•        









  • 検索フォーム

  • プロフィール

    きあら

    Author:きあら
    京都とイタリア、クラシック音楽(とりわけポリーニの音楽)をとっても愛してます。美味しいものにも目がありません。植物もいろいろ育ててます。どうぞよろしく。

  • FC2カウンター

  • メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

  • QRコード

    QRコード

--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告    |  Trackback
2011/09/29(Thu)

鍵善良房 くずきり

「お茶しよ~」と訪れた懐かしのカフェは、残念ながら禁煙席満席だったので、
私 「どこ行く?この辺なら○○?」
友達 「う~ん、和でもええなぁ。くずきりは?」
おぉ、妙案!!! ということで、鍵善へ。

実は、最後に鍵善へ行ったのは、なんと高校生の頃。
くずきりというものが、余り好きではなかったのよね…。
でも、あれから、うん十年、大人になって味覚も変わったでしょう。
今一度食べてみたいと思ってました。

鍵善
鍵善良房(かぎぜんよしふさ)の創業は、江戸時代中期の享保年間。

暖簾をくぐると、売り場があり、奥が茶房です。
鍵善 菓子型

鍵善 店内売り場

鍵善 店内売り場2
売り場は、お菓子の木型や古い箪笥などが並んでいます。

茶房は、モダンで落ち着いた内装。好きな雰囲気。右手にもう一部屋続いてます。
鍵善 店内
庭に蔵も見えます。

茶房は込んでました。(売り場も込んでたけど)
店内に列ができてたので、↓こういうものを眺めながら、しばし並んで入りました。
鍵善 葛の根
これが、吉野山中で自生していた葛の根。
採れる葛粉は、根の重さの一割だそうです。

メニューは、生菓子にお薄、わらびもちなどもありますが、もちろん、くずきり!黒蜜と白蜜がありますが、定番の黒蜜で。

まずお干菓子。
鍵善 菊寿糖
反射して何の写真かわかりませんねぇ。菊の形してるんですけど…。
鍵善の有名な干菓子、和三盆製の菊寿糖です。美味しいです。

そして、くづきり。
鍵善くずきり器
器は螺鈿、輪島塗です。
これも、変な色に写ってしまいましたが、実際はもっと落ち着いた緑です。
(相席だったので、写真撮るのも気が引けて。パッと撮ったら、菊寿糖も葛きりもこんな具合に

開けるとこんな風になってます。
見た目も涼しそう。
鍵善くずきり
早速、つるつる~。

      

さて、鍵善のくずきり、大人になった私には、どうだったでしょうか?

美味しかった!
この葛は、やはり上質です。違います。
口当たりがたまりません。ひんやり、つるり。腰があって、食感ものどごしも格別です。
あっさりしたくずきりと、濃い味の黒蜜の相性も良い。
これは、暑い時にいいですね~。
文人墨客に愛された鍵善のくずきり、私も遅ればせながら美味しく食べられるようになりました!


鍵善良房 本店
京都市東山区祇園町北側264
  tel 075-561-1818


スポンサーサイト
Home | Category : 京都の和菓子    |  Trackback0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。