•        









  • 検索フォーム

  • プロフィール

    きあら

    Author:きあら
    京都とイタリア、クラシック音楽(とりわけポリーニの音楽)をとっても愛してます。美味しいものにも目がありません。植物もいろいろ育ててます。どうぞよろしく。

  • FC2カウンター

  • メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

  • QRコード

    QRコード

--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告    |  Trackback
2012/12/20(Thu)

妙蓮寺 長谷川等伯の鉾杉を見る

先日、長谷川等伯一派が描いた「鉾杉の図」を見に妙蓮寺に行ってきました。
普段非公開のこの障壁画は、何度か特別公開されましたが、ここのところそんな機会もないので、予約して見せていただくことにしました。

妙蓮寺山門

寒い日でした。
予約は一年中できるのに、よりによって、なんでこんな寒い時にしてしまったのか…
12月がここまで寒くなるとは思ってなかったんですよね。

まずは、奥書院に通され、お庭拝見。
「十六羅漢石庭」。ここも見たかった庭です。

妙蓮寺 十六羅漢石庭

妙蓮寺 十六羅漢石庭3

桂離宮の造営にたずさわった妙蓮寺の僧侶 玉淵坊日首(ぎょうくえんぼう にっしゅ)が作った庭で、中央の大きな石「臥牛石」は、秀吉から賜ったもの。

枯山水ですが、奥にきれいに並ぶ北山杉やサツキのためか、モダンな感じがします。(植木は後世に植えられたようですが)

書院では、幸野豊一画伯の「四季の襖絵」(春の野、夏の池、秋の山、冬の川)が見られます。
どの季節にも銀箔がふんだんに使われ、光の加減で不思議に変化して、とても美しかったです。

そして、いよいよ長谷川等伯を見に宝物殿へ。

と思ったら、その前に、表玄関を上がったところにある銀箔がはられた襖の部屋に案内されました。
そこでは、「外から差し込む光により、どれほど銀の襖が変化するか」を実際に見せていただきました。
障子を通して差し込む光で、開け放って表から差し込む光で、雲や風でも刻々とうつろい変化する銀の襖、神秘的です。先ほど見た「四季の襖絵」もそうでした。
つまり、これから見る長谷川等伯一派の金碧画は、宝物殿の中に保管されているため、このような光の変化を楽しむことはできない。蛍光灯の下で見ることになる。でも、本来は、こういった場所にあったものだ。というお話でした。

この後、厳重に警備された宝物殿へ。

長谷川等伯一派 鉾杉の図
「鉾杉の図」(重文)

鉾杉の形がとてもモダンな雰囲気をかもだしています。かわいいです。
この絵は、エリザベス女王が訪日された際、どうしても見たいとの女王の意向を受け、時間がない女王のために東京まで運んだそうです。
女王は、どんなところに興味を持たれたのでしょう?

展示ケースの間が狭いので、離れて見れないのも少し残念でしたが、お寺の方の詳しい説明を興味深くうかがいなら、友人と二人、ゆっくり鑑賞させていただきました。贅沢ですね。
でも、やはり、本来あるべき場所で、「自然の光のうつろい」で見てみたいものです。

宝物殿では、「鉾杉の図」の他、「柳の図」「松桜の図」「「桜の図」なども見られます。(「松桜の図」の桜を見て、智積院の久蔵の「桜図」を思い出しました。)

それにしても、宝物殿は寒い!!!冬のお寺は辛い。

                  

