•        









  • 検索フォーム

  • プロフィール

    きあら

    Author:きあら
    京都とイタリア、クラシック音楽(とりわけポリーニの音楽)をとっても愛してます。美味しいものにも目がありません。植物もいろいろ育ててます。どうぞよろしく。

  • FC2カウンター

  • メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

  • QRコード

    QRコード

--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告    |  Trackback
2012/05/29(Tue)

桜鶴苑 その2 植治の庭

桜鶴苑 その1 昼膳 の続きです。
湯豆腐御膳をいただいたあとは、楽しみにしてた七代目小川治兵衛のお庭へ。

玄関横から庭に入るとまず茶室があり、その先を曲がると、鮮やかな緑が目に飛び込んできます。
桜鶴苑1’

桜鶴苑庭1-2

桜鶴苑庭 松看居から

桜鶴苑庭滝
水の音は滝からだけではなく、あちらこちらから重なって聞こえてきます。
とても爽やか。

桜鶴苑庭2

桜鶴苑6

桜鶴苑庭4

桜鶴苑庭水

桜鶴苑庭5

実際は、写真よりはるかに美しいんですが…。


是非とも新緑の時期に行きたい!と思ってましたが、かなって良かった。
美しい新緑に、心地よい水の音、
目にも耳にも気持ちよい、明るく美しいお庭でした。
本当に気持ちよかったです。


今までに、七代目小川治兵衛の庭をいくつか見ましたが、どれも素晴らしく、訪れるたびにますます心ひかれます。
こんな素敵なお庭を作った方は、どんな人だったのだろう?と少し本など読んでみました。やはリ、素晴らしい人のよう、彼の庭のごとく。

「京都を昔ながらの山紫水明の都にかえさねばならぬ。」「皆さん、ごきげんよう。」
これが最期の言葉だそう。
素晴らしい人は、旅立ち方も素晴らしかった!


對龍山荘など、非公開の庭が多いですが、いつか見れたら…と願います。


桜鶴苑
京都市左京区南禅寺草川町55番地
 tel 075-771-4112
http://www.kyoto-okakuen.com

スポンサーサイト
Home | Category : 京都の寺社・庭園・文化財    |  Trackback0
2012/05/27(Sun)

吉田秀和さん F=ディースカウさんの訃報にふれて

先日ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウの訃報に接したところでしたが、今日は、吉田秀和さんが亡くなられたことを知りました。
普段、音楽会やCDの批評など余り読まない、気にしないというか、信じてない私ですが、吉田さんだけは別でした。尊敬してましたし、特に青春期には影響を受けたと思います。
吉田さんといえば、多くの人は、ホロヴィッツ来日時の、あの言葉を思い出されるでしょうが、私は、訃報に接し、まず思い出したのは、学生の頃に読んだ、まだクラシックをしてた頃のグルダ、新進気鋭のポリーニなどについて書かれた文章と、奥様を亡くされ落胆されてた頃のNHKの番組(悲しみが深すぎて音楽が聴けなくなった吉田さんが、ようやく聴けるよになったのがリヒテルのバッハの平均律だった)ことなどでした。
そういえば、平均律…、あれはその後どうなったのか?
ポリーニの平均律のCDが発売され、初めて聴いた時、「う~ん…」だった私は、同じくグールドやリヒテルの平均律が好きなはずの吉田さんがどう聴かれたか知りたくて、本屋でレコ芸を立ち読みしました。
しかし、吉田さんのコーナーには、「ポリーニの平均律の批評は先送りしたい」というようなことが書かれてるだけでした。
私は勝手に、なにか同じような感じ方をされたのではないか、だからすぐには書けなかったのではないか、と思い、その後の批評を楽しみにしてたのですが、いつしか忘れてしまっていました。
これが、私が最後に接した吉田さんかもしれません。
あの後、もし書いておられるなら、是非読みたいです。

F=ディースカウの訃報に接しては、『冬の旅』を聴きました。素晴らしい。
彼は、この曲集をいろんなピアニストの伴奏で何種ものCDを出してます。
私が持ってるのは、ポリーニが伴奏をしてるザルツブルグ゙音楽祭のもの(海賊盤)とペライア伴奏のもの。
ポリーニは、「素晴らしい体験だった」、といろんなところで語ってますが、私は、このCDを聴くたび、「一体、F=ディースカウは、この伴奏をどう思ったのだろうか?」といつも少々おかしくなりながら思ってしまうのです。
ポリーニの伴奏は、緊張感があり劇的で、転調の色彩感の変化もすばらしく、すごい演奏ですが、少しばかり歌付きピアノ曲のようでもある???
尊敬する歌手との共演を喜び、一生懸命演奏する若きポリーニが目に浮かびますが、F=ディースカウは、本当のところ、歌いやすかったのか?歌いにくかったのか???
共演するたびに、いろんなピアニストと、『冬の旅』の録音をしてるF=ディースカウなのに、大変話題になったこのザルツブルグ音楽祭での共演のあと、ポリーニとの録音はしませんでした。そんなこともあって、このCDを聴くと、いつもこんなことを考えてしまうのです。

