•        









  • 検索フォーム

  • プロフィール

    きあら

    Author:きあら
    京都とイタリア、クラシック音楽(とりわけポリーニの音楽)をとっても愛してます。美味しいものにも目がありません。植物もいろいろ育ててます。どうぞよろしく。

  • FC2カウンター

  • メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

  • QRコード

    QRコード

--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告    |  Trackback
2009/12/03(Thu)

ボルゲーゼ美術館展

昨日は京都国立近代美術館へ『ボルゲーゼ美術館展』を見に行ってきました。
ローマにあるボルゲーゼ美術館には行ったことがあり、懐かしくて楽しみにしてた美術展です。

ボルゲーゼ美術館展
美術館前の看板

本物のローマの美術館には ベルニーニの素晴らしい巨大な大理石の彫刻がいくつかあり、それが見たくて広~いボルゲーゼ公園の中を迷いながら行きました。もう10年以上前になるかな。
その彫刻達は冷たい大理石で作られてるとはとても思えない圧倒的な素晴らしさでした。
でも、あの巨大な像が日本までくるわけはないよと、期待はしていませんでしたが、やはり一つも来てませんでした。
ベルニーニの作品は 高さ78cmの胸像だけ。これも良いけどこんなもんじゃないんだけどなぁ。
気を取り直して先へ。この看板のラファエロの『一角獣を抱く貴婦人』は目玉です。大変美しい絵で何度も戻って見直しました。
他にはカラヴァッジョ、ボッティチェッリとその弟子達によるものなどもあります。
イタリアではちょくちょくお目にかかった画家の作品が沢山あって、個人的には楽しく懐かしく、良い時をすごすことができました。
でも日本では余り知られてない画家が多いので、一般的にはどうなのかなぁ。がらすきかも、と思って行ったのですが
不都合なく見れる程度に多くの人がいらしてました。
来年1月16日から 東京都美術館でも開催されます。

ボルゲーゼというと必ず思い出す悲惨な思い出があります。
ローマのボルゲーゼ美術館へ行った時、ちょうど改装中だったんです。最後に寄ったトイレも。変な水洗和式トイレみたいなので…案の定、水を流すと、突然ものすごい勢いで洪水の如く水が溢れ出て、瞬時飛びのいたものの、スニーカーがびちょびちょに。仕方なくボルゲーゼ公園のベンチに腰かけ、日向にスニーカー置いて休憩しました。真夏の暑い日で良かったよ。

さて、美術館のあとはお腹がすいたので、南禅寺横の湯豆腐の老舗 奥丹へ。人気のあるお店ですので、しばし並んで入りました。が
う~む、個人的な好みとしては…森嘉の豆腐の方が好きだわぁ。(森嘉の豆腐についてはこちらへどうぞ)
森嘉の豆腐が食べれる嵐山の西山艸堂おすすめです。
豆腐談義はまた後日。

紅葉の有名な南禅寺塔頭の天授庵にも寄りましたが、もう遅すぎました。
南禅寺三門前の紅葉の写真をアップして、今年の紅葉散策これにて終了!

南禅寺三門
これ映りが良すぎます。実際にはもう少し地味色でピークは過ぎてました。
スポンサーサイト
Home | Category : 美術展・伝統芸能・音楽会    |  Trackback0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。