•        









  • 検索フォーム

  • プロフィール

    きあら

    Author:きあら
    京都とイタリア、クラシック音楽(とりわけポリーニの音楽)をとっても愛してます。美味しいものにも目がありません。植物もいろいろ育ててます。どうぞよろしく。

  • FC2カウンター

  • メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

  • QRコード

    QRコード

--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告    |  Trackback
2012/08/19(Sun)

こんな暑いときに、どうしたん?といわれそうですが…

お盆の時に、父の家の炉をのぞいてみました。
祖母はお茶をする人でしたので、うちには炉が切ってありますが、祖母が亡くなって以来、全く使ってません。
長らく見たこともなかったけど、最近、お茶を始めたので、気になって開けてみました。

炉

灰がめちゃくちゃで飛び散ってるけど
父が炉縁もいくつか出してくれたので、蒔絵のものを置いてみました。
なかなか良い感じ。

お茶道具も沢山あるし、友人たちをよんで、カジュアルなお茶会でもしたら楽しそう
と思ったけど、私は初心者で、炭手前だって知らないのでした…残念。

お道具を見てると、祖母が亭主をしたお茶会の会記もいろいろ出てきました。
月釜などもやってたとは知らなかった…。
ちょうど先日、友人と月釜へ行く話がでて、でも、私のレベルではちょっとねぇ…などと言ってるところだったので、驚いた。

私も若い頃から、お茶やればよかったですね。(祖母は教える方はしてなかったけど)
でも、まぁ、昔は、世の中に対する反抗心とか、ちょっとしたトラウマとか、そんなものがあったんですね~。

この歳になったからこそ、お茶の奥深さや面白さに気づいたのかもしれません。
しかし、毎週、新しいことを老化してきた頭と体に覚えさせるのは、ほんと大変です。


スポンサーサイト
Home | Category : 未分類    |  Trackback0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。