•        









  • 検索フォーム

  • プロフィール

    きあら

    Author:きあら
    京都とイタリア、クラシック音楽(とりわけポリーニの音楽)をとっても愛してます。美味しいものにも目がありません。植物もいろいろ育ててます。どうぞよろしく。

  • FC2カウンター

  • メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

  • QRコード

    QRコード

--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告    |  Trackback
2010/08/14(Sat)

幽霊子育飴

今日もまた、六道の辻です。こんな怪談があります。

慶長四年、京都の江村氏妻を葬りました。
数日たった頃、土の中から幼子の泣き声が聞こえます。
掘り返してみると、亡くなった妻の産んだ子がおりました。
当時、夜な夜な飴を買いに来る婦人がいましたが、幼児が掘り出された後は、来なくなりました。
この子は八歳で僧になり、修行を積み、後に高名な僧になりました。
そしてこの飴は幽霊子育ての飴と呼ばれ、盛んに売りひろめられました。

この幽霊子育飴、今でも売られています。
店は何年か前に移転して、今は西福寺の向かいにあります。
幽霊子育飴本舗 幽霊子育飴 看板

幽霊子育飴
昔っぽい琥珀色の飴は、甘さもあっさり懐かしい味わいです。

六道の辻はミステリアスです。

みなとや 幽霊子育飴本舗
京都市東山区松原通大和大路東入ル
 tel 075-561-0321
スポンサーサイト
Home | Category : 京都の美味しいもの    |  Trackback0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。