吉田秀和さんも、フィッシャー=ディースカウさんも、私の中にいろいろ思い出があります。感謝とともに、ご冥福をお祈りいたします。


Home | Category : 未分類    |  Trackback0
2012/05/25(Fri)

桜鶴苑 その1 昼膳

今年こそ新緑の時期に行きたい!と思っていた桜鶴苑(おうかくえん)に行ってきました。

桜鶴苑1
南禅寺のすぐ西、湯豆腐の順正のお隣です。1200坪もあります。

表門から、長いアプローチを進み、
桜鶴苑アプローチ

ようやく門、
桜鶴苑門

桜鶴苑4

桜鶴苑 母家玄関
数寄屋造りの母家、看松居へ。

玄関を入ると、いきなり興奮です!正面に素晴らしいお庭が見えました!

桜鶴苑 母家から庭

そう!七代目小川治兵衛のこのお庭が見たくて、ランチにやってきたのです。
でも、お昼も美味しかったので、まずはランチから。
このお部屋でいただきました。

湯豆腐御膳のお品書き
桜鶴苑 湯豆腐御膳おしながき
(クリックで拡大)

順番に行きま~す。

桜鶴苑 湯豆腐御膳1

桜鶴苑 湯豆腐御膳2

桜鶴苑 湯豆腐御膳3
八寸は盛りだくさん!

桜鶴苑 湯豆腐御膳4
プリプリの鱸のお造り。
私のは、飾りの葉っぱがややしょぼいけど、友だちのは立派な葉っぱが見事に立って、まるで生け花でした。

桜鶴苑 湯豆腐御膳5
甘鯛柏饅頭蒸し。
蓋をあけると、大きな柏餅のようなものが。葉を開くと、こんな感じ。
おいしかった、京料理の蒸し物、とっても好き!

桜鶴苑 湯豆腐御膳6

桜鶴苑 湯豆腐御膳7

桜鶴苑はブライダルをされていて、バンケット用の建物が新しく建っています。
そちらもとても綺麗ですが、母家の方で、植治の庭を見ながらランチできて嬉しかったです。

食後は、お庭散策!
七代目小川治兵衛のお庭の写真は、次回アップします。良かったら見てね。


桜鶴苑
京都市左京区南禅寺草川町55番地
 tel 075-771-4112
http://www.kyoto-okakuen.com


Home | Category : 京都の和食    |  Trackback0
2012/05/20(Sun)

甘春堂 茶寿器など

またまたお久しぶりです。
ケガでこもってた3月以来、どうも書き癖がぬけてしまったようで、ブログ更新、さぼってました。今後はどうなるか…


これまた久しぶりの甘いもんの話です。
川端正面の甘春堂本店へ行きました。
甘春堂 本店

甘春堂店内1

甘春堂 干菓子

京都大好きな東京の友人に、何か京都らしい面白いものを送ろうと、思いついたのが甘春堂の有名なお菓子、茶寿器(ちゃじゅのうつわ)。ご存知の方も多いでしょう?

甘春堂 茶寿器

抹茶茶碗と干菓子のセットなんですが、お茶をいただいたあとは、なんと、このお茶碗も食べられます。
普通の箱入りと、桐箱入りがありますが、面白いので桐箱入りに。
何かいい物がきたのかな~と思ったら、な~んだお菓子なの???という感じで。

お茶碗は、かなりしっかりしてるので、何回かお茶を点てられると思います。
ご家族でお茶会したあとは、鏡開きのように、皆さんで割ってまた食べて、楽しんでいただけたらと思います。

そして、
自分用には、藤花文(ふじはなふみ)を買いました。

甘春堂藤花文

藤花文 甘春堂

ちょうど藤の季節だし(藤の花大好き)…と思ったけど、これは通年のお菓子でした。
なるほど、だから羊羹に栗も入っている。
藤は、店の紋なので、とおっしゃってました。

甘春堂 暖簾 藤紋

ついでに、以前から気になっていた甘春堂と七條甘春堂との関係も聞いてみましたが、「全く別の店です。」とのことでした。似たようなお菓子も並んでますがね…。
確かご兄弟のはず、別々にされてるんですね。
ご事情は知りませんが、思わず「一澤帆布」を思い出してしまった…。


私が送った茶寿器は抹茶茶碗ですが、他に、煎茶茶碗、コーヒーカップなどもあります。どれも食べられます。
甘春堂は、京都のデパートでは大丸に入ってますが、桐箱入りは置いてなく取り寄せになるので、自分で本店に行くことに。結果、面白かった。
いつも思いますが、便利という点ではデパート!だけど、やはり本店は楽しい!


