•        









  • 検索フォーム

  • プロフィール

    きあら

    Author:きあら
    京都とイタリア、クラシック音楽(とりわけポリーニの音楽)をとっても愛してます。美味しいものにも目がありません。植物もいろいろ育ててます。どうぞよろしく。

  • FC2カウンター

  • メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

  • QRコード

    QRコード

--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告    |  Trackback
2011/12/08(Thu)

老松で京菓子づくり

いつも食べるばかりの和菓子ですが、今回は作ってみましたよ~。
老松(おいまつ)の京菓子体験教室に行ってきました。

老松
老松北野店は、京都の五花街の一つ、上七軒にあります。

老松 店内
北野天満宮御用達の札がかかっています。

北野天満宮のもみじ苑でいただいたお菓子もこちらのお菓子。
ブログには、昨年の夏、夏柑糖をのせたことがありました。


さて、お店の奥、職人さんがお仕事されてる横を通り、さらに奥に進むと、こんな空間が。
老松 露地
ここから二階に上がり、手をよ~く洗って教室へ。
老松 お菓子教室

生徒は、私達二人。

最初に、京菓子についてお話があり、そのあと、まずは、先生が作り方を説明しながら、二種のお菓子を見本に作って下さいました。

老松お菓子教室 先生の木枯し 姫椿
木枯しと姫椿
この二種のお菓子を作りま~す。

老松お菓子教室1

老松お菓子教室2 材料
材料は、一番左が白餡、他はこなしです。ここまでは既に作って下さってます。

まずは姫椿から。
丸めた白いこなしに、指先で向こうが透ける程度の窪みを作り、ピンクのこなしを入れ、平たくのばします。
そこに丸めた白餡をのせて包み、塗らしたふきんで、てるてる坊主のようにして軽くねじり、真中を少しずらした位置に棒(なんていう道具だったか?)でへこみを作ります。
そのへこみに黄色のこなしをいれ、棒をさして一回転。
これで出来上り!

次に木枯し。
茶色のこなしを滴型にして、それを平たくします。
真中あたりに白いこなしをつけなじませ、平たく形を整えます。
棒で葉脈、葉の縁のぎざぎざを入れて、俵型にした白餡を包んで、できあがり。

と書けば簡単そうですが、初めてだし、もともと几帳面とちがうので、できあがりは、う~ん、いびつ!
最初の餡やこなしの分割がいい加減すぎたのか、大きさもそろってなくて、ぶさいく。
形を整えたい気持ちは山々ですが、こなしはすぐ乾燥するので、もういじらない方が良い、と言われまして
どーぞ、ご遠慮なく笑って下さいませ~
老松 京菓子教室 4つ箱

全部で5つ作りました。
(内3つは、自分のオリジナルを作りたかったら作ってよい、アンパンマンを作った人もいた、とおっしゃってましたが)
最後に、お茶を点てて下さるので、作ったお菓子を一つ、お茶と一緒に食べました。

老松お菓子教室 抹茶と姫椿

いびつではありますが、作りたてのお菓子は、やはり美味しかった!

楽しかったし、美味しかったです。でも…12月のお菓子は、ちょっと色が地味ですね…梅や桜の季節にすれば良かったかな~。


       

帰りに、お店の方で、御所車を買いました。
老松 御所車1
丹波大納言のつぶ餡を白雪糕で包んだ押紋菓子だそうです。
老松 御所車
あっさりした甘さも上品で美味しかったです。


今年は、なんだかいろいろな体験教室に行きましたね~。
いずれもデキはともかく、楽しい体験でした。

老松 北野店
京都市上京区北野上七軒 
  tel 075-463-3050 
http://www.oimatu.co.jp/index.html

スポンサーサイト
Home | Category : 京都の和菓子    |  Trackback0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。