•        









  • 検索フォーム

  • プロフィール

    きあら

    Author:きあら
    京都とイタリア、クラシック音楽(とりわけポリーニの音楽)をとっても愛してます。美味しいものにも目がありません。植物もいろいろ育ててます。どうぞよろしく。

  • FC2カウンター

  • メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

  • QRコード

    QRコード

--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告    |  Trackback
2012/09/29(Sat)

大徳寺の月釜へ

この頃、お茶会が楽しくなってきて、昨日は、大胆にも大徳寺の月釜に行ってきました。

いくつもの塔頭で、釜がかかっていますが、まずは、瑞峯院へ。
ここは、お庭を見に行ったことがあります。
その時は、ほとんど人もなく、ゆっくりさせてもらいましたが、昨日は、大変こんでました。でも、初心者としては、このぐらいの方が気が楽です。
お庭を見ながら待ちました。

大徳寺 瑞峯院 独座庭
独坐庭

大徳寺 瑞峯院 茶室前の庭
独坐庭 茶室前

大徳寺 瑞峯院 閑眠庭
閑眠庭。この石庭には、十字架が隠されています。(石組みが十字に)
写真では、ちょっとわかりにくいかもしれません。

瑞峯院 茶室
餘慶庵(じょけいあん)  月釜は、こちらのお茶室で。

昨日の席主さんは、建築家 才門俊文さんで、方丈のほうで、パネル展も開催されてました。
表のお席で、裏とは結構違うんですね。とまどいながらも興味深かったです。
お道具のお話も面白く伺いました。(お釜が面白い形、綺麗な富士だった!)

次に向かったのは、興臨院、ここも拝観には来たことがあるお寺です。
裏のお席だったので入りたかったけど、玄関で、う~~む…。
並んでる履物の数が少なく、ほとんど草履。
ちょっと敷居高い?と、友人と迷っていたら、ちょうど先にいらしてた方がお声をかけて下さいました。とても気さくな方で、「一緒に行こうや、連れてったるで~」と。
結局、このあとは、すっかりこの先生のお世話になることに。
興臨院のお席が終わると、「次は大慈院行くで~、行くやろ?」という具合に。
この先生、とにかくお道具も、文学も、お花も、何もかもものすごく詳しく、薀蓄がすごい!
どちらのお席でも、正客をされました。話がどんどん膨らんで、面白かったです。
おかげさまで、無知な私も、いつもよりずっと興味深く、お道具を拝見することができました。
(そういえば、興臨院でも、お釜が面白い形だった!細長窯で鐶付が兎の形。私に出されたお茶碗もちょっと変わってて、いろいろ説明聞いたけど…詳細は忘れた…

大徳寺 興臨院
興臨院

大徳寺 大慈院 茶室
大慈院の茶室

さて、私の「いつもの興味」のお菓子とお花は、どちらも秋らしいものでした。
お菓子は、持ち帰れば、写真が撮れたのですが、あいにく、お席で全部いただいてしまいました。
ちょっと嬉しかったのは、嘯月のお菓子がありましたよ~。「秋ノ香」という栗羊羹でした。
お花では、鮮やかな赤と黒の実をつけた「山芍薬の実」に、少々驚きました。
山芍薬の花は、白くかわいらしいのに、実になると、こうなるの?!
しかし、綺麗な形にはじけていたので、あでやかな花のようでした。

             

初めての大徳寺月釜、こうして三つのお席をまわり終わりました。
不思議な出会いに恵まれた一日でした。楽しかった!

スポンサーサイト
Home | Category : 京都の寺社・庭園・文化財    |  Trackback0
2012/09/25(Tue)

美術倶楽部 金子國義 紅蝙蝠@石塀小路 

紅蝙蝠

静か~な石塀小路の奥に、ひっそりたたずむ紅蝙蝠。
”美術倶楽部 金子國義 紅蝙蝠” が正式な店名なんでしょうか。
特に金子ファンというわけでもありませんが、前から一度行ってみたかったお店です。
ちょうど友人と、この辺りをぶらぶしてたので、お茶に寄ってみました。

紅蝙蝠 灯り

紅蝙蝠 メニュー看板

店内は…、

紅蝙蝠 店内

金子國義デザインの浴衣、絵などの美術品が飾られて、独特な世界。

紅蝙蝠 浴衣 紅蝙蝠 店内 金子國義

紅蝙蝠 金子國義

金子ファンは、たまらないでしょうね。思わず、大昔仕事で組んでた、熱狂的な金子國義ファンだった男の子(おっさんになってるでしょうが)を思い出してしまいました。興奮してる様子が目に浮かんだー

メニューも“國義ごのみ”だそうで、スイーツやお料理がいただけます。

紅蝙蝠 メニュー

お昼はすませていたので、スイーツを。
紅蝙蝠 ふわとろわらびもちセット
ふわとろわらび餅とコーヒーのセット

紅蝙蝠 店内 庭
一番右のガラスは鏡。すっかり騙されてしまった。

隠れ家風の紅蝙蝠、金子ファンにはテンションあがりそうなお店です。特別ファンでない人には、畳のお部屋でくつろげるちょっと面白いお店、といったところでしょうか。


美術倶楽部 金子國義 【紅蝙蝠】
京都市東山区下河原通八坂鳥居前下る
   下河原町463番地8
 TEL 075-533-6688
http://www.kyogocan.com/index.html

Home | Category : 京都のカフェ・お茶    |  Trackback0
2012/09/20(Thu)

実はこのタルト…

グランヴィア ルタン ベリーのタルト
ラズベリーとブルーベリーと生クリームのかわいいタルト、美味しそうでしょ?

