•        









  • 検索フォーム

  • プロフィール

    きあら

    Author:きあら
    京都とイタリア、クラシック音楽(とりわけポリーニの音楽)をとっても愛してます。美味しいものにも目がありません。植物もいろいろ育ててます。どうぞよろしく。

  • FC2カウンター

  • メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

  • QRコード

    QRコード

--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告    |  Trackback
2011/11/23(Wed)

大極殿六角店 栖園 11月の琥珀流し

大極殿六角店 栖園
大極殿本舗六角店・甘味処 栖園(せいえん)

祇園祭のとき、占出山(うらでやま)の吉兆あゆを載せたことがありましたよね。
あのお菓子を作っておられる大極殿本舗(本店は大丸の近くにあります)の六角店です。

六角店には、甘味処 栖園が併設されてていて、琥珀流しが有名です。
簡単に言うと、寒天スイーツなんですが、ちょっと他にないおいしさ!
京都の人ばかりでなく、多くのファンがおられるのでは?
お味は月がわり。
柿の琥珀流しが食べたかったので、11月を待って行きました。
といっても、今月はどーも忙しくて、ようやく行けたのですが。

大極殿六各店 お菓子売り場
六角店の菓子売り場

大極殿六角店栖園 庭

大極殿栖園 琥珀流し柿
11月の琥珀流しは柿。

大極殿六角店 琥珀流し11月 柿

おいし~!

柔らかな寒天、富有柿(まん中の大きい柿)と江戸柿(濃い色の蜜と一緒になってる柿。この柿はたぶん江戸柿いうんやと思います、と女将さんがおっしゃってました)に、蜜がかかっています。
この蜜がさっぱりしてるので、柿の美味しさがひきたちます。江戸柿が干し柿のように柔らかく、富有柿との食感や甘みの違いも楽しめます。
みつ豆やあんみつなどは嫌いな私ですが、ここの琥珀流しは全く別物、すっごく美味しいです!

柿の琥珀流しは11月いっぱいなので、残念ながら、もうじき終わりですね。
12月は黒豆、これで、琥珀流しはしばらくお休みです。寒い時期はありません。
1月、2月、3月途中までお休みして、3月、4月の桜蜜で再開です。
冬場は琥珀流しはありませんが、栖園はもちろん営業されてます。
ぜんざいなどあったかメニューも良いですね。


大極殿本舗六角店 栖園(せいえん)
京都市中京区六角通高倉東入ル南側
 tel 075-221-3311


スポンサーサイト
Home | Category : 京都の和菓子    |  Trackback0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。