•        









  • 検索フォーム

  • プロフィール

    きあら

    Author:きあら
    京都とイタリア、クラシック音楽(とりわけポリーニの音楽)をとっても愛してます。美味しいものにも目がありません。植物もいろいろ育ててます。どうぞよろしく。

  • FC2カウンター

  • メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

  • QRコード

    QRコード

--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告    |  Trackback
2013/06/07(Fri)

アーティチョーク できた!

アーティチョーク

我が家のアーティチョーク、大きなつぼみができました!
小さなポット苗を買ってきて植えつけたものが、今や巨大に。
葉っぱも豪快にわっさわさ、つぼみは9cm弱ぐらいかなぁ。
収穫は10cmを目安に、とあったから、もうそろそろ?
タイミングがよくわかりません。
毎日、少しづつつぼみが大きくなり、首も伸びるので、もう数日置いとくべきなのか、とってしまうべきなのか。
花が咲いてしまったらえらいこと!もう食べられない。

せっかく花を咲かせようと大きくなったこの子の首を切ってしまうのは、辛いけど…でも、食べたい。

先日、イタリア人の友達に会った時に聞いてみたら、カルチョーフィ(アーティチョーク)は、そのまま丸ごと茹でてしまえばいい!と言ってました。
前回、買ってきたアーティチョークで苦労した下処理は、茹でた後やれば簡単なようです。
この間はグリルにしたから、今回はこの方法でボイルで食べよ~!楽しみだわ~


後日談
食べました!美味しかったですよ~。
今回の調理法は、前回の下処理してグリルよりずっと簡単でした。
大きな鍋に塩少々とオリーブオイル少々を入れ、丸ごとボイル。
(レモン汁も入れると言ってたかも)
茹であがってからタテに切って、芯の上部についた毛のようなものをとるだけです。
この毛は生だと恐ろしく痛いけど、ボイルすれば簡単に取り除けます。
ガクの部分は、一枚ずつはがして、中身だけを歯でしごきとるようにして(どう表現したらよいのか)食べます。
最も美味しい芯の部分は、わずかしかないけど、ここは本当に美味しい!
下処理で、ガクを取り除いて芯だけ残すよう書いてあるものもありますが、前回のグリルも今回のボイルも、ガクはつけたまま調理しました。イタリアでも、ここはしごきとって食べたし、イタリア人の友人も、やはりそのように言ってました。身は少ないけど美味しいです。

スポンサーサイト
Home | Category : 花など 植物    |  Trackback0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。