•        









  • 検索フォーム

  • プロフィール

    きあら

    Author:きあら
    京都とイタリア、クラシック音楽(とりわけポリーニの音楽)をとっても愛してます。美味しいものにも目がありません。植物もいろいろ育ててます。どうぞよろしく。

  • FC2カウンター

  • メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

  • QRコード

    QRコード

--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告    |  Trackback
2011/05/30(Mon)

パウル・クレー展のポスター当たった!

5月15日まで京都国立近代美術館で開催されてたクレー展のポスターが当たり、先日取りに行ってきました。
(『パウル・クレー おわらないアトリエ』を見に行った時の記事はこちら

パウル クレー おわらないアトリエ
これ、なかなか大きいんです。約72cm×50cm

実は…
開催中、初めて町中でこのポスターを見たとき、「なんて地味!」と思ってしまった
だって、色なさ過ぎでしょ。ポスターなんだし、もっと色の綺麗な作品を使ったらよいのに…と。
でも、不思議なもんで、何度も見かけるうちに、感じ方も変わってきました。

ポスターに使われてる絵は、『綱渡り師』という油彩転写の作品で、これはとても好き。
この類のクレーの絵を見ると、私はしばしば、ポリーニの伯父さんでもあるイタリアの彫刻家ファウスト・メロッティの作品を思い出します。
私には、クレーとメロッティには、なんらかの共通点があり、「同じ世界の人」という感じがするのですが。

さて、このポスター、実は額縁屋さんに持っていって、絵だけ切りとって、マットを敷いてもらい、「クレーの絵の額」にしてしまおうかとも思ったのですが、せっかくの京都でのクレー展のポスターだし、このままにすることにしました。思い出にもなるし。

そして、このポスターを見ながら思い出したのは…
昔、祇園の何必館 京都現代美術館で開かれたクレー展。
これはとても素敵な展覧会でした。
あれで、私はクレーを好きになったんだと思います。

何必館でのクレー展というと、続いて必ず思い出すのが、展覧会開催にかかわられた土肥先生。
あの時は、土肥先生に招待券をいただき、見に行きました。
もうずっと前に亡くなられてしまいましたが、クレーというと、必ずこの先生を思い出します。人間的にも本当に素晴らしい立派なお方でした。

あの時、先生は図録に文章を書かれたようだし、NHKの日曜美術館にも出られたのに、何故か、私はどちらも見逃した。
先生がクレーをどのように感じ、どんな話をされたのか…。 今さらながら、残念に思います。
これを機に、先生の本を読んでみよう。

(あのぉ~、勘違いのないよう一応書いときますが、お分かりとは思いますが、私は残念ながら京大の出身ではありませんよ~

ポスターの額は、今はまだ、二階上がったところの壁に立てかけて置いてあります。
通るたびに眺めてると、またさらに気に入ってきました。
『E. 附近の風景(バイエルンにて)』のポスターと選べたのですが、『綱渡り師』にしてよかった。当たって嬉し~!


スポンサーサイト
Home | Category : 美術展・伝統芸能・音楽会    |  Trackback0
2011/05/27(Fri)

六盛の手をけ弁当

たぶん高校の頃以来の、うん十年ぶりの六盛です。

六盛ろくせい

六盛といえば、手をけ弁当。
香りの良い黒豆茶と何とか豆腐(忘れてしまった...)の後、手をけ弁当がやってきました。

手をけ弁当

手をけ弁当2
鰆の味噌漬け、穴子の八幡巻き、ウニの和え物、だし巻き玉子、南瓜や小芋の炊いたんなど、今、写真で数えたら17種ぐらいあるでしょうか。
お弁当は、品数が多いと嬉しいですね。
他に、豆ご飯とお味噌汁が付いてます。

ところで、器になってるすべすべの手桶ですが、これもしっかり眺めて触ってみないともったいないです。
何故なら、人間国宝の中川清司さんの手により作られたものだから。

桶裏 人間国宝中川清司

テレビで、中川さんの作品を見たことがありますが、それはそれは美しかった。
人間国宝でもあるその方が作られた桶で、気軽にお昼ご飯! 
これもまた嬉しいではありませんか。

ただ…
少し残念だったのは、内側がコーティングされてたこと。
六盛での使用頻度を考えると、こうせざるを得ないのかもしれませんが、これでは香りも移らないですよね...。
な~んてことをちらっと思ったりもしましたが、昼からビールで美味しくいただきました。


