•        









  • 検索フォーム

  • プロフィール

    きあら

    Author:きあら
    京都とイタリア、クラシック音楽(とりわけポリーニの音楽)をとっても愛してます。美味しいものにも目がありません。植物もいろいろ育ててます。どうぞよろしく。

  • FC2カウンター

  • メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

  • QRコード

    QRコード

--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告    |  Trackback
2011/08/23(Tue)

南禅寺 大寧軒

南禅寺界隈は、琵琶湖疏水から水を引いた美しい庭園が沢山ありますが、ほとんどが非公開。(5月に訪れた流響院もその一つです。)
そんな庭を見るには「特別公開」や「一般公開」を利用するしかありません。

今夏は、『京の夏の旅』で、ちょうど南禅寺 大寧軒(だいねいけん)が特別公開されてるので行ってきました。

大寧軒 門
大寧軒(金地院の隣にあります)
今年の夏は門が開いていますよ~。470坪の美しい庭園が見られます。

大寧軒 庭

明治末期に、茶人「薮内流」家元、薮内紹智(やぶのうちじょうち)により作られた池泉回遊式庭園です。
廃仏毀釈により廃寺となった南禅寺の塔頭 大寧院跡に作られました。
現在は寺院ではありませんが、南禅寺が管理しています。

茶人が作った庭らしく、路地風の庭園になっています。

大寧軒 茶室
左奥に見えるのが茶室「環翠庵」

大寧軒 待合
右に待合

大寧軒 枯山水風

大寧軒 庭鳥居など
多くの石灯篭(9つ?)、蹲踞(6つ?)がありました。

大寧軒 滝
水は琵琶湖疏水から引き込んでいます。

大寧軒 池と三柱鳥居 6611
せせらぎに見える石造りの鳥居は、普通の明神鳥居を三基組み合わせた「三柱鳥居」。太秦の「蚕の社」の鳥居を模したと言われています。

大寧軒 三柱鳥居
珍しい形ですね。


雨の日の庭園も良いものですね~。
そういえば、昔、桂離宮へ行ったのも雨上がりでした。
涼しい日だったのも良かったです。
緑がみずみずしく、苔もしっとり。
花は、白い桔梗がいくつか咲いてましたが、もう少し早い時期なら、睡蓮、半夏生なども見られたようです。

大寧軒の公開は9月30日まで。


スポンサーサイト
Home | Category : 京都の寺社・庭園・文化財    |  Trackback0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。