•        









  • 検索フォーム

  • プロフィール

    きあら

    Author:きあら
    京都とイタリア、クラシック音楽(とりわけポリーニの音楽)をとっても愛してます。美味しいものにも目がありません。植物もいろいろ育ててます。どうぞよろしく。

  • FC2カウンター

  • メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

  • QRコード

    QRコード

--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告    |  Trackback
2010/02/16(Tue)

唐長 四条烏丸 KIRA KARACHO

四条烏丸に、「唐長 四条烏丸 KIRA KARACHO」がオープンして以来、私はすっかり唐長に魅せられてしまいました。
このお店は、京唐紙の老舗 「唐長」十一代目当主の長女、千田愛子さんがプロデュースする店で、2004年にオープンしました。

京都御所、桂離宮、二条城などの修復も手がける唐長さんですから、いくら美しくても、「では、我が家の襖も!」というわけにも行きません。
そんな一般庶民にも 唐長の本物の美しさを、身近に楽しめるようにしてくれたのが、この四条烏丸店です。
四条店には、唐長文様のカードなどが美しく並べられています。パネルも素敵です。

唐長 四条烏丸店

使ってしまったものもあり(ポリーニにも、手渡しましたよ~)、今、家にあるものはこれだけ。とりあえず集めて撮影してみました。
左の写真はポストカード4枚、右は二つ折りのカード(右端は封筒)です。
唐長 四条烏丸     karacho shijo karasuma

きら(雲母)、胡粉などが混ぜられているため、光が当たると反射します。
この鈍く光る様が、また美しいです。

「唐長に代々伝わる文様を、もっといろんな方に知っていただきたい」と、愛子さんは語っておられましたが、伝統的な唐長の文様を、異素材にうつしたストールや器なでもあります。

こうした新しい唐長の世界は、唐長 三条両替町 インテリアサロンで、更にひろがります。まるでギャラリーでした。
グランドピアノの蓋まで、唐長文様になっていたのには驚かされましたが…。

「唐長 四条烏丸」が入っているビル、「COCON KARASUMA 古今烏丸」は、戦前1938年に建てられた丸紅ビルを、建築家 隈研吾氏が、イノベーションしたものです。
目を引くファサードには、唐長の古典文様「天平大雲」が使われています。

cocon karasuma   cocon 天平大雲 

「COCON KARASUMA 古今烏丸」、まさにこの名の通り、
このビルも、また多くを語っています。


唐長 四条烏丸
京都市下京区烏丸通四条下ル
 COCON 烏丸1F
  tel 075-353-5885

唐長 三条両替町 インテリアサロン
京都市中京区両替町通三条上ル西側
 柿本町393 ハウスセゾン両替町ビル1F
  tel 075-254-3177

スポンサーサイト
Home | Category : 京都ショップ    |  Trackback0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。