•        









  • 検索フォーム

  • プロフィール

    きあら

    Author:きあら
    京都とイタリア、クラシック音楽(とりわけポリーニの音楽)をとっても愛してます。美味しいものにも目がありません。植物もいろいろ育ててます。どうぞよろしく。

  • FC2カウンター

  • メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

  • QRコード

    QRコード

--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告    |  Trackback
2011/07/27(Wed)

廬山寺の桔梗

廬山寺の桔梗がちょうど見頃です。
府立医大病院へ行ったので、長い待ち時間を利用して、見てきました。

ろざんじ
今年、節分にも訪れた廬山寺
(節分のときの写真などはこちら

ろざんじ 桔梗2
“平安朝の庭園の「感」を表現した”という源氏庭。
源氏物語に出てくる朝顔は、今の桔梗のことだそうで、紫式部にちなんで紫の桔梗が植えられています。
 (白の桔梗も数本発見

ろざんじ桔梗後姿
少し残念なのは、花は太陽の方を向いて咲くので、ほとんどが後ろ姿なんです。
こちらを向いてる花も、いくつかはありますけど。
でも、後姿もかわいい。

ろざんじ桔梗こちら向き


苔の形もかわいいですよね。源氏雲のよう。白砂によく映えます。
ろざんじ 桔梗3

ろざんじ 桔梗6

ろざんじ 桔梗1

ろざんじ 桔梗 5

ろざんじ 桔梗4

実物は、写真よりはるかにかわいいですけどね…かなり違います。



紫式部顕彰碑
紫式部顕彰碑。「紫式部邸宅址」と書かれています。
紫式部は、ここで、結婚生活を送り、子育てをし、源氏物語を執筆しました。
まさにこの場で!と思うと不思議な感じがします。


桔梗は、天得院などが有名ですが、かわいさでは廬山寺!
いつも人が少ないというのもいい。
桔梗の季節、毎年とはいきませんが、隔年ぐらいで訪れてるかなぁ。
お気に入りの庭です。

ろざんじ2
この日も、先客がお一人、後でもう一人来られましたが、間は一人でした。
写真のまん中の座布団に座って、一人ゆっくり眺めます。
友達と一緒の時は、ここに座って、お喋りするのもほんとうに気持ちよいです。
(迷惑にならない程度に!と気をつけつつ

ついついゆっくりしすぎて、病院へ戻ると、もう呼ばれた後でした



スポンサーサイト
Home | Category : 京都の寺社・庭園・文化財    |  Trackback0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。