•        









  • 検索フォーム

  • プロフィール

    きあら

    Author:きあら
    京都とイタリア、クラシック音楽(とりわけポリーニの音楽)をとっても愛してます。美味しいものにも目がありません。植物もいろいろ育ててます。どうぞよろしく。

  • FC2カウンター

  • メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

  • QRコード

    QRコード

--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告    |  Trackback
2011/04/19(Tue)

亀屋伊織の干菓子

亀屋伊織
干菓子を作っておられる亀屋伊織さん、創業は400年ほど前。

伊織 干菓子

祖父母の家がすぐそばなので、子供の頃から、何度となく前を通ってますが、今まで一度も、暖簾の向こうを見たことがない!
たまたま扉が開いて、中を垣間見た、なんてこともない!
暖簾は出てるけど、扉はいつもしっかり閉まっている。

TVでは、何回かお店の中を見ました。
店内にお菓子は並んでません。
大きな古い桐の菓子箪笥の中にしまわれています。

予約でしか買えません。
しかも、進物用ではなくお茶会用のお菓子の店なので、縁もなく…。
ただの菓子好きが、ふら~と立ち寄り買う店ではないんですよね…。
というわけで、長年、ずっと気になるものの、入れずにいたお店でした。

ところが、ひょんなことから、ほんと、すっごくひょんなことから、突然注文することになりまして、昨日、お菓子を取りに、初めて暖簾をくぐりましたぁ~!

三種でお願いしたお菓子は(三種という以外何も言ってません)、こちら↓

伊織 せんべい 押物 有平糖
春霞、蝶、水

伊織さんの有平糖、食べてみたかった!
美しいですね~。

薄茶といただきました。おいしい。
有平糖、せんべい、押物、お味だけでなく、食感も全て上品。
食べてみて、お茶会のためのお菓子だというのも、よくわかりました。

きっかけを作ってくれた姪っ子に感謝!


※これから10日ほど後、再び亀屋伊織さんのお菓子をいただきました。その時の写真などはこちら


亀屋伊織
京都市中京区二条通新町東入ル
 tel 075-231-6473


スポンサーサイト
Home | Category : 京都の和菓子    |  Trackback0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。