•        









  • 検索フォーム

  • プロフィール

    きあら

    Author:きあら
    京都とイタリア、クラシック音楽(とりわけポリーニの音楽)をとっても愛してます。美味しいものにも目がありません。植物もいろいろ育ててます。どうぞよろしく。

  • FC2カウンター

  • メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

  • QRコード

    QRコード

--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告    |  Trackback
2012/08/31(Fri)

『京の画塾細見』 節電キャンペーンで只今無料

京の画塾細見
現在、京都市美術館では、『京都市美術館コレクション展 第2期 京の画塾細見』が開催されています。
近代の京都美術界を支えた画塾の歴史を回顧する展覧会です。

そして、入口には、こんな看板も。
京の画塾細見 節電キャンペーン in KYOTO

なんとありがたいことでしょう。この催し、9月7日日までは無料で見られます。
(展覧会は11月25日まで)

竹内栖鳳、上村松園、松篁、菊池契月、堂本印象、小野竹喬、土田麦僊などなど、いろんな方のものが出てました。
日本画は、質感も涼しげで、こういう暑いときにぴったり。
テーマはあまり気にせず、一つ一つの作品を楽しんできました。

ポスターになってる絵は、丹羽阿樹子の「遠矢」という作品ですが、「彼女の矢はなにをねらっているのか想像しよう」という小さなコーナーがありました。
みなさんが貼られた答えをみると、
鳥、空、太陽、月、夢、未来、自由、希望、虹、愛する人の心、などと書かれてます。
ヒールのあるおしゃれな靴を履き、きれいな花柄の服に、美しい色の手袋(弓懸というんでしょうか?)をつけた彼女は、何を狙ってるのでしょう?
草叢には、春の花が咲き、モンシロチョウとモンキチョウが飛んでいます。
何か春の儀式と関係あるのでしょうか。
あるいは象徴的な意味合いで?それとも具象的な物?
この画家も作品も私は知らないので、この絵の背景に(どういう状況を描いたのか)、興味がわきました。

会場はすいてるし(さびしくない程度に)、涼しいし、しばし心地よい時を過ごさせていただきました。
こういう催し、暑いとき以外も企画してほしいです。


京都市美術館
http://www.city.kyoto.jp/bunshi/kmma

スポンサーサイト
Home | Category : 美術展・伝統芸能・音楽会    |  Trackback0
2012/08/30(Thu)

御苑 九条池の百日紅

御苑 九条池 百日紅1
八月ももう終わりですが、御苑では、百日紅がまだ綺麗に咲いています。
こちらは、九条池の百日紅。

京都御苑 九条池 百日紅 拾翠亭
拾翠亭

御苑 九条池 厳島神社 百日紅
厳島神社

御苑 九条池 橋 百日紅

↓これは、間ノ町口入ったところの大きな百日紅。
御苑 間ノ町口 サルスベリ

御苑には、あちらこちら百日紅があり、とても綺麗ですが、この時期、暑くてなかなか行けません。
今日も、間ノ町口から入って、九条池を見ただけで退散しました。暑い
でも、木陰に入ると風もあり、意外と涼しく、日陰のベンチでは、お昼寝してる人もちらほら。気持ち良さそ~

ものすごく綺麗だったのに、写真ではそれほどでもないですね…がっかり。

Home | Category : 花など 植物    |  Trackback0
2012/08/29(Wed)

サンタ・マリア・ノヴェッラ祇園

サンタマリアノヴェッラ祇園

この雰囲気あるお店は何?
祇園、巽橋の近くなので、てっきりバー?かと思ったのですが、格子から透けて見える店内は、商品が並んでいてショップのよう。
看板を確認すると、

サンタマリアノヴェッラ祇園 看板

な~んと、サンタ・マリア・ノヴェッラではありませんか。びっくり。
フィレンツェの店も、大丸近くの店も、行ったことありますが、祇園にあるとは知らなかった。いつできたのでしょう。

などと話しながら佇んでいたら、お店の方が出てこられたので、入ってみました。

サンタマリアノヴェッラ祇園 店内1

新情報に疎い私は(雑誌とかあまり見ないもので)、てっきり、サンタ・マリア・ノヴェッラは、フィレンツェと大丸近くの店の二軒しか存在しないと思っておりました。
今や、日本全国(←ちょっと大げさ)沢山あるんですね。

