•        









  • 検索フォーム

  • プロフィール

    きあら

    Author:きあら
    京都とイタリア、クラシック音楽(とりわけポリーニの音楽)をとっても愛してます。美味しいものにも目がありません。植物もいろいろ育ててます。どうぞよろしく。

  • FC2カウンター

  • メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

  • QRコード

    QRコード

--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告    |  Trackback
2012/04/05(Thu)

佳水園、葵殿庭園など

足の怪我をしてから一ヶ月たちましたが、まだ歩くのも大変だし、全くすっきりしません。
ず~っと家にこもってたけど、昨日はどうしてもはずせない用があり、久しぶりに外出、ウェスティン都に行きました。

それで、ここのホテルの佳水園や葵殿庭園のことを思い出しました。

足がこの状態の今は、お庭散策とは行きませんが、長くブログを更新してないので、おととし夏に見に行った時の写真を載せてみます。 



村野藤吾設計の佳水園
kasuien1.jpg
ここ、なんとホテルの7階です。
不思議な感じがしますよね。
ホテルに入ってエレベーターで7階にあがり、廊下を進み扉を開けると、ふつ~に地面がひろがってます。
ホテルが山際に建ってるので、7階から外に出ても地上、というわけなのですが。

有名な近代数寄屋造りは、泊り客しか入れないので、中は見られません。
kasuien2.jpg

でも、庭園はのぞくことができます。
kasuien3.jpg
佳水園庭園「植治の庭」
正面の巨大な自然岩盤を活用して作られた庭は、七代目小川治兵衛の長男 白楊の作庭。
琵琶湖疏水から水を引き入れています。

kasuien4.jpg
佳水園庭園「白砂の中庭」
昭和34年に、醍醐三宝院の庭を模して作られたもの。
左の緑は秀吉の馬印の徳利、右は杯、
白楊が作った庭から流れるせせらぎをお酒に見立てているそうです。
杯は、余り写ってないけど…。

kasuien5.jpg

kasuien6.jpg


また、ここから、七代目小川治兵衛の庭、葵殿庭園へも行けます。
kasuien7.jpg

kasuien8.jpg
雲井の滝

山に作庭にしてるので、サンダルでは歩きにくく、ちょっと大変だったけど、7階から歩いていくと、ホテルの5階に到着します。
葵殿庭園の出入口は5階にあるんですね。

なんだか不思議で面白い散歩でしたよ。
昨日も元気だったら、まわれたのになぁ。

とにかく、早くいつものようにうろうろしたいです。
同じ怪我を、同じ方法で治療したことのある知り合いによると、普通になるまで3ヶ月近くかかったとのこと。
お医者さんは、骨がつくまでやはり一ヶ月とおっしゃったそうですが、一ヶ月目は、まだ痛くて、「これ、本当に治る?」と思ったと言ってました。
まさに今、私がその状態ですねぇ。
今年の春は寒く、桜の開花も遅れると言われてたので、その頃には大丈夫かなぁと期待してたけど、とても無理でした。

ホテルから見えるインクラインの桜も、まだ全然。一帯ピンクになるには、もう少しかかりそうです。
(昨年のインクラインの桜はこちら


ウェスティン都ホテル京都
京都市東山区三条けあげ
TEL:075-771-7111
http://www.miyakohotels.ne.jp/westinkyoto/

スポンサーサイト
Home | Category : 京都の寺社・庭園・文化財    |  Trackback0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。