•        









  • 検索フォーム

  • プロフィール

    きあら

    Author:きあら
    京都とイタリア、クラシック音楽(とりわけポリーニの音楽)をとっても愛してます。美味しいものにも目がありません。植物もいろいろ育ててます。どうぞよろしく。

  • FC2カウンター

  • メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

  • QRコード

    QRコード

--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告    |  Trackback
2012/02/27(Mon)

御池桜

寒さがもどってきました。
今朝はどんより雪も降りましたが、お昼前には、寒いながらも青空に。
御池通を歩いていると、御池桜が、青空をバックに綺麗でした。

御池桜2

なんか春のようですね。
でも、これは不断桜。
12月から4月の花のない時期に、健気に愛らしく咲いています。

御池桜3


御池桜4

あとひと月もすれば、桜の季節がやってきます。
寒さも、もう少しの辛抱!


スポンサーサイト
Home | Category : 花など 植物    |  Trackback0
2012/02/25(Sat)

京料理 藤本

久しぶりの京料理、今回は、着付け教室で知り合いになった友人と一緒です。
ということは…
そう!着物で行きました。

京料理 藤本
隠れ家のような 京料理 藤本
一階はカウンター席のみ、二階は座敷があるようです。

5000円の昼のお料理をいただきました。

京料理 藤本1
たぶん初めて食べた白子の唐揚げ(右端)、美味でした。

京料理 藤本2
大好きなお魚、のどぐろのお椀。

京料理 藤本3

京料理 藤本4
かぶら蒸し

京料理 藤本5
宍道湖でとれた白魚とおっしゃってたように思います。これ美味しかった。

京料理 藤本6

京料理 藤本7
蟹のごはん

京料理 藤本 デザート
ミルフィーユが出てきたのには驚き!
デザートは、五種から選べますが、甘いもん好きな私達は、全ていただきました。
とりわけ、赤ワインと抹茶(最中のなかみ)のシャーベットが、すっきりさわやかで美味しく、食事の最後にぴったりでした。

お料理の説明を忘れてしまったものもありますが、魚がどれも美味しかったです。
味付けは、わりとしっかり目のように思いました。
お昼は、2900円のコースもありますし、また行きたいです。


京料理 藤本
京都市中京区衣棚通三条下ル
       了煩図子町475-10
 tel 075-211-9105

Home | Category : 京都の和食    |  Trackback0
2012/02/17(Fri)

鶴屋吉信 お休み処・菓遊茶屋

こちらが、デパートなど全国に多くのお店がある鶴屋吉信の本店です。
鶴屋吉信本店

鶴屋吉信本店 店内


ここの二階にある茶寮、お休み処でお茶してきました。
鶴屋吉信 お休み処

鶴屋吉信 お休み処 のれん

鶴屋吉信 二階 お休み処

広い茶寮には、普通の席の他、目の前でお菓子を作って下さるカウンター席の菓遊茶屋や、茶室 遊心もあります。

鶴屋吉信 菓遊茶屋
菓遊茶屋
↑このあと、お着物姿の方たちがいらしてました。雰囲気あって素敵でした。

鶴屋吉信 茶室 遊心
茶室 遊心


菓遊茶屋で、生菓子作りを見て、できたてを頂くのも魅力ですが、ゆっくり喋りたかったので、普通の席へ。
お抹茶と生菓子をいただきました。

鶴屋吉信 生菓子6つ
生菓子は、この中から選びます。

友達は、求肥の紅梅殿
鶴屋吉信 紅梅殿

私は、こなしの千代椿
鶴屋吉信 千代椿

鶴屋吉信 薄茶

良い雰囲気で、ゆっくりお茶させていただきました。


さて、もうじきひな祭りですね。
お休み処にも、お雛様の掛け軸が飾られてました。

鶴屋吉信 お休み処 おひなさま掛け軸 きんとん
お供えの緑と桃色のお~きなきんとん、食べてみたい!
中央には、ち~さな巻き寿司もありました。←もちろんお菓子。
 
鶴屋吉信 雛祝い
雛祝い 巻き寿司も見えますね。

鶴屋吉信 右近左近 麩焼きせんべい
麩焼せんべい 右近左近

おひなさまのお菓子はかわいいですね。



鶴屋吉信本店 お休み処
京都市上京区今出川通堀川西入
 tel 075-441-0105
http://www.turuya.co.jp/index.html

Home | Category : 京都のカフェ・お茶    |  Trackback0
2012/02/15(Wed)

近為 お茶漬席でお昼ご飯

京都には、美味しいお漬物屋さんが沢山ありますが、中には、ごはんをいただけるお店もあります。
こちらもそんなお店、近為(きんため)です。
近為

近為 店内

お店の奥にある座敷、お茶漬席で、おつけものコース をいただきました。

近為 お茶漬け席 庭

近為 おつけものコース1 近為 おつけものコース 奈良漬の一口寿司
右の赤いお皿は奈良漬の一口寿司。奈良漬のこういう食べ方も美味しい!