六盛
京都市左京区岡崎西天王町71
 tel 075-751-6171
http://www.rokusei.co.jp/


Home | Category : 京都の和食    |  Trackback0
2011/05/23(Mon)

南禅寺界隈別荘群のひとつ 流響院

お天気に恵まれた土曜日、流響院を見てきました。

昨年のお正月に、NHKの特番、『京都・南禅寺界隈 山紫水明のユートピア』という番組を見て(その後、ワンダーxワンダーなどでもやってました)、こんな所に、こんな美しい別天地があったのか、と驚いた南禅寺界隈の別荘群。
観光ガイドブックにも載ってないし、普段、一般公開もされてません。
いつか見たい!と思ってたところ、流響院の春の一般公開の抽選に当たり、行ってきました。

流響院は、二条通の東のどんつき、白川通にぶつかる辺りにあります。
流響院

この↓門をくぐりお庭に入ると...
流響院庭へ
まさに別天地!
数寄屋造りの建物と、七代目小川治兵衞「植治」が手がけた美しい池泉回遊式庭園がひろがります。

と、ここで写真を載せたいところですが、庭園内は撮影禁止でした。
一応パンフの写真(下は秋の景色のようですが)を撮って載せておきます。
 
流響院パンフ滝

流響院 パンフ

東山と一体になったお庭のな~んと気持ちよいこと!!!
澄んだ空気に新緑が美しい。
琵琶湖疏水から引かれた水の流れは清らかで、滝の音も耳に心地よく、時おり鳥のさえずりも聞こえます。
大変静かで、騒々しい白川通がすぐそことは思えません。


ここで少し流響院の過去を振り返ってみますと...
100年余りの間に、その名称も様相も、所有者が変わるたびに大きな変化にみまわれました。

塚本与三次の「福地庵」(ふくちあん)
    ↓
三菱グループ総帥 岩崎小弥太の「巨陶庵」(ことうあん)
    ↓
米軍の宿舎として進駐軍に接収され洋風に改築。茶室はバス・トイレに
    ↓
㈱龍村美術織物の「織寶苑」(しょくほうえん)
 ヒッチコックやチャップリンなども来訪
    ↓
真如苑に譲渡
「巨陶庵」期の資料をもとに復元、修復して「流響院」に

このように、所有者の目的に合わせ変化を強いられた建物と庭は、2009年11月に復元修復を終え、現在の姿となりました。


今回、庭を案内して下さったのは、修復に携わり、管理されている庭師の方だったので、お話もとても興味深かったです。
資料をどのように解き元の姿を探ったか、東山の借景をとりいれるためになされた細やかな工夫、ひらめきの廃物利用、木の話...などなど。
小川の底に敷く小石を一粒づつ選別された話にはびっくり!でした。

それにしても、東山連峰を借景とした奥行きのある風景は本当に素晴らしい。
庭師の方が「ただの借景ではなく、山をとりこんでいる借景、生きた動きのある借景」と表現されてましたが、まさにそんな感じでした。

最後に、腰かけて建物から東山と庭を眺めつつ、管理されてる方の話をゆっくり伺いました。
夏の力強い庭、秋の美しい紅葉、冬の靄立ち込める幻想的な風景、池に映る月など...
美しい情景を思い浮かべ聞いていると、時おり、山から心地よい風がふわぁ~と吹いてきます。この気持ち良さったらありません。これぞ至福の時!でした。


Home | Category : 京都の寺社・庭園・文化財    |  Trackback0
2011/05/19(Thu)

紫竹庵 大徳寺納豆のお菓子たち

紫竹庵の大徳寺納豆を使ったお菓子を三種。

まずは、こちらが大徳寺納豆、
大徳寺納豆
中国から伝来し、紫野、大徳寺に根付いた大豆の発酵食品です。
塩味で独特の風味があり、普通の糸引き納豆とは全く別物。

この独特の強い香り、私はちょっと苦手...
でも、お菓子だと、また違った味わいがあります。

てっぺんに大徳寺納豆をのせたお饅頭は、雲水(うんすい)。
雲水
中はあっさりしたこし餡です。
一粒の納豆が、お饅頭の甘みに独特の風味と塩味を添え、一味違ったお饅頭に。
私にはちょうど良いけど、大徳寺納豆が大好き!という人には、物足りないかもしれませんね。