サンタマリアノヴェッラ祇園 店内2

お店に入ると、まず最初に目に飛び込んできたのが、松栄堂のインセンス。
大好きな松栄堂さんが、知らぬ間に、サンタマリアノヴェッラと提携してたとは、これまたびっくり。
そういえば、京都とフィレンツェは姉妹都市でしたね。

このインセンスは、イタリアから逆輸入されてるもので、青の箱とワイン色の箱の二種類ありました。
内容もとても素敵で、ワイン色は、 ”I Quattro Elementi"。四元素をテーマにしたもので、水、空気、土、火の四つの香りのセット。
青い箱は”Le Quattro Stagioni”。春夏秋冬、四季をテーマにした四つの香りのセットです。
(セットのほかに、水だけ、春だけのように、一つづつの香りの箱もありましたが)
香立も(インセンスホルダーの方がいいかな?)素敵で、私は、四元素セットが、とっても欲しかったけど、大変お高く…手が出ませんでした。

その他にも、いろいろ欲しいものがありましたが、秋にポリーニ来日を控えているので、「節約!我慢!」ということで。

何も買わなかったので、友達が買ったハーブウォーターを写させてもらいました。
とても爽やかな香りです。お風呂上りにつけたらいいでしょうね。

サンタマリアノヴェッラ ハーブウォーター


サンタ・マリア・ノヴェッラ祇園
京都市東山区祇園末吉町切通し角
Tel. 075-533-7716
http://www.santamarianovella.jp/




Home | Category : 京都ショップ    |  Trackback0
2012/08/25(Sat)

ル・サルモン・ドール 平日限定ランチ

ル サルモン ドール
祇園白川のほとりにある、京都風情たっぷりのフレンチ レストラン、ル・サルモン・ドール。

ルサルモンドール玄関

ルサルモンドール 窓向きのカウンター席
白川の景色が楽しめるカウンター席に座りました。
他に、お料理されてるのがよくみえるカウンター席と、二階にもお部屋があるようです。

平日のランチは一種で、野菜と魚を中心としたヘルシーなお料理です。
順番に並べます。

ルサルモンドール1g

ルサルモンドール2
とても美味しいスープだったのに、説明忘れました

ルサルモンドール3
まぐろ(伊根のなんとかまぐろとおっしゃってたと思います)の下に、オクラなど野菜が入っていて、とても美味しかったです。

ルサルモンドール4
帆立+お野菜

ルサルモンドール5
セップ茸にナスやチーズなど

ルサルモンドール6
スズキだったと思います

ルサルモンドール7
デザートは、表面が桃で、中はジェラート。たぶん。

ルサルモンドール8
最後は、かわいい小菓子が出て、私はエスプレッソでしめました。

しかし、ひどい記憶力ですねぇ。
家に帰ってこうして書いてみると、前の週に食べたものとも記憶がまじり、細かい説明が思い出せません
食べてるときは覚えてるんだけど、お喋りも盛り上がってるから…。

        

それから、お料理とは関係ありませんが、もう一つとても楽しめることがありました。

座った席は、外の眺めがよく、正面に巽橋、辰巳神社、右手に甘味どころの小森が良く見えます。

祇園 巽橋 夏
巽橋 (これは↑ お店の中からではなく、外で撮ったものですが)

この辺りは、お茶屋さんが多いせいか、ランチの間中、普段着の舞妓さんが、次から次へと通りました。
皆さん、浴衣にお太鼓結びで、足袋に草履。
それでも涼しそうに見えます、素敵

そして、巽橋の前は、これまた次から次に、観光客の方々がこられては記念撮影をし、去って行かれます。

そんな景色を眺めながらのランチ、楽しく美味しくいただきました。


ル・サルモン・ドール
京都市東山区新橋通辰己神社前
  TEL 075-531-3606
http://www.le-sarment-dor.com





Home | Category : 京都のレストラン 伊・仏・その他    |  Trackback0
2012/08/20(Mon)

ほそつじいへえ TEA HOUSE

祇園でお茶を飲もうと、うろうろしてると、新装オープンのお花がかざられたお店がありました。
どんなお店なのかも知らなかったけど、もう暑くて暑くて今すぐ涼みたくて入ることにしました。

