•        









  • 検索フォーム

  • プロフィール

    きあら

    Author:きあら
    京都とイタリア、クラシック音楽(とりわけポリーニの音楽)をとっても愛してます。美味しいものにも目がありません。植物もいろいろ育ててます。どうぞよろしく。

  • FC2カウンター

  • メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

  • QRコード

    QRコード

--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告    |  Trackback
2010/12/08(Wed)

千本釈迦堂の大根だき

千本釈迦堂では、釈迦が悟りを開いたことを祝う法要(成道会 じょうどうえ)にちなんで、毎年12月7,8日に大根だきが行われます。
よくニュースで見かけますよね。

千本釈迦堂

鎌倉時代に、住職が大根の切り口に梵字を書いて諸病退散を祈ったのが始まりとされています。
中風封じ、無病息災のご利益があります。

昨日は、友達と行ったのですが、やはり来られてる方々の平均年齢が高い。
そう若くもない私達でも、かなり若かったかも。

大根だき鍋
大根は加持祈祷された後、大鍋で炊かれ、参拝者に振舞われます。

千本釈迦堂 大根だきG
大きな大根が3つと甘く炊いたお揚げさん。(1000円です)
結構ボリュームがあります。
無病息災を祈り、美味しくいただきました。

大根  生大根
梵字が書かれた生大根は、ご祈祷していただいて、自宅で炊くんですね。

大根炊きの授与は、容器を持参すれば、持ち帰りもできるようです。
容器も売られていました。
本当に具合の悪い人は、お参りできないですよね…。


境内を少し見ますと、
本堂 本堂屋根
千本釈迦堂の本堂は、京都市街地に残る最古の木造建築で、国宝です。
屋根も美しい建物でしたが、大根だきのテントなどが並んでいて、上手く写せませんでした。

おかめ塚
おかめ塚。
このお堂を建てる際、総棟梁をつとめたご主人を助けた奥さんのおかめ(阿亀)さん、悲しい伝説があります。

境内にあるおかめ桜(しだれ桜)の木も立派でした。
春、満開の頃はさぞや美しいことでしょう。


さて、今日8日が、お釈迦さんが悟りを開いた日ですね。
昨日は、大根だきも授与していただきましたし、無病息災、ほ~んと心から願います!
スポンサーサイト
Home | Category : 京都の寺社・庭園・文化財    |  Trackback0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。