•        









  • 検索フォーム

  • プロフィール

    きあら

    Author:きあら
    京都とイタリア、クラシック音楽(とりわけポリーニの音楽)をとっても愛してます。美味しいものにも目がありません。植物もいろいろ育ててます。どうぞよろしく。

  • FC2カウンター

  • メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

  • QRコード

    QRコード

--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告    |  Trackback
2011/11/26(Sat)

秋の光雲寺

昨日、特別公開されている光雲寺に行ってきました。
哲学の道、永観堂などの近くですが、少し入っただけで人も少なく、静かで良い雰囲気でした。

光雲寺
光雲寺は、南禅寺の境外塔頭で、「江(ごう)」の娘・東福門院和子(後水尾天皇の中宮)の菩提寺です。

光雲寺2

光雲寺 鐘

光雲寺庭
東山を借景にとりいれ、琵琶湖疏水から水をひいて作られた美しい庭があります。
とくれば、小川治兵衛の庭?となりますが、この庭を最初に作ったのは、開山英中禅師と木下長嘯子(ちょうしょうし)で、昭和2年に、七代目小川治兵衛(植治)が、大幅に手を加え作り直しました。
昨年、新たな修復もされたようです。

光雲寺 庭1

光雲寺 庭2

光雲寺庭2

光雲寺庭東山

色づいたお庭は美しく、お天気も良いし、静か。
私は、ほんと東山好きですね~。


光雲寺 瑪瑙の手水鉢
この手水鉢、普通の石に見えますが、瑪瑙です。
加藤清正が朝鮮より持ち帰り、徳川家にわたり、東福門院がこの寺に寄進されたものです。

この特別公開では、長年秘仏だった伝運慶作の聖観音像などの寺宝も見られます。
光雲寺の特別公開は、12月4日(日)まで。


おまけ
泉屋博古館前あたりの紅葉
光雲寺へ行く途中、泉屋博古館あたりの紅葉が青空に映えて綺麗でした。


スポンサーサイト
Home | Category : 京都の寺社・庭園・文化財    |  Trackback0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。