妙蓮寺は、お花でも有名です。この季節は、妙蓮寺椿と 御会式桜(おえしきざくら)が見られます。

入口のところにある妙蓮寺椿は、つぼみが沢山ついてるものの一つも咲いてなく、がっかりしてたら、お寺の方が、庭に咲いてると教えてくださいました。

庭の妙蓮寺椿
妙蓮寺椿

早咲きの椿の一種で、室町時代には既に知られていたようです。
当時の連歌師 宗祇の歌が残っています。
  余の花は みな末寺なり 妙蓮寺


妙蓮寺 御会式桜
御会式桜

10月13日の日蓮大聖人入滅の日前後から咲き始め、4月8日のお釈迦様の聖誕日ごろ満開となる桜です。
こちらは、ちらほら咲いてました。

夏には芙蓉が有名ですが、暑いときは暑いときで、これまたなかなか行けないものです…。

スポンサーサイト
Home | Category : 京都の寺社・庭園・文化財    |  Trackback0
2012/12/10(Mon)

ラ・パティスリー・デ・レーヴ

ラ パティスリー デ レーヴ

ねねの道に、9月にオープンした ラ・パティスリー・デ・レーヴ (LA PÂTISSERIE DES REVÊS)
今、パリでとっても人気のあるパティスリーだそうで、日本最初のお店です。
見た通り、外観は京都っぽいのですが、一歩中に入ると、

パリ~~

ラ パティスリー デ レーヴ ディスプレイ1

ディスプレイがとっても素敵で、入るなりテンションがググッと上がってしまいました。
とりわけ、滑車で上げ下げする、この釣鐘型ケースのディスプレイにすっかり魅了されてしまったわ

ラ パティスリー デ レーヴ ディスプレイ4

お店の人が、開け閉めするのを見て、「もう一度やってみて~」とお願いすると、滑車のしくみなども説明して下さいまして、さらに実地体験も。
ケースの内側の縁部分から冷気が出てて、見た目が美しいだけでなく、ちゃんと機能的です。

ラ パティスリー デ レーヴ ディスプレイ サロンから
二階のサロンから見下ろすと、こんな感じ。綺麗でしょう?

パティスリー レーヴ パンのディスプレイ

お菓子を見る前から、こんなにも楽しい気分になってしまいましたが、もちろんケーキも美味しそう。
あれもこれも食べてみたいけど、初めてなので、パリでも人気のあるというものを選んで、二階のサロンの席が空くのを待ちました。

パティスリー レーヴ サロンで
サロンでは、ケーキ、焼き菓子、飲み物がセットで出てきます。

パティスリー レーヴ パリブレスト
友達がたのんだパリブレスト。中のプラリネの美味しいこと!

パティスリー レーヴ タルトタタン
私がたのんだタルトタタン。程よい酸味があり、すっきり美味しい!

丸いお菓子は、カリソン・フレ。9種類あり、色とりどりでかわいいし、これも美味しかった。

「美味しい」の連発で、全く表現力に欠けますが、フィリップ・コンティシーニさんのお菓子たち、パンも、どれも美味しそう。また、いろいろ食べてみたいです。(←少しばかり浮気してますが、金蔵さんへの愛は変わりませんよ!!!)

それから、お菓子のことではないけど、もう一つ。
パティスリー レーヴ 店員さん
お店の女の子たち、丸首の襟元に少しギャザーが入った後ろボタンの白い上っ張りに、ベレー帽(?)をかぶり、ピンクのポシェットをななめにかけてます。なんだかパリのイラストから抜け出たようでかわいい。忙しく働いている様子が、これまたかわいかったです。

ラ・パティスリー・デ・レーヴは、10月下旬に大阪阪急にもオープンしました。そちらはサロンはないそうですが。


ラ・パティスリー・デ・レーヴ LA PÂTISSERIE DES REVÊS
京都市東山区高台寺北門前通下河原東入ル鷲尾町518
 tel 075-533-7041

Home | Category : 京都のカフェ・お茶    |  Trackback0
2012/12/06(Thu)

