•        









  • 検索フォーム

  • プロフィール

    きあら

    Author:きあら
    京都とイタリア、クラシック音楽(とりわけポリーニの音楽)をとっても愛してます。美味しいものにも目がありません。植物もいろいろ育ててます。どうぞよろしく。

  • FC2カウンター

  • メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

  • QRコード

    QRコード

--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告    |  Trackback
2010/08/01(Sun)

幸楽屋の金魚鉢

毎日暑いですね、暑くて暑くてたまらない…こんな時にはこんなお菓子、いかがですか?

幸楽屋の金魚鉢

涼しげなこのお菓子は、幸楽屋の創作和菓子『金魚鉢』です。
金魚たち、気持ちよさそうですね。
見る角度によって可愛さも違うし、一つづつ微妙に違っているのも愛らしい。
あまりにかわいいので、今日の写真は全てクリックすると拡大するよう設定しました。試して下さいね。

幸楽屋 金魚鉢

幸楽屋というお店の名のとおり、幸せで楽しそうな金魚たち、食べるに忍びないのですが…。
鉢と水は寒天、金魚と藻は餡子です。
水草もちゃんとあるあたり、いいですね。色合いも可愛いです。
うっすら水色の寒天は食感も爽やかです。

京都の金魚(鉢)は、幸楽屋と松彌が有名ですが、かわいさの点で私は幸楽屋かなぁ。

幸楽屋
烏丸鞍馬口から少し東に入ったところにある幸楽屋

金魚鉢は一つ220円、8月末まで作っているそうです。
すぐ売り切れるようなので、電話で確認した方がよいかもしれません。

また、京都高島屋でも、同じく8月末まで、火、木、土曜日限定で出しているそうです。

幸楽屋
京都市北区鞍馬口通り烏丸東入
 tel 075-231-3416


スポンサーサイト
Home | Category : 京都の和菓子    |  Trackback0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。