•        









  • 検索フォーム

  • プロフィール

    きあら

    Author:きあら
    京都とイタリア、クラシック音楽(とりわけポリーニの音楽)をとっても愛してます。美味しいものにも目がありません。植物もいろいろ育ててます。どうぞよろしく。

  • FC2カウンター

  • メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

  • QRコード

    QRコード

--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告    |  Trackback
2011/10/31(Mon)

山ばな 平八茶屋

山ばな 平八茶屋で、名物の麦飯とろろ汁をいただきました。

平八茶屋
若狭街道(鯖街道)の街道茶屋として始まった平八茶屋。
現在は、主人の名が確認できる天正年間を創業時期とされてますが、起源はなんと平安初期。
江戸時代の旅行ガイドブック『拾遺都名所図会』にも、“麦飯茶屋”として名前が記され、壬生狂言、夏目漱石の『虞美人草』や『門』、徳富蘆花の『思い出の記』などにも登場します。
また、幕末には岩倉具視など勤王志士の会合の場にもなりました。

歴史ありますね~。

平八茶屋 門

門のところで出迎えていただいて入ります。

平八茶屋庭

平八茶屋 建物

懐石もありますが、お手頃な麦飯とろろ膳にしたので、二階の広間に。

平八茶屋 二階廊下川沿い

平八茶屋 二階広間

静かで街道の騒々しさがうそのようです。すぐそばを流れる川の水音も心地よく、広間といっても、落ち着けるお部屋です。風情あります。

平八茶屋 高野川
すぐ下を流れる高野川。水が清らかで、川底の石もはっきり見えます。
夏の暑い日も、寒い雪の日も良さげですね。

麦飯とろろ膳。古くから都に出入りする旅人が食したという「麦飯とろろ汁」のお膳です。
平八茶屋 麦飯とろろ膳

とろろは、丹波産つくね芋をすりおろし、鰹節と昆布の一番出汁でのばしてるそうです。
とろろ膳 とろろ汁
綺麗な白ですね~。なめらかで、だしがほどよくきいて、素朴な美味しさにご飯がすすみます。おかわりもできますが、先にとろろがなくなったので、やめときました。

とろろ膳上の段

とろろ膳下の段

平八茶屋 水物
おかずもいろいろあって美味しくいただきました。


平八茶屋 むぎとろ饅頭
売店で売られてるむぎとろ饅頭。薯蕷饅頭です。お芋がらみですね。
つくね芋で作られた皮の中は粒餡、てっぺんに焼麦がのってます。
皮もやはり美味しい。

最後に、かま風呂を見学させていただきました。
平八茶屋 かま風呂小屋

八瀬のかま風呂は有名です。
壬申の乱で、大海人皇子が傷を負い、八瀬の里に逃げ隠れた際に、村人が土のむろを造り温めて治療したと伝えられています。

平八茶屋 かま風呂

誰もおられなかったので、中も拝見。
平八茶屋 かま風呂中
和風サウナですね。気持ち良さそう。
陶器の枕をして静かに横たわり、ゆっくり汗をかいた後は、隣の普通のお風呂で汗を流す、という具合らしい。

宿泊客でなくても、私達のようなランチでも利用できるそうです。(一人1,050円)
次回は、かま風呂に入って、湯上りに懐石でもいただけたらいいですね。
贅沢やな~!


山ばな 平八茶屋
京都府京都市左京区山端川岸町8-1
 tel 075-781-5008
http://www.heihachi.co.jp

スポンサーサイト
Home | Category : 京都の和食    |  Trackback0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。