近為 おつけものコース 白みそ仕立てのお雑煮
白味噌は本田味噌。焼き餅なのが珍しいです。
(↑京都のお雑煮は、お餅を焼かないので)

近為 おつけものコース 漬物盛り合わせ
色とりどりのお漬もんは、千枚漬け、赤千枚、ほし大根、しば漬け、ひのな、山芋、菜の花など。
家で、これだけの種類のお漬物を一度に並べるのはなかなか難しいですね。
器もかわいい。

近為 おつけものコース ちりめん山椒など
ご飯のおともに、千切り大根や、ちりめん山椒も。

まずは普通にご飯でいただき、最後にお茶漬けにしました。
私自身は、お茶漬けでしゃぶしゃぶ食べるより、普通の白ご飯で食べる方が好きだけど、とにかくご飯がすすみます。

「日本人で良かったね~」という女の子達の声が、隣のテーブルから聞こえてきましたよ。
ほんまやね~、日本人で良かった!
ほかほかご飯にお漬けもの、美味しいもんね。
歳とともに、ますます好きになってきたお漬け物、ここ数年、私もぼちぼちぬか漬けを作っております。かなりいい加減にしてるけど、それでも結構美味しくできるので、最近は糠床育てるのもなんだか楽しくなってきた~。

近為 すぐき
帰りに、お店の方で買った丸のままのすぐき(すぐき大好き) 
これ美味しかったです!

近為
京都市上京区千本通五辻上ル
     牡丹鉾町576
 tel 075-461-4072
http://www.kintame.co.jp

Home | Category : 京都の和食    |  Trackback0
2012/02/11(Sat)

妙心寺 隣華院

昨日にひき続き妙心寺です。
今日は隣華院。

妙心寺 隣華院
隣華院は、1599年に、武将 脇坂安治が創建した妙心寺の塔頭寺院です。

妙心寺 隣華院2

妙心寺 隣華院3

妙心寺 隣華院4

妙心寺 隣華院庭

妙心寺 隣華院手水鉢

妙心寺 隣華院手水の氷柱
手水鉢に張られた水、凍ってます。
落ちる水も、棒状に凍っているのがわかりますか?
流れてるのではなく、カチコチに固まってる!さむ~。

隣華院のみどころは、長谷川等伯と狩野永岳の障壁画。
金泥に墨のみで描かれた長谷川等伯の「水墨山水図」(重文)や、狩野永岳の「四季花鳥図」「西園雅集図」「紅葉図」などがあります。

「京の冬の旅」のパンフの表紙にもなってます。
2012年 京の冬の旅パンンフ

驚いたのは、狩野永岳の金地極彩色の襖絵の鮮やかさ!
とても200年前のものとは思えません。
修復もしてないのに何故?
使われている絵の具が岩絵の具で、退化しにくい鉱物質だから、とのこと。
また、普段非公開でしっかり管理されてることにもよるようです。

それにしても…
冬のお寺は寒いですね。
凛とした空気は好きだし、雪景色も見てみたいけど、寒さが苦手な私にはやはり厳しいわぁ。

Home | Category : 京都の寺社・庭園・文化財    |  Trackback0
2012/02/10(Fri)

妙心寺 玉鳳院

妙心寺南総門 2012年2月
妙心寺南総門

妙心寺仏殿と法堂 2012年2月
仏殿と法堂

去年も寒い時に妙心寺に行きましたが(東林院の「小豆粥で初春を祝う会」)、今年も行ってきました。
今回はお粥ではなく、「京の冬の旅」で特別公開されてるお寺(玉鳳院と隣華院)の拝観です。

まずは、玉鳳院(ぎょくほういん)。
妙心寺 玉鳳院前

妙心寺 玉鳳凰院入口

玉鳳院は、花園法皇が建てた妙心寺最古の由緒ある塔頭寺院です。
開山の塔所、微笑庵(みしょうあん)があり、聖なる所として別格に扱われています。
(この開山堂は、室町中期の唐様建築で重文)

庭は、枯山水庭園、関山慧玄が亡くなられた霊地である風水泉の庭、多くの石が置かれた山岳風の庭園があります。

妙心寺 玉鳳院 龍
これは看板の写真ですが、狩野安信、益信の襖絵も見られます。

庭も全て撮影禁止だったので写真はありませんが、妙心寺の中でも別格、神聖とされる特別な空気が感じらるお寺でした。
寒いながらも日当たりも良く、気持ちもよかったです!

