•        









  • 検索フォーム

  • プロフィール

    きあら

    Author:きあら
    京都とイタリア、クラシック音楽(とりわけポリーニの音楽)をとっても愛してます。美味しいものにも目がありません。植物もいろいろ育ててます。どうぞよろしく。

  • FC2カウンター

  • メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

  • QRコード

    QRコード

--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告    |  Trackback
2012/04/20(Fri)

草喰 なかひがし

久しぶりの遊び目的の外出です
まだ歩くのは不自由ですが、タクシーなど使えばなんとかなるので、まだ元気だった頃に苦労して予約した草喰 なかひがし、キャンセルせずに行ってきました。

草喰 なかひがし

お竈はんで炊いたご飯に
「お竈はん(おくどさん)の御飯に、炭火の肴と 山野草を添えて」
と書かれてます。
毎朝、ご主人自らが山に入り、草やきのこを摘んで作られる料理はどんなでしょう。
おくどさんで炊いたご飯も楽しみです。
(ちなみに、ご主人のご実家は、摘草料理で有名な美山荘。)

なかひがし おくどさん

残念ながらカウンター席がとれなかったので、二階のお座敷に。
二階は二部屋あり、相席ではないので、残念とはいえ、ゆっくりできます。

では、お料理を順番に。

なかひがし1

なかひがし2

なかひがし3

なかひがし4

なかひがし5
お店の方が、急いで持ってこられた「米からご飯になる瞬間」のご飯
イタリアのリゾット風かな?

なかひがし6
只今、春の野山散策中といった気分になった一皿。

なかひがし7

なかひがし8

なかひがし9
やはり、ご飯美味しいですね。
お釜のまま運ばれてきましたが、写真撮り忘れました。

名物 いわしの丸干し は、いわし雲の浮かぶ青空に立ってます。
以前は、寝せてたけど、今年は辰年なので、昇り龍をイメージして立たせたそうです。かわいく見えるわ~。
なかひがし いわし

ご飯のあと、おこげを、お店の方が綺麗にはがして出してくださいます。
なかひがし10

最後はデザートですが、カウンターがあいたので、良かったら、最後だけでもカウンターでいかがですか?と言ってくださったので、そうさせてもらいました。
なかひがし11

お腹がいっぱいになってしまい、おくどさんのご飯が沢山食べれなかったのが残念でしたが、どれも素材が生き生き、とてもヘルシーで、体の中が綺麗になったのでは?と感じるお昼ご飯でした。
京料理や普通の和食とも違ったこんな日本料理もいいですね。
いただいてる私達も、ご主人と一緒に春の野山を散策してるかのようでした。


さて、こちらのお店は、予約が大変!とはきいてたけど、本当に大変でした。

最初に電話した時は、毎月1日8時から翌月の予約開始というシスムになっていて、来月のお昼はいっぱいです…と。
電話したのは、たまたま2日だったのですがね…。

普段、「予約困難」「行列」と聞くと、行ってみたいお店でもあっさり諦める私ですが、今回は、せっかく神戸から出て来てくれる友達も行ってみたい!と言ってくれてるので、とりあえず、3月1日朝8時から頑張ってみました。
しかし、全然繋がらん!
右手で家の電話、左手で携帯、両手でかけ続ける。
  「ネット販売なし」時のポリーニのチケット取り状態!
段々意地になってきて、かけ続けること1時間、ようやく繋がったときは、第二希望の日のみあいてたけど、カウンターは満席で、仕方なく二階の座敷で、ということになったのでした。

このように、初回の予約は苦労しましたが、一度利用すると、次回からは優先予約ができるそうです。
(それもかなり先までいっぱいでしたが)
ということで、帰りに9月の予約をしておきました。


   

やはり外の空気は良いですね。ヒノキ花粉は気になるものの、気持ちよかった!
自宅療養も、いいかげんうんざりなので、そろそろ外に出たいと思います。
現在のところ、散策は無理でも、飲み食い外出OK!ですので、よろしくね~


草喰 なかひがし
京都市左京区浄土寺石橋町32-3
 tel 075-752-3500

スポンサーサイト
Home | Category : 京都の和食    |  Trackback0
2012/04/05(Thu)

佳水園、葵殿庭園など

足の怪我をしてから一ヶ月たちましたが、まだ歩くのも大変だし、全くすっきりしません。
ず~っと家にこもってたけど、昨日はどうしてもはずせない用があり、久しぶりに外出、ウェスティン都に行きました。

それで、ここのホテルの佳水園や葵殿庭園のことを思い出しました。

足がこの状態の今は、お庭散策とは行きませんが、長くブログを更新してないので、おととし夏に見に行った時の写真を載せてみます。 



村野藤吾設計の佳水園
kasuien1.jpg
ここ、なんとホテルの7階です。
不思議な感じがしますよね。
ホテルに入ってエレベーターで7階にあがり、廊下を進み扉を開けると、ふつ~に地面がひろがってます。
ホテルが山際に建ってるので、7階から外に出ても地上、というわけなのですが。

有名な近代数寄屋造りは、泊り客しか入れないので、中は見られません。
kasuien2.jpg

でも、庭園はのぞくことができます。
kasuien3.jpg
佳水園庭園「植治の庭」
正面の巨大な自然岩盤を活用して作られた庭は、七代目小川治兵衛の長男 白楊の作庭。
琵琶湖疏水から水を引き入れています。

kasuien4.jpg
佳水園庭園「白砂の中庭」
昭和34年に、醍醐三宝院の庭を模して作られたもの。
左の緑は秀吉の馬印の徳利、右は杯、
白楊が作った庭から流れるせせらぎをお酒に見立てているそうです。
杯は、余り写ってないけど…。

kasuien5.jpg

kasuien6.jpg


また、ここから、七代目小川治兵衛の庭、葵殿庭園へも行けます。
kasuien7.jpg

kasuien8.jpg
雲井の滝

山に作庭にしてるので、サンダルでは歩きにくく、ちょっと大変だったけど、7階から歩いていくと、ホテルの5階に到着します。
葵殿庭園の出入口は5階にあるんですね。

なんだか不思議で面白い散歩でしたよ。
昨日も元気だったら、まわれたのになぁ。

とにかく、早くいつものようにうろうろしたいです。
同じ怪我を、同じ方法で治療したことのある知り合いによると、普通になるまで3ヶ月近くかかったとのこと。
お医者さんは、骨がつくまでやはり一ヶ月とおっしゃったそうですが、一ヶ月目は、まだ痛くて、「これ、本当に治る?」と思ったと言ってました。
まさに今、私がその状態ですねぇ。
今年の春は寒く、桜の開花も遅れると言われてたので、その頃には大丈夫かなぁと期待してたけど、とても無理でした。

ホテルから見えるインクラインの桜も、まだ全然。一帯ピンクになるには、もう少しかかりそうです。
(昨年のインクラインの桜はこちら


ウェスティン都ホテル京都
京都市東山区三条けあげ
TEL:075-771-7111
http://www.miyakohotels.ne.jp/westinkyoto/

Home | Category : 京都の寺社・庭園・文化財    |  Trackback0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。