•        









  • 検索フォーム

  • プロフィール

    きあら

    Author:きあら
    京都とイタリア、クラシック音楽(とりわけポリーニの音楽)をとっても愛してます。美味しいものにも目がありません。植物もいろいろ育ててます。どうぞよろしく。

  • FC2カウンター

  • メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

  • QRコード

    QRコード

--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告    |  Trackback
2009/12/11(Fri)

菊乃井

先週、小雨がぱらつく中、京料理の老舗 菊乃井に行ってきました。

菊乃井
まだ紅葉の残る美しい玄関、あたたかな出迎え、日常とは別の世界に足を踏み入れた感があります。

菊乃井部屋 菊乃井9
 
菊乃井茶室庭

通された部屋は、小さな庭を持つ凛とした美しい茶室でした。簡素な庭は 小雨にぬれたちりもみじに赤く彩られ お店の方がおっしゃったように まさに雨の似合うお部屋。

お料理の写真です。上手に撮れなくてごめんなさい。
菊乃井1 菊乃井2 

菊乃井2’ 菊乃井3

菊乃井3’ 菊乃井5

菊乃井6 菊乃井8
菊乃井4

お料理は、テーブルではなく、茶室らしく脚付き膳で出されました。どのお料理も美しい器に美しく盛られ、とてもおいしくいただきました。また、おのおののお料理、器に纏わるお話も大変興味深く伺ったのですが、ここに紹介できるほどはっきり覚えていられず…残念です。

さてお酒ですが、友人は飲まなかったにもかかわらず、酒好きの私は一人飲ませていただきました。尋ねると 玉乃光、八海山、鄙願(ひがん)があるとのこと、前者二つは自宅でもよく飲むので、全然知らないながら鄙願にしてみました。これがとても美味しいお酒だったので帰宅してから調べると、手に入りにくいお酒だったようです。飲めて良かったです。

主婦のランチとしてお値段高めではありますが、お料理や感じよいおもてなしだけではなく、この美しい空間と時間が全て自分達だけのものになるという贅沢は、何処ででも得られるものではないでしょう。
菊乃井本店でのお昼の懐石、おすすめです。ちなみに、お弁当の場合は個室ではないそうです。
いつか機会があれば、違う季節に訪れることができたらよいな、と思います。その際はまた別のお部屋で。

歴史ある京都の奥深さ、美しさを堪能した一日でした。

菊乃井 本店
京都市東山区下河原通八坂鳥居前下る下河原町459
 TEL. 075-561-0015
 

スポンサーサイト
Home | Category : 京都の和食    |  Trackback0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。