Home | Category : 京都の寺社・庭園・文化財    |  Trackback0
2012/02/06(Mon)

「阿闍梨餅」の満月の「満月」

あじゃりもち
もちっとした皮でつぶ餡を包んだ、おなじみ満月の阿闍梨餅、
美味しいですよね、京都の人にも観光客にも人気です。

何年も前になりますが、ある方から、「阿闍梨餅」と「満月」という焼き菓子の詰め合わせをいただきました。
阿闍梨餅はもちろん大好きでよく知ってますが、焼き菓子「満月」は初めて。

店名と菓子名が同じなので、少々ややこしいですが、このお菓子の「満月」、一見、よくある普通のま~るいお菓子なんですが、ちょっと違う。質感とか形とか。
見た目が、シンプルながら美しく品もある。

美肌の(?)しっかりした皮が美しい丸い形を作り、色はうっすら黄みががって、これ、まさに「京の中秋の名月」
食べてみると、皮はやや硬く独特な食感でした。中は白小豆のこし餡で、皮のせいか、やや洋風にも思えるお味でした。

その後、もう一度食べたくてデパートに買いに行ったのですが、どこにもない

京都では、高島屋も大丸も伊勢丹も阿闍梨餅のお店がありますが、焼き菓子「満月」はどこにもありません。
尋ねると、本店のみの扱いとのこと。しかも、作ってるのは土日祝のみ。
皮を作るのが難しく、量産できないらしい。(やはり、あの皮かぁ…)
では、そのうち本店へ行こ!と思いつつ、時はたち…忘れてました。

それが、昨日の日曜、京大博物館にヴァザーリ展を見に行くことになり、ふと思い出したんですよ。
満月本店すぐ近くやわ!と。
この辺りも、よくうろうろしてるのに、なんで長年忘れてたのか…。

満月本店
阿闍梨餅本舗 京菓子司 満月本店


満月 九條家御用 満月 宮内省御用品

満月(店名の方)の創業は江戸末期。
商品は、阿闍梨餅、満月、京納言、最中の4種のみ。
「一種類の餡で、一種類の菓子しかつくらない」など、大変こだわりのあるお店のようです。

これが↓焼き菓子の「満月」。
満月の満月 箱6個入り

以前食べた時は知りませんでしたが、旧九條家御用達のお菓子です。
九條家といえば、現当主は平安神宮の宮司さんですね。

満月の満月
↑上手く撮れなかったけど。
久しぶりに食べた満月は、記憶より餡が甘かった


満月本店
京都市左京区鞠小路通り今出川上ル
 tel 075-791-4121
http://www.ajyarimochi.com

Home | Category : 京都の和菓子    |  Trackback0
2012/02/01(Wed)

Cafe' Bibliotic Hello! (カフェ ビブリオティック ハロー!)

このカフェ、覚えてますか?
バナナのカフェ冬
寒い時なので、バナナの木がちんまりしてますね。

でも、この元気一杯!のバナナの木を見たら、思い出して下さる方もいるかもしれません。
カフェ ビブリオティック ハロー 10月
おととし9月に撮った写真です。
Cafe' Bibliotic Hello! (カフェ ビブリオティック ハロー!)、
『バナナの木がある町屋カフェ』というタイトルでのせました。

比べるとよくわかりますね。今はずいぶん地味なたたずまいです。
しかし、散髪後(?)の冬のバナナの木も健気でかわいいわ~。

    追記
    その後、ここを通るたびに思うのですが、この木、バナナの木ではなく、
    芭蕉の木だと思います。
    ちがってるかもしれないけど…たぶん。



このカフェ、よく前を通るのでずっと気にはなっていたものの、学生さん向きの店かと思って、一度も入ったことありませんでした。
この日は、友達と一緒にたまたま通りかかったので、面白そうなカフェやね~ということで入ってみました。

ビブリオティック ハロー店内

バナナのカフェ 店内ソファー

良い雰囲気ではありませんか。大きな本棚があり図書室風。庭にもバナナの木あり。

バナナカフェ1階二階 バナナカフェ 二階
二階はこんな感じ。おもしろい。

お腹いっぱいだったので、お茶だけにしましたが、周りの人達に運ばれてくるスイーツや軽食も美味しそうにみえました。(丸ごと焼きりんご食べたい!)

長居しまして…

お客さんは、夕方までの時間帯は、どちらかというと若い人が多かったですが、夜になると年齢層があがってきました。
まぁ、要するに、余り歳を気にすることなく行けるカフェのようです。

帰りに、カフェの中のベーカリーで(外から見ると、カフェの隣)、いくつか買って帰りました。
バナナのカフェ パン

バナナのカフェのパン屋
こちらのベーカリー、夕方が一番品揃えが良いそう。普通のパン屋さんと逆ですね。こんなところも面白くていい! また行きます。


Cafe' Bibliotic Hello! (カフェ ビブリオティック ハロー!)
京都市中京区二条通柳馬場東入ル
          清明町650
 tel 075-231-8625



Home | Category : 京都のカフェ・お茶    |  Trackback0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。