甘春堂本店
京都市東山区川端通正面大橋角
 tel 075-561-4019
http://www.kanshundo.co.jp/


Home | Category : 京都の和菓子    |  Trackback0
2012/05/09(Wed)

蹴上浄水場のツツジ 一般公開

浄水場 ツツジ
ツツジの名所として知られる蹴上浄水場のツツジです。

いつも公開期間が短く行きづらいのですが、今年は、京都市の水道創設100周年ということで、一週間(5月11日まで)一般公開されています。

浄水場 ツツジ2

4600本ものツツジが植えられています。

ツツジのトンネル
ツツジのトンネル

浄水場 ツツジ4

浄水場 レンゲツツジ
レンゲツツジ

浄水場 ツツジ3

つつじはもちろん、山の新緑も高所からの景色もとても綺麗てした。

            

おかげさまで、だいぶ歩けるようになりました。
とはいえ、蹴上浄水場は広いし、山だし、これだけ歩くのは、ちょっと大変でした。
目下、散歩リハビリ中といったところですが、ちょっと頑張りすぎたかなぁ。


Home | Category : 花など 植物    |  Trackback0
2012/05/05(Sat)

石川県九谷焼美術館 

今年のGWは、足のこともあるし、近場の山代温泉に行って来ました。

山代温泉は、今まで何度も行ってるので、「魯山人寓居跡いろは草庵」も既に見てるし、他に特に見たいとこもないような…だったのですが、そのまま帰るにはもったいないほど天気が良く(GW前半に行ったので)、旅館で集めたパンフを見て、石川県九谷焼美術館に寄ってみることにしました。

着くなり、これは私の好きな美術館!と、ぴん!ときました、うきうき~
九谷焼美術館公園1
新緑の美しい広~い公園(古九谷の杜親水公園)と一体になった美術館です。

石川県九谷焼美術館

九谷焼美術館公園2
お弁当もってピクニックにも良さそう

九谷焼美術館公園4
公園には、こんな形の樋のようなものが沢山あり、水の流れが立体的にデザインされています。
この水のイメージは、美術館内の庭にも繋がってました。
九谷美術館公園4

九谷焼美術館公園3

石川県九谷焼美術館2
石川県九谷焼美術館
2階に、カフェとミュージアムショップもあります。
石川県九谷焼美術館3

ちょうど出てこられたご家族が、「誰の建築や?」「これは〝誰か〟やで~。誰が建てたんやろ?」とテンション高く話しておられたので、ますます期待高まる!

石川県九谷焼美術館4

常設展では、九谷焼の歴史などもわかりやすく紹介されていて、作品は、青手の間、色絵・五彩の間、赤絵・金襴の間、と3つの部屋に分類され展示されてます。
こうして見てみると、私が好きなのは青手だったのかな?青手古九谷、綺麗でした。
企画展は、『筒描と九谷焼 藍と五彩に込められた めでたき意匠』。

せっかく貴重な作品が展示されているのに、九谷焼に全く詳しくない私は、作品そのものより、美術館全体の雰囲気にとても魅了されてしまいました。

九谷焼美術館 中庭 水琴窟
中庭。本物は写真よりずっと素敵。水琴窟があります。

九谷焼美術館 椅子

たぶん、行った日も良かったのでしょう。
光と風が素晴らしい!
館内にも小さな庭がいくつかあり、座ってひとやすみしてると、風がふわ~と頬をなで、光がやわらかく差し込みます。
とても優しい感覚。きっと設計されたのは女性だなぁ、と思いました。


九谷焼美術館 庭 軒九谷美術館の入口



九谷焼美術館 北庭

九谷焼美術館 庭2


帰宅してから調べてみると、やはり女性建築家でした。
公園も含めた美術館の設計は、丹下健三門下の富田玲子氏、とありました。
しかも、風や光のことも書かれていて、ちょっとびっくりしてしまったのですが。

九谷焼は、以前は余り好きでなかったので、全くノーマークでしたが、のんびり一日過ごしてみたい素敵な美術館でした。


石川県九谷焼美術館
石川県加賀市大聖寺地方町1-10-13
 Tel 0761-72-7466
http://www.kutani-mus.jp


Home | Category : 美術展・伝統芸能・音楽会    |  Trackback0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。