こちら、右が松韻(しょういん)、左が有平糖
松韻 有平糖
松韻は、大徳寺納豆を練り込んだ餡子を、黒砂糖、寒天、メレンゲの皮で包んだお菓子です。形は松ぼっくりですね。
これは、雲水に比べると納豆の風味がより感じられますが、食べにくいことはありません。半生菓子で、食感もちょっとおもしろいです。

有平糖は、砂糖と納豆を混ぜ合わせてつくられてますが、納豆は隠し味といった感じ。かわいいお味で、これ好きです。

紫竹庵
紫野にある紫竹庵

デパートでは、伊勢丹京都に入ってますが、有平糖は置いてなかったような気が…。
雲水と松韻は見た覚えがあります。


紫竹庵
京都市北区紫野下御輿町28
 tel 075-493-9797
http://www.shichikuan.com/index.html


Home | Category : 京都の和菓子    |  Trackback0
2011/05/16(Mon)

もみじの竹とんぼ

もみじ竹とんぼa
新緑の美しい頃となりました。
もみじの木にも、竹とんぼのような種ができてきました。

プロペラのようでもありますね。
もみじ竹とんぼb

いつか空飛ぶ日を夢見てる?
もみじ竹とんぼc

秋には、風に乗って旅立つのでしょうか。
抜群にかわいい種です。
今年は拾って植えてみようかなぁ。
今風の盆栽仕立て(昔風のおっさんぽいのではなく)にしてみたい。


Home | Category : 花など 植物    |  Trackback0
2011/05/11(Wed)

金沢の銘菓 森八の長生殿

金沢の話題が続きますが、もう一つ。お菓子の話。

観光スポット、ひがし茶屋街を歩いてると、ちょっと気になるお菓子屋さんが。
店頭に、1625年創業、加賀藩御用菓子司と書かれています。
きっと地元で有名なお菓子屋さんだと思い入ってみました。

森八茶寮
文政の菓子司 森八茶寮
↑これが、ここ、ひがし茶屋街の森八の店名のよう

中は、手前が店舗、奥がお茶とお菓子がいただける茶寮になっています。
お店の方に、いくつかのお菓子の説明を聞きましたが、こちらで最も有名なお菓子といえば長生殿!!!とのこと。

森八 店内

和三盆を使った紅白の落雁。墨のよう。
きりっとした形も、長生殿と書かれた字もいい。
大きさは(箱ではなくお菓子そのものの大きさ)、大小あり、見た目は大きい方が美しかったけど、ホテルで食べるおやつなので小の6本入りを買いました。

長生殿 小6本

ホテルのティーバッグ緑茶でいただきました。
しっかりした形なので、始め、こきん!それからじんわり、しゅわ~と和三盆の味が広がります。
三百年前に食べた方、美味しかったでしょうね、特別な人だけが食べられる極上のお菓子だったのがわかります。

そして、お菓子のしおりを読んで、驚き!
この『長生殿』という字、小堀遠州の筆だそうです。

京都で、小堀遠州の有名な庭園や茶室(南禅寺塔頭 金地院の八窓席は創意工夫に溢れてて面白かった!)などを見まして、この人にはとってもを興味持っていたので、金沢で、こんなふうに突然出会って、びっくりしてしまいました。

家に戻ってから、残ってた長生殿でもう一度パチリ。
ちょっとぶれたけど、字が良く見えるでしょ。
長生殿 紅白

長生殿は、日本三名菓の一つだそうです。
同じく三大名菓とされる風流堂の「山川」は、去年のGW、松江に行った時に食べましたが、写真は撮らなかったようでありませんでした。撮っておけば良かったなぁ、残念。
まぁ、三名菓に何が入るかは、諸説あるようですが…。
日本人は、「三大何とか」、好きですね。


森八
http://www.morihachi.co.jp/index.html


Home | Category : 未分類    |  Trackback0
2011/05/07(Sat)

金沢21世紀美術館

できた時からずっと行きたかった金沢21世紀美術館!ようやく行ってきました。

金沢21世紀美術館

GWとはいえ、ほんとすっごい人でびっくりでした。
現代美術で、これほどの人が集まるって、普通ありえない!

