが紙がない、
この騒ぎを見ていたお店の人が、親切にもメモ用紙を下さり、住所とメルアドを交換。
少しお喋りをしてると、晩御飯も一緒に食べよう!と急上昇の盛り上がりをみせましたが、まぁ、それは実現しませんでした。
最後に、皆で写真を撮り(結局、それもお店の人に撮ってもらったのですが。本当にご迷惑かけてすみません)メールを送ることを約束して、わかれました。

う~ん、最近長くイタリアへ行ってないので、このノリ、本当に懐かしいです。
言葉では上手く説明できませんが、イタリアの友人達と話す時も、いつもこんな感じになります。
「軽い」というのとも違って…独特な不思議な空気にすっぽり入り込んでしまう感じ。
そこは、妙におかしくて、つまらないことでも、何だかおかしくて。
懐かしい、面白い一時でした。

今日の散策については、また後日ご報告します。

スポンサーサイト
Home | Category : 京都散策 その他    |  Trackback0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。