•        









  • 検索フォーム

  • プロフィール

    きあら

    Author:きあら
    京都とイタリア、クラシック音楽(とりわけポリーニの音楽)をとっても愛してます。美味しいものにも目がありません。植物もいろいろ育ててます。どうぞよろしく。

  • FC2カウンター

  • メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

  • QRコード

    QRコード

--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告    |  Trackback
2011/05/06(Fri)

ラ・フォル・ジュルネ金沢「熱狂の日」音楽祭2011

毎年GWはどこか旅に出かけてましたが、今年は震災のこともあり、ぎりぎりになって、近場の温泉でも行くか~ということになりまして。
一泊というのもさびしいので、足を伸ばして、金沢まで行ってきました。
金沢駅
↑JR金沢駅前

金沢21世紀美術館に一度行ってみたかったんです。
金沢は、たぶん2度行ったことがありますが、その頃、この美術館はなかったので。

それから、どうせ、金沢に行くなら、もう一つ!
オーケストラ・アンサンブル金沢が聴きたい。
事前に公演予定を調べたら…
ひぇ~!!!金沢のクラシック音楽、すごいことになってました。

GW中に、クラシック音楽の大祭典、ラ・フォル・ジュルネ金沢「熱狂の日」音楽祭2011というイベントが開かれていました。
僅か数日に、100以上ものクラシック コンサートがあるんですよ!

その中に、もちろん、アンサンブル金沢もあったので、やったぁ!と思いましたが、その時点では、この音楽祭にも、他のコンサートにも特別な興味ありませんでした。
しかし!
行ってみると、すっかり関心して、楽しんでしまいました。

ラフォルジュルネ金沢2011

さて、このラ・フォル・ジュルネ、一体どういうものかというと
フランスのナントという町で誕生したクラシック音楽祭で、2005年に東京に上陸、その後、2008年に金沢、2010年に新潟、びわ湖と拡がりました。

普通のクラシック音楽祭とちょっと違うのは、
1公演が45分ぐらいの短さで、低料金。
いくつかの会場で併行して開かれるコンサートと、町のあちこちで開かれる無料コンサートを合わせると、ものすごい公演数に。
だから、歩いてると音楽に出くわし、結果、ハシゴしてしまう。
まさに名前の通り、情熱的でクレージーな町をあげての音楽のお祭りです。

金沢では、上陸以来毎年開かれ、今年で四回目だそうです。
今年のテーマはシューベルト。

石川県立音楽堂あたり
いたる所に、このポスターとチラシが後ろに見えるのが石川県立音楽堂。

主に、4つの会場で朝から晩まで開かれるコンサートの他、例えば、JR金沢駅周辺では、音楽堂前、駅、地下、ホテルのロビーなどで無料コンサートもたくさん催され、いつもどこかで何かやってる、といった感じ。
震災のチャリティコンサート、池辺晋一郎さん、三枝成影さん、青島広志さんなど、TVでもお馴染みの方のトーク付きコンサート、キッズプログラムなど、クラシックファンも、普段クラシックなんて聴かない人も、老若男女楽しめるつくりになってるんです。

ブラス
音楽堂前で開かれていた無料のコンサート。すごい盛り上がりでした。

とにかくパワーを感じました。
どこも多くの人が集まってて、楽しげでノリノリ。←半端じゃなくのってました。
東京以外の町で、クラシックで、これほどの人を集めることができるとは驚きました。

福島の原発事故で、来日公演をキャンセルした音楽家も多かった中、この音楽祭には海外からも多くの音楽家の方々が参加されてました。ありがたいことです。

そうそう、オーケストラ・アンサンブル金沢、評判通り魅力的なオケでした。
ビロードのような、熟成したワインのような、深みのある柔らかな弦の響き、ヨーロッパのオケのようでした。県立音楽堂コンサートホールの音響も良かったです。


21世紀美術館でも、すっごく楽しみましたが、長くなったので次回にします。


スポンサーサイト
Home | Category : 美術展・伝統芸能・音楽会    |  Trackback0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。