ほそつじいへえ tea house

店内も良い雰囲気です。しかし、コーヒーが飲みたかったのですが、紅茶専門店でした。
でも、いいの、紅茶も好きだから。

ほそつじいへえ TEA HOUSE 店内

お庭の横の席を陣取り眺めてると、
あれれ、お庭の向こうは、手ぬぐいの永楽屋さんではありませんか。(厳密には、永楽屋の伊兵衛なので、帆布です。)
どうも繋がっているようです。
尋ねてみると、このTEA HOUSEは、やはり永楽屋のお店でした。
18日にオープンしたところで、紅茶界のスーパーブランドといわれるMLESNA(ムレスナ) TEAの紅茶専門店だそうです。
スリランカのムレスナ社独占茶葉のヌワラエリヤ産F・B・O・P茶葉に、スイスの有名香料メーカーの天然果汁より抽出したフレーバーを使用している、そうです。←メニューの説明

私は、『京都四条の香り』のアイスティーを。
これは、ローズ×ジャスミン×ラズベリー×アールグレイの和風ブレンド。
 (友達は…何だったか忘れてしまった。何かのアイスミルクティー。上に生クリームがのってました。)

ほそつじいへえ 京都四条の香り
想像してた通りの爽やかな、おいしいお茶でした。

何かスイーツを食べたかったのですが、どら焼きしかないとのこと…
もう少し軽いものがあるといいのだけど、マカロンとか。
ホットティーなら、「和三盆付き」と書いてありました。どこのお菓子でしょう。
寒い時期に、いただいてみよう。

居心地良く、長居して、帰りはお庭の方から、永楽屋さんに抜けて帰りました。

ほそつじいへえ 庭と永楽屋裏

永楽屋 伊兵衛 ihee 祇園店


ほそつじいへえ TEA HOUSE supported by MLESNA
京都市東山区祇園町南側577-3
TEL.075-551-3534




Home | Category : 京都のカフェ・お茶    |  Trackback0
2012/08/19(Sun)

こんな暑いときに、どうしたん?といわれそうですが…

お盆の時に、父の家の炉をのぞいてみました。
祖母はお茶をする人でしたので、うちには炉が切ってありますが、祖母が亡くなって以来、全く使ってません。
長らく見たこともなかったけど、最近、お茶を始めたので、気になって開けてみました。

炉

灰がめちゃくちゃで飛び散ってるけど
父が炉縁もいくつか出してくれたので、蒔絵のものを置いてみました。
なかなか良い感じ。

お茶道具も沢山あるし、友人たちをよんで、カジュアルなお茶会でもしたら楽しそう
と思ったけど、私は初心者で、炭手前だって知らないのでした…残念。

お道具を見てると、祖母が亭主をしたお茶会の会記もいろいろ出てきました。
月釜などもやってたとは知らなかった…。
ちょうど先日、友人と月釜へ行く話がでて、でも、私のレベルではちょっとねぇ…などと言ってるところだったので、驚いた。

私も若い頃から、お茶やればよかったですね。(祖母は教える方はしてなかったけど)
でも、まぁ、昔は、世の中に対する反抗心とか、ちょっとしたトラウマとか、そんなものがあったんですね~。

この歳になったからこそ、お茶の奥深さや面白さに気づいたのかもしれません。
しかし、毎週、新しいことを老化してきた頭と体に覚えさせるのは、ほんと大変です。


Home | Category : 未分類    |  Trackback0
2012/08/15(Wed)

ほおずき 鬼灯

ほおずき 鬼灯

花屋の軒先にぶら下げて売られていたホオズキ、お盆のお飾り。
ご先祖様を導く灯りです。

ほおずきを漢字で書くと、酸漿か鬼灯。
普段は酸漿を使うことが多いけど、お盆には鬼灯の方が合いますね。

明日は、もう五山の送り火です。


Home | Category : 花など 植物    |  Trackback0
2012/08/09(Thu)

蝉が!

今夏は蝉がいつにもまして元気な気がします。
今もすごい。

そして、お茶のお稽古に行ったら、茶室にも蝉が静か~に一匹とまっていて、びっくりしてしまいました。

蝉 昼顔 山牛蒡

このセミはフランスの子。いただいたものだそうですが、先生にお花を飾ってもらって、こんなにかわいく美しい子になりました。
花は、昼顔と山ごぼう。
(お稽古終わりに写真を撮らせていただいたので、昼顔がややしぼんでしまいました。)
プロヴァンスでは、セミは幸運のシンボルです。

お茶は、最近、花月をやってます。
面白いけど、あたった役や場所で、やることも動きもさまざまなので、覚えたことも翌週にはまた忘れてしまい、頭どんより。
テンポよくやれたら、さらに楽しそうです。

Home | Category : 花など 植物    |  Trackback0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。