でも、入って納得です。だって、楽しいんだもん。
地元の人も、旅行者も、小さな子供も、家族連れも、カップルも、皆が楽しめる場所、まさに「人が集まる場所」になっていました。
普通の美術館とは、コンセプトも作りもちょっと違いますね。

行った日は、有料無料、いくつもの展覧会があり、恒久展示の作品は、中だけでなく外にも。長時間滞在して、ぐるぐる周りましたが(中は結構複雑。でも自然光が気持ちよい美術館です)、それでも見逃しものがあるかもしれません。

写真撮影OKなものも、いくつかあったので、見て下さい。

『カラー・アクティヴィティ・ハウス』
21世紀美術館 カラーアクティヴィティハウス
外にある作品。子供達が走り回ってました。渦巻きを進むと色の重なりが変わり、景色も違って見えます。光の加減でも変化が楽しめます。


『アリーナのためのクランクフェルト・ナンバー3』
21世紀美術館ラッパ2

21世紀美術館ラッパ
始め、てっきりアートした灰皿かと思ってしまいました。
このラッパは、美術館を取りまく庭のあちこちにニョキニョキあって、ペアになったもの同士だと声が聞こえるんです。
そのペアがどこにあるかはわからない。
私も、試しに「こんにちは~」と言ってみたら、どこからか、おじさんの声で「こんにちは~」とお返事が!
このアナログ感がいい!地中から響いてくる声は、不思議な感じです。どこから、どのように来たのか…ちょっとわくわくしました。
子供も大人も顔をつっこんでる様も、見てて可笑しいです。


『スイミング・プール』
21世紀美術館 プール
上から見ると、水の中に人が閉じ込められているようですが、透明のガラスの上に約10センチほど水が張られているだけ。内部に入って、閉じ込められた人にもなれます。


『雲を測る男』 屋根の上にあります。
雲を測る男 雲を測る男2


『ラッピング』
ラッピング
 子供が楽しげに遊んでました。おばさんではありますが、ちょっと入ってみました。


『MADE IN JAPANの置時計 1960年代を中心に』
21世紀美術館 時計
こんな時計、昔あった、というようなものが並んでました。ちょっと懐かしい。


『ピーター・マクドナルド: 訪問者 』この展覧会は何故か写真撮影可でした。
21世紀美術館 マクドナルド
この小さな絵の中に、マチスのアトリエ発見。小さくてかわいい~!絵の中にうちでも飾ってるブルーヌードがちっちゃくちっちゃく描かれてたので気づきました。車椅子、鳥かご、鋏、色紙…マチスですね。どれか見えますか?


『イェッペ・ハイン 360°』
イエッペ ハイン 360℃
これは写真禁止の有料展覧会。
体験できる作品もあり、面白かったです。
『見えない迷宮』はしつこくやってしまいました。
変な動きをしてる人達を外から見てると、それ自体もアートのよう。

他にも面白いものがいろいろあったけど…

美術館って、結構疲れますよね。そんな時は、館内あちこちに置かれた椅子で休憩するのもおすすめです。
なんせ、これらも有名なデザインチェアですから。お尻や背中も楽しめますよ。

スタルク ラ マリー
スタルクの ラ・マリー
あの通称うXこビル(東京のアサヒビールのビル)を設計した人ですね。

SANAA ラビットチェア
ここの美術館を設計したSANAA(妹島和世と西沢立衛の建築家ユニット)の椅子
   

21世紀美術館 友禅 マイケルリン

マイケル リン SANAA
壁はマイケル・リンの作品。ロッキングチェアはSANAAとリンとのコラボ

アートライブラリー スワンチェア
アートライブラリーは、カラフルなスワンが点在。
赤、青、黄、パープル、グレー…などなど。

21世紀美術館 車椅子4 21世紀美術館 車椅子3
車椅子もこんな!

