•        









  • 検索フォーム

  • プロフィール

    きあら

    Author:きあら
    京都とイタリア、クラシック音楽(とりわけポリーニの音楽)をとっても愛してます。美味しいものにも目がありません。植物もいろいろ育ててます。どうぞよろしく。

  • FC2カウンター

  • メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

  • QRコード

    QRコード

--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告    |  Trackback
2010/10/01(Fri)

顔の家

顔の家

「こんにちはぁ。『顔の家』と申しますぅ。」
  ↑関西風イントネーションで


先日、発見した変な顔の建物です。
おちゃらけ建築かと思ったのですが、調べてびっくり!
ずいぶん昔からここにお住まいの由緒正しき(?)方でした。

『顔の家』
設計   山下和正氏(山下和正建築研究所)
竣工   1974年
所在地  京都市中京区衣棚通二条上ル
用途   併用住宅・スタジオ
設計された山下和正氏は日本建築学会賞もとってる建築家でした。

それにしても、1974年からおられたとは...。
このすぐ近くに祖父母の家があるので、今まで数え切れないほどこの道を歩きました。お口の真ん前を何度も何度も通ったんです。
なのに、36年間気付かずにおりました。
発見した時は、たまたま上を見たんですね。
そしたら、鼻らしきものと、目らしきものが見えて、あれ?!下を見て、おぉ、口だぁ~とようやく気付いたのでした。
こんな住宅街にこの顔では、当然目立ちますが、入口のお口だけでは、意外とわからないものです。
店舗でもないし、やっぱり見上げないと...。とはいえ、私どんくさすぎます。

『顔の家』の目は窓、口は入口、写真では見えないけど右耳はベランダです。
鼻は飾りかと思いましたが、換気の機能があると書いてる方がいました。
鼻が換気!すごい、人間のよう。
スポンサーサイト
Home | Category : 京都散策 その他    |  Trackback0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。