•        









  • 検索フォーム

  • プロフィール

    きあら

    Author:きあら
    京都とイタリア、クラシック音楽(とりわけポリーニの音楽)をとっても愛してます。美味しいものにも目がありません。植物もいろいろ育ててます。どうぞよろしく。

  • FC2カウンター

  • メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

  • QRコード

    QRコード

--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告    |  Trackback
2010/09/28(Tue)

大雲院 祗園閣

八坂さんの南あたり、見上げると祇園祭の鉾のような、ちょっと変わった建物が見えます。

祗園閣1 

これが、大雲院にある祇園閣(登録有形文化財)。
といっても、これを建てたのは大雲院ではありません。
大雲院がこの地に移転する前、ここに別荘を構えていた元財閥 大倉喜八郎が、昭和三年に建てたものです。

設計は平安神宮、明治神宮、大倉集古館などを手がけた伊東忠太。
鉄筋コンクリートの三階建で、高さ36m。
照明や天井などに妖怪好きの伊東らしさが見られますが、屋内は撮影禁止。

祗園閣5

祗園閣4
雨が降ってきて、全景を写せそうなところを探すのも面倒になってしまい...。

祗園閣鉾先 鶴
鉾先は金鶴。喜八郎の号は鶴彦です。

昭和63年、開創400年を記念して、内部に敦煌の壁画の模写が完成しました。
階段の上り下りの時に見られますが、撮影はできません。

楼上からの景色は素晴らしいです。
東山連峰、「妙」「法」、知恩院、黒谷、八坂の塔、京都駅ビルと京都タワー...。
八坂の塔 京都タワー

しかし、行った日は曇りで、上がると小雨が.降りだしてしまい、始め見えてた「妙」「法」の字も、段々曇ってしまいました。

大倉別荘
大倉さんの別荘、旧大倉家京都別邸「真葛荘」。
今はお寺の書院(登録有形文化財)になっています。
立派ですね。
右端に、八角形の屋根がかすかに見えますが、ここは応接間。
この別荘も伊東忠太の設計です。

祗園閣の特別公開は、9月30日まで。
もう余り日がありませんね。9月半ばに行ったのに、書くのが遅くってしまい、すみません。

スポンサーサイト
Home | Category : 京都の寺社・庭園・文化財    |  Trackback0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。