•        









  • 検索フォーム

  • プロフィール

    きあら

    Author:きあら
    京都とイタリア、クラシック音楽(とりわけポリーニの音楽)をとっても愛してます。美味しいものにも目がありません。植物もいろいろ育ててます。どうぞよろしく。

  • FC2カウンター

  • メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

  • QRコード

    QRコード

--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告    |  Trackback
2011/05/11(Wed)

金沢の銘菓 森八の長生殿

金沢の話題が続きますが、もう一つ。お菓子の話。

観光スポット、ひがし茶屋街を歩いてると、ちょっと気になるお菓子屋さんが。
店頭に、1625年創業、加賀藩御用菓子司と書かれています。
きっと地元で有名なお菓子屋さんだと思い入ってみました。

森八茶寮
文政の菓子司 森八茶寮
↑これが、ここ、ひがし茶屋街の森八の店名のよう

中は、手前が店舗、奥がお茶とお菓子がいただける茶寮になっています。
お店の方に、いくつかのお菓子の説明を聞きましたが、こちらで最も有名なお菓子といえば長生殿!!!とのこと。

森八 店内

和三盆を使った紅白の落雁。墨のよう。
きりっとした形も、長生殿と書かれた字もいい。
大きさは(箱ではなくお菓子そのものの大きさ)、大小あり、見た目は大きい方が美しかったけど、ホテルで食べるおやつなので小の6本入りを買いました。

長生殿 小6本

ホテルのティーバッグ緑茶でいただきました。
しっかりした形なので、始め、こきん!それからじんわり、しゅわ~と和三盆の味が広がります。
三百年前に食べた方、美味しかったでしょうね、特別な人だけが食べられる極上のお菓子だったのがわかります。

そして、お菓子のしおりを読んで、驚き!
この『長生殿』という字、小堀遠州の筆だそうです。

京都で、小堀遠州の有名な庭園や茶室(南禅寺塔頭 金地院の八窓席は創意工夫に溢れてて面白かった!)などを見まして、この人にはとってもを興味持っていたので、金沢で、こんなふうに突然出会って、びっくりしてしまいました。

家に戻ってから、残ってた長生殿でもう一度パチリ。
ちょっとぶれたけど、字が良く見えるでしょ。
長生殿 紅白

長生殿は、日本三名菓の一つだそうです。
同じく三大名菓とされる風流堂の「山川」は、去年のGW、松江に行った時に食べましたが、写真は撮らなかったようでありませんでした。撮っておけば良かったなぁ、残念。
まぁ、三名菓に何が入るかは、諸説あるようですが…。
日本人は、「三大何とか」、好きですね。


森八
http://www.morihachi.co.jp/index.html


スポンサーサイト
Home | Category : 未分類    |  Trackback0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。