•        









  • 検索フォーム

  • プロフィール

    きあら

    Author:きあら
    京都とイタリア、クラシック音楽(とりわけポリーニの音楽)をとっても愛してます。美味しいものにも目がありません。植物もいろいろ育ててます。どうぞよろしく。

  • FC2カウンター

  • メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

  • QRコード

    QRコード

--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告    |  Trackback
2011/12/22(Thu)

南座 顔見世

2011南座 顔見世

南座の顔見世、今年は夜の部に行ってきました。
昼の部に行こうと思ってたのですが、狙ってたあたりの席が取れず、歌舞伎通の友人が、夜の部で良い席とってくれました!ありがとうございま~す!

演目は、石川五右衛門の「絶景かな、絶景かな」の『楼門五三桐』で華やかに始まり、『実盛物語』 『元禄忠臣蔵 仙石屋敷』 『喜撰』 『らくだ』の5つ。
かなり長時間の観劇ですが(4時15分から始まり、終わったのは9時50分でした)、それぞれ趣の違う演目なので、見やすく楽しめました。


今年は、大改修から20周年を迎え、緞帳が新しくなりました。
デザイン監修は上村淳之さん、制作は川島織物。
南座新緞帳
新緞帳「赤地草花連紋(あかじそうかれんもん)」

幕間のお弁当は、
美濃吉お弁当
高島屋で購入した美濃吉のお弁当です。

長いので、いつもどこかでちょこっと居眠りしてしまうのですが 顔見世の雰囲気、やっぱりいいです。


スポンサーサイト
Home | Category : 美術展・伝統芸能・音楽会    |  Trackback0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。