•        









  • 検索フォーム

  • プロフィール

    きあら

    Author:きあら
    京都とイタリア、クラシック音楽(とりわけポリーニの音楽)をとっても愛してます。美味しいものにも目がありません。植物もいろいろ育ててます。どうぞよろしく。

  • FC2カウンター

  • メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

  • QRコード

    QRコード

--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告    |  Trackback
2012/07/15(Sun)

祇園祭 菊水鉾のお茶席

昨日は、来迎院でのお茶会のあと、祇園祭にくりだしました。
お茶の友達と一緒だったので、「したたり」食べたいね~と、菊水鉾のお茶席に行くことに。
お茶会のはしごです。
といっても、こちらは、来迎院のお茶会と違って、観光客の方もたくさんおられますし、お茶券を買えば、だれでも気軽に参加できます。(受付で名前を墨書きすることもないし、作法もいらないし)

菊水鉾
菊水鉾
鉾の名は、かつて町内にあった、千利休の師が好んだといわれる名水「菊水の井」に由来します。それで、古くからお茶会が催されたのでしょう。

お茶席は、裏千家、遠州流、表千家と日によって担当が変わります。
菊水鉾 お茶席当番


お席はビルの二階。
菊水鉾 お茶席

亀廣永 したたり 菊水鉾
このお菓子が、亀廣永の「したたり」。琥珀羹です。
(ふつうの羊羹のように写ってしまった 実物は透明感あり!)

菊水鉾は、能楽、菊慈童の曲にある、菊の露のしたたりを呑んで七百歳の長寿を保ったという中国の故事にちなんだ鉾で、その菊の露の「したたり」にあやかって作られた不老長寿のお菓子が、この「したたり」です。

美しい琥珀色が涼しげです。(上の写真では、透明感が全くわかりませんが…
ぷるんと口に入ると柔らかくとけ、黒糖の上品な香りがひろがります。後味もさっぱり。

菊水鉾 お茶

「したたり」は、菊水鉾のお菓子ですが、お店では通年で販売されているようです。

菊水鉾 お皿

そして、お菓子をいただいたら、このお皿は持ち帰ります。
毎年色が違うので、集めても楽しいかもしれませんね。

         

今年の祇園祭は、宵々々山から宵山までの三日間が休日にあたっているので、日中から、すでにすごい人です。
本当は夜うろうろしたいのですが(祇園祭のお囃子がとても好きなので)、夜の雑踏を歩くのは、足の指が心配です。この上、踏まれでもしたらえらいこと!また骨折してしまうかもしれません!
なもんで、早い時間から始まる函谷鉾や菊水鉾の生お囃子を少々聴いただけで、そそくさとひきあげました。去年は、あんなに楽しかったのになぁブツブツ…。


スポンサーサイト
Home | Category : 京都の和菓子    |  Trackback0
2012/07/14(Sat)

泉涌寺塔頭 来迎院でお茶会

今日は、泉涌寺塔頭 来迎院で先生のお茶会があり、お稽古仲間と一緒に行ってきました。

九条通から泉涌寺道を上がり、泉涌寺本山の手前を左に入ると、ひっそり山中の雰囲気がただよいます。
この道であってた?と少々不安になるほどですが、橋の向こうに来迎院の門が見えました。

来迎院 門
大石内蔵助ゆかりのお寺です。

来迎院 含翠庭
茶庭「含翠庭」

来迎院 含翠庭 かえで
楓がたくさんあり、以前、秋に訪れたとき、綺麗だった記憶があります。

来迎院 含翠庭2

来迎院 含翠軒
境内には独鈷水と呼ばれる弘法大師由来の霊泉があり、茶庭奥に、大石内蔵助が建立した茶室「含翠軒(がんすいけん)」もあります。

来迎院書院
お茶会はこちらで。

今日のお茶会のテーマは「水」ということで、お花は羊草のつぼみが、ガラスの平たい花入れに飾られていました。
大変美しく、写真を撮れないのが本当に残念。
お菓子も「水」にかかわるもので、和久傳の「希水」(きすい)と、お干菓子は、鶴屋吉信の青かえでと夏越川でした。
希水は、季節限定で作られてるお菓子で、この夏中に食べたいなぁと思ってたので嬉しかった。
夏越川はコハク糖、青かえではお庭の楓を連想させます。
香合は舟。

いつものごとく、私はお花とお菓子のことばかりですが、お軸やお道具なども詳しければ、もっと楽しめるのがお茶の世界ですね。

いろいろ心配しながら行きましたが、立礼ということで、どうにか…。
楽しむこともでき、良い経験となりました。機会をつくってくださった先生に感謝です。



Home | Category : 京都の寺社・庭園・文化財    |  Trackback0
2012/07/07(Sat)

七夕のきんとん 七條甘春堂

七夕まつり 七條甘春堂
緑のきんとんは、「七夕まつり」 (七條甘春堂)。

笹に短冊がゆれています。
短冊には、笹に吊るす小さな穴も開いてますね。
中はつぶ餡。

今日は七夕なので、この間のお茶のお稽古でいただい七夕のお菓子を載せてみました。(水屋でパチリ!)

ちなみに、以前撮った写真ですが、七條甘春堂本店はこんなお店です。
国立博物館や三十三間堂のすぐ近くです。
七條甘春堂


七條甘春堂
京都市東山区七条通本町東入 西の門町五五一番地
 TEL 075-541-3771
http://www.7jyo-kansyundo.co.jp/


Home | Category : 京都の和菓子    |  Trackback0
2012/07/05(Thu)

ネジバナが飛んできた

ネジバナ1 ネジバナ2

今年もまた、ネジバナが咲きました。
チャイブの鉢にひょろりと二本。今年で二年目です。
去年のことをすっかり忘れていたので、数日前に見つけて、あらためてびっくり。
雑草かと引っこ抜こうと思ったらネジバナだった! と見つけ方も去年と同じだったのですが。

どこかから種が飛んできて、うちのチャイブの鉢に着地、その後は、チャイブ家に居候といった感じのこの二本。
増やしたいけど、植え替えしても大丈夫なのかなぁ、
どちらも多年草なので、しばらく同居しててもらおうかなぁ。

ネジバナ3
ネジバナ(捩花)は、別名モジズリ(綟摺)、ラン科ネジバナ属の多年草。
小さな花を接写して見てみると、なるほどラン科の花だとわかります。
地味な山野草ですが、綺麗に螺旋を描いて花をつけてる様がかわいいですね。




Home | Category : 花など 植物    |  Trackback0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。