でも、食べてびっくり!いや、私は食べてないけど、友達がオーダーしたケーキなので。
生クリームに見えたところは、なんと白餡。中は抹茶クリーム (クリームではなく、抹茶味の何かだったかも…とにかく抹茶!)という意外性あふれるタルトでした。


私は、ここのところずっとモンブランが食べたかったので、迷わずモンブランにしましたが、やっぱり上のタルトにすれば良かったな~と、今、写真を見て思っております。
ベリー+白餡+抹茶=どんな味になる?

グランヴィア ル タン モンブラン


ル・タン
ホテルグランヴィア京都2F
tel 075-342-5525
http://www.granvia-kyoto.co.jp/rest/letemps.html



Home | Category : 京都のカフェ・お茶    |  Trackback0
2012/09/18(Tue)

京・百万遍 梁山泊でお昼

先週になりますが、百万遍の梁山泊へ行ってきました。

梁山泊 京都

京大のすぐ近く、金平糖の緑寿庵清水の斜め向かいです。

梁山泊 京都3

門もお庭も風情あり素敵ですが、お部屋も!

梁山泊 部屋1
唐紙は、唐長さん。(たぶん)

梁山泊 部屋2

梁山泊 部屋から庭

「おまかせ昼料理」をいただきました。
梁山泊 お料理1

梁山泊 お料理2

梁山泊 お料理3 鱧の柳川

梁山泊 お料理4

梁山泊 お料理5

梁山泊 お料理6

梁山泊 お料理7

お魚が美味しいと聞いてましたが、ほんと、とっても美味しかったです。
友人とのお喋りもはずみ、大変良いお昼を過ごさせていただきました。

梁山泊 廊下 水屋

さて、こちらのお店のHPを拝見すると、ご主人、とてもユニークな方のようにお見受けします。
陶芸もなさるそうで、この水屋の器もご主人作でしょうか?
わかりませんが、照明は、きっとそうなのではないかな?お部屋にあった照明も。

そのご主人は、こちら。
梁山泊のご主人 手塚治虫
いただいたハガキです。手塚治虫が描いた梁山泊のご主人。
似てます。お人柄も伝わってきます。

梁山泊
京都市左京区吉田泉殿町5
  TEL.075-771-4447
http://www.ryozanpaku.net/index.html

Home | Category : 京都の和食    |  Trackback0
2012/09/10(Mon)

常林寺 萩

常林寺 萩の寺
萩の寺として知られる常林寺。
今日の萩の様子は、

常林寺 萩の季節
ずいぶん咲いてきました。

常林寺 萩2

常林寺 萩白

常林寺 萩 紅白

常林寺 萩 すすき
暑いけど秋の風景、ススキに萩。
先日のお茶のお稽古でも、お軸が秋のものにかわりました。
  「秋色静中生」、萩の絵がそえられて。
まだまだ日中は暑いですが、朝晩はずいぶん涼しくなりました。虫の声も聞こえます。
季節は変わりつつあります。

常林寺 萩

Home | Category : 花など 植物    |  Trackback0
2012/09/06(Thu)

世界遺産 ヴェネツィア展-魅惑の芸術 千年の都-

京都文化博物館で、「世界遺産 ヴェネツィア展-魅惑の芸術 千年の都-」が開催されています。

ヴェネツィア展 京都文化博物館

是非見たい!というほどでもなかったのですが、せっかくだし「イタリア好き」としては行くべきかなぁ程度ののりで出かけました。

ヴェネツィアの美術館と教会は、昔、かなり一生懸命見てまわりました。
もう歩いて、歩いて、歩いて…
なのに、見るつもりだった有名なコッレール美術館は、行けなかったんです。
そのコッレール美術館所蔵の作品が、今回の展覧会に、いろいろ来ています。
ということは知ってたものの、あの赤いベレー帽のおじさんが来てるとは、知らなかった!会場で、遠くにこのおじさんを見つけたときには、ほんと驚いた!

赤いベレー帽を被る貴族の男
『赤いベレー帽を被る貴族の男』

昔は、コッレール美術館というと、必ずというほど見かけたこのおじさん、
その頃は、確かカルパッチョ作とされてたと思うのですが、「フェッラーラないしはボローニャの画家の作」となっています。
何故でしょう?
研究が進んで、カルパッチョの作品ではない、ということになったのでしょうか?
今回のチラシにもHPにも載ってません。ずいぶんマイナーになってしまったのねぇ。
長年、な~んか気になる絵だったし、まさか、おじさんの方から京都にやって来てくれるとは思ってなかったので、絵の前に立った時、喜びを熱く伝えましたが、当然ながら、おじさんはいつものあの顔でした。(笑った顔も思い浮かべられるけど

それから、興味深く見たのは、衣装や日用品などのコーナー。
塩野七生さんの『海の都の物語』、『聖マルコ殺人事件』のシリーズなど、ヴェネツィア共和国に関する話は、今までにいろいろ読んだので(塩野七生の大ファン!)、おなじみの衣装や帽子などの本物を間近で見てると、あの世界にタイムスリップしたような、少々不思議な気分になりました。

ヴェネツィア派の中では好きな画家であるジェンティーレとジョヴァンニのベッリーニ兄弟の作品も、それぞれ一点づつ出てました。
迷いましたが、行って良かったです。楽しみました。

この展覧会は、京都文化博物館で9月23日まで。
京都の後は、広島県立美術館に巡回します。


京都文化博物館
http://www.bunpaku.or.jp/index.html

ヴェネツィア展 公式サイト
http://www.go-venezia.com/

Home | Category : 美術展・伝統芸能・音楽会    |  Trackback0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。