•        









  • 検索フォーム

  • プロフィール

    きあら

    Author:きあら
    京都とイタリア、クラシック音楽(とりわけポリーニの音楽)をとっても愛してます。美味しいものにも目がありません。植物もいろいろ育ててます。どうぞよろしく。

  • FC2カウンター

  • メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

  • QRコード

    QRコード

--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告    |  Trackback
2009/12/09(Wed)

顔見世行ってきました

苦労して手に入れたチケットで 昨日顔見世に行ってきました。

南座 顔見世

南座正面は、道が渋滞してバスがしょっちゅう停まってしまうので、意外と写真撮るのが難しいです。
頭切れてますがご勘弁。

玉三郎の揚巻が本当に美しかったです。観客がいっせいに息をのむのがわかりました。
どうして、あんなに美しくなれるものなのか…年取られてもやはりいつも美しく、うっとりしてしまいます。
助六の仁左衛門も良い男でしたよ~。この格好良さ、ありえない!
この二人が並ぶとまるで絵のようです。

以前TVで団十郎の助六を見たことがありますが、団十郎の助六は、もっと“きっぷのよい江戸っ子”風だったような記憶があります。まぁ、歌舞伎初心者の私ですから、当てになりませんが。
団十郎の助六もいつか見てみたいです。

5時間もの長丁場なので、大概どこかでちょいと寝ますが、今年は全く寝ませんでした。
今年は華やかな演目が多く、とても楽しめました。

次回は必ず『菊乃井』の報告します。
スポンサーサイト
Home | Category : 美術展・伝統芸能・音楽会    |  Trackback0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。