アントは三本脚も四本脚もあったし、他にも素敵な椅子がいろいろありました。


ラ フォル ジュルネも(コンサートはここでもあったようです)、ここも面白かった!
金沢の文化、芸術に対する取り組み、素晴らしいです。そのパワーと勢いに驚かされました。


金沢21世紀美術館
金沢市広坂1ー2ー1
 Tel 076-220-2800
http://www.kanazawa21.jp/index.php


Home | Category : 美術展・伝統芸能・音楽会    |  Trackback0
2011/05/06(Fri)

ラ・フォル・ジュルネ金沢「熱狂の日」音楽祭2011

毎年GWはどこか旅に出かけてましたが、今年は震災のこともあり、ぎりぎりになって、近場の温泉でも行くか~ということになりまして。
一泊というのもさびしいので、足を伸ばして、金沢まで行ってきました。
金沢駅
↑JR金沢駅前

金沢21世紀美術館に一度行ってみたかったんです。
金沢は、たぶん2度行ったことがありますが、その頃、この美術館はなかったので。

それから、どうせ、金沢に行くなら、もう一つ!
オーケストラ・アンサンブル金沢が聴きたい。
事前に公演予定を調べたら…
ひぇ~!!!金沢のクラシック音楽、すごいことになってました。

GW中に、クラシック音楽の大祭典、ラ・フォル・ジュルネ金沢「熱狂の日」音楽祭2011というイベントが開かれていました。
僅か数日に、100以上ものクラシック コンサートがあるんですよ!

その中に、もちろん、アンサンブル金沢もあったので、やったぁ!と思いましたが、その時点では、この音楽祭にも、他のコンサートにも特別な興味ありませんでした。
しかし!
行ってみると、すっかり関心して、楽しんでしまいました。

ラフォルジュルネ金沢2011

さて、このラ・フォル・ジュルネ、一体どういうものかというと
フランスのナントという町で誕生したクラシック音楽祭で、2005年に東京に上陸、その後、2008年に金沢、2010年に新潟、びわ湖と拡がりました。

普通のクラシック音楽祭とちょっと違うのは、
1公演が45分ぐらいの短さで、低料金。
いくつかの会場で併行して開かれるコンサートと、町のあちこちで開かれる無料コンサートを合わせると、ものすごい公演数に。
だから、歩いてると音楽に出くわし、結果、ハシゴしてしまう。
まさに名前の通り、情熱的でクレージーな町をあげての音楽のお祭りです。

金沢では、上陸以来毎年開かれ、今年で四回目だそうです。
今年のテーマはシューベルト。

石川県立音楽堂あたり
いたる所に、このポスターとチラシが後ろに見えるのが石川県立音楽堂。

主に、4つの会場で朝から晩まで開かれるコンサートの他、例えば、JR金沢駅周辺では、音楽堂前、駅、地下、ホテルのロビーなどで無料コンサートもたくさん催され、いつもどこかで何かやってる、といった感じ。
震災のチャリティコンサート、池辺晋一郎さん、三枝成影さん、青島広志さんなど、TVでもお馴染みの方のトーク付きコンサート、キッズプログラムなど、クラシックファンも、普段クラシックなんて聴かない人も、老若男女楽しめるつくりになってるんです。

ブラス
音楽堂前で開かれていた無料のコンサート。すごい盛り上がりでした。

とにかくパワーを感じました。
どこも多くの人が集まってて、楽しげでノリノリ。←半端じゃなくのってました。
東京以外の町で、クラシックで、これほどの人を集めることができるとは驚きました。

福島の原発事故で、来日公演をキャンセルした音楽家も多かった中、この音楽祭には海外からも多くの音楽家の方々が参加されてました。ありがたいことです。

そうそう、オーケストラ・アンサンブル金沢、評判通り魅力的なオケでした。
ビロードのような、熟成したワインのような、深みのある柔らかな弦の響き、ヨーロッパのオケのようでした。県立音楽堂コンサートホールの音響も良かったです。


21世紀美術館でも、すっごく楽しみましたが、長くなったので次回にします。


Home | Category : 美術展・伝統芸能・音楽会    |  Trackback0
2011/05/04(Wed)

再び亀屋伊織

私にとって長年開かずの扉だった亀屋伊織さん、
その扉がようやく開いたのは、ほんのニ週間ほど前のことでした。
(その時のお菓子はこちら
そこまで、ほ~んと長い年月だったというのに、縁ありまして、再び伊織さんいただきました。

再び亀屋伊織

旅行へ行ってたので載せるのが今日になってしまいましたが、4月の末にいただきました。

箱を開けた時は、きれいな色にうわぁ~!
味噌餡をはさんだ煎餅もなんともおいしかったです。
繊細で上品なお味です。

季節に合わせて、一体、何種類ぐらいのお菓子を作っておられるのでしょうね。


亀屋伊織
京都市中京区二条通新町東入ル
 tel 075-231-6473


Home | Category : 京都の和菓子    |  Trackback0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。