リストランテ キメラでランチ

リストランテ キメラ

前から行ってみたかった「リストランテ キメラ」へランチに伺いました。
ずっと気になっていたお店です。というのは、シェフが大阪のポンテベッキオにおられた方だと聞いたので。
ポンテベッキオは、もう10年以上前かなぁ、イタリア旅行中に知り合った友人に連れて行ってもらったことがあります。1度しか行ったことありませんが、ほんと美味しかった!日本で食べたイタリアンでは、もっとも印象に残っているお店の一つです。家で、絶対真似できないお料理でした。
キメラは、京都を意識したイタリアンのようなので、また違った趣です。
お店も、京都らしい祇園下河原にあります。

建物右奥から入ると、まずは、グランドピアノが置かれたお部屋。
こちらでは、共同経営者の横山幸雄さんのコンサートなどがあるそうです。

キメラ 1階ピアノ

二階へ(本当はもっと明るかったのですが、暗く写ってしまったわぁ
天井が高く、感じよいお部屋です。

キメラ 2階2

キメラ 2階1


4000円のランチコースをいただきました。

キメラ アンティパスト
アンティパストは、菊菜のパンナコッタにアサリの泡ソース、カンパチがのって、テーブルでカラスミをおろして下さいました。

キメラ zuppa
栗のスープ 生ハムものってる。

パスタは二種選ぶと(二人だったので)、それぞれに分けて、二皿にして出して下さいました。
キメラ プリモ イクラ
イクラのシャンパンマリネをからめたサーモンと小蕪の冷製カペッリーニ

キメラ プリモ 牡蠣
牡蠣のパン粉焼きと九条葱、芹のフェデリーニ、黄色トマトのソース

キメラ セコンド 仔羊
仔羊ロース肉の炭火焼き 

友達のお料理はこちら↓
キメラ セコンド 鯖
真鯖、生姜と生のフルーツトマトのソース。 小芋のフリット

キメラ ドルチェ 栗
ドルチェは、栗のパイ包み焼き。お濃茶のスキューマとはちみつのジェラートと共に。

友達のチョイスしたのはこちら↓
キメラ ドルチェ リンゴ
紅玉のキャラメリゼとコンポスタ 紅茶のティラミス

最後はいつものごとく、エスプレッソでしめました。

アンティパストがとても美味しかったです。イクラのカッペリーニも。
セコンドの仔羊は、きっとこのぐらいの焼き具合が美味なのでしょうが、私はちょっと神経質なところがあるので…好みの問題ですが、もう少し焼いてほしい。(右のお肉が…)
ここまで赤いなら、焼く前に聞いてほしかったなぁと思いました。炭火焼きとあったので、香ばしい系を想像してました
自家製のパン三種も美味しかったです。


リストランテ キメラ
京都市東山区祇園町南側504番地
 Tel 075-525-4466
http://www.gion-chimera.com


Home | Category : 京都のレストラン 伊・仏・その他    |  Trackback0
2012/12/04(Tue)

名残りの紅葉 長楽寺

今年の紅葉は早かったので、京都の紅葉もそろそろお終いですが、昨日は長楽寺に行ってみました。

長楽寺

円山公園の奥にひっそりたたずむ紅葉の隠れ名所、長楽寺、
「今昔物語」、「山家集」、「平家物語」などにも記されたお寺です。
建礼門院が髪をおろされた寺としても知られ、大河ドラマの放映記念に、建礼門院秘宝展も開かれていました。

長楽寺2

長楽寺5s

長楽寺3s

長楽寺4


最後に庭園へ。
こちらのお庭は、相阿弥が足利義政の命により銀閣寺の庭を作る時、試作的に作ったと伝えられています。

長楽寺 庭1

長楽寺 庭2

長楽寺 庭3


円山公園の紅葉は終わりなので、こちらもたぶん終わりだろうと期待せずに門をくぐりましたが、終わりといえど綺麗でした。
紅葉ピーク時にはさぞや美しかったでしょうね。もう少し早かったら散紅葉ももっと美しかったことでしょう。次回は是非そんな時期に伺いたいものです。


Home | Category : 京都の寺社・庭園・文化財    |  Trackback0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。