•        









  • 検索フォーム

  • プロフィール

    きあら

    Author:きあら
    京都とイタリア、クラシック音楽(とりわけポリーニの音楽)をとっても愛してます。美味しいものにも目がありません。植物もいろいろ育ててます。どうぞよろしく。

  • FC2カウンター

  • メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

  • QRコード

    QRコード

--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告    |  Trackback
2010/08/31(Tue)

高瀬川

前回にひきつづき、今日も高瀬川です。
(前回の高瀬川一之船入こちらへ

高瀬川は、江戸時代初期(1611年頃)、京都の中心部に物資を運び入れるため、角倉了以(すみのくらりょうい)により開削された運河です。
完成により、京都中心部と大阪が水路で結ばれ、物資輸送に画期的な変革をもたらしました

森鴎外の『高瀬舟』や、平野啓一郎の『高瀬川』など、小説もありますから、きっと京都以外の方も、この川の名をご存知の方は多いのではないかと思います。

私は、高瀬川というと、四条や三条木屋町あたりを歩く時に、何気なく見てるだけで(桜や柳も綺麗)、もっと上流、源はどうなってるか?といったことは、特に考えてみたこともありませんでした。
しかし、一之船入へ行って、遅ればせながら「なるほど!」と気付きました。

四条木屋町辺りでいつも見ていた高瀬川、木屋町通沿いに見える最上流はここでした!
高瀬川1

日銀の裏門、角倉了以邸址の石碑があるところで暗渠になります。
一之船入角倉了以邸址 日銀

知らなかったなぁ…まぁ、木屋町通は二条通で終わってるのだから、それを思い出だせば、そう驚くことでもないのですが…。

        鷺 高瀬川2
        暗渠になるあたりで鷺がえさをとってました。
        前回書いた復元された高瀬舟も、ここにあります。


先に進みます。
川の流れと逆行して、下流から上流へ上がる進み行きになりますが、ここから暗渠となり見えなくなった高瀬川は、木屋町通を横断します。

それから、一之船入(木屋町通西側)から少し上がった、現在はがんこ高瀬川二条苑(木屋町通東側、角倉了以別邸跡)の高瀬川源流庭苑で再び姿を現し、源の鴨川へとたどりつきます。

がんこ高瀬川二条苑 角倉了以別邸跡

がんこ二条苑の板


つまり、上流の方から大雑把に言いなおすと、当時の高瀬川は、
二条大橋付近(樋之口町付近)で鴨川から分岐→高瀬川源流庭苑(がんこ高瀬川二条苑)→木屋町通りを暗渠で横断→一之船入あたりで姿を現し→木屋町通沿いに南下→鴨川と平行するように更に南下(このあたりは少々ややこしい)→十条あたりで鴨川横断→伏見の京橋で宇治川に合流
(現在の高瀬川は、どうも十条あたりで鴨川に合流してるようです。)

伏見からは、宇治川、淀川を通り大阪へとつながるわけですね。
二条辺りから伏見まで、この長い運河を私費で造ったというのですから、すごい人もいたものです。


高瀬川が日銀のところで姿を消すこと(暗渠)も、がんこの中に源流庭苑があり見学できることも知らなかった私は、すっかり関心してしまったのですが、一緒だった友人はすまなそうに「前から知ってたわぁ…。がんこの庭苑も行ったことある…」とのことでした。
よく知られてることだったのかも…。

そのうち、がんこの二条苑に行って、高瀬川が「始まる所」も見てきます!

スポンサーサイト
Home | Category : 京都散策 その他    |  Trackback0
2010/08/28(Sat)

史跡 高瀬川一之船入

前回は中華料理の一之船入でしたが、今日は史跡の高瀬川一之船入です。
(創作中華の一之船入はこちらへ

木屋町二条を少し下がったところに、高瀬川から垂直に、西に向かって突き出た掘割(柵の向こう)があります。これが一之船入(いちのふないり)です。
一之船入 石碑 一之船入 掘割

船入とは、高瀬川を行き来する高瀬舟が、荷物のあげおろしをした船溜まりのことで、かつては9ヶ所にありました。

高瀬川 一之舟入
江戸時代、木屋町筋には、町名の由来となった材木屋や問屋が並び、高瀬川は、京都と大阪の物資輸送で、大きな役割を担っていました。
百数十艘もの高瀬舟が行きかい、船入では荷物を積んだり下ろしたり…。
想像すると、往事の喧騒が聞こえてくるようです。
さぞや賑わっていたことでしょう。

今も残る船入は、一之船入のみです。
他は全て埋め立てられてしまいました。

川底も見えるほど水かさが減ったあたりに、復元された高瀬舟が静かに一艘置かれていました。
高瀬舟4 高瀬舟

少し寂しげな高瀬舟でしたが、毎年9月には、ここで高瀬川舟まつりが開かれます。
行ったことありませんが、舞妓さんのお茶の接待など、華やかなようです。
今年もあるのかしら?

長くなるので、高瀬川については、次回にまわします。

史跡 高瀬川一之船入
京都市中京区木屋町通二条下ル一之船入町
Home | Category : 京都散策 その他    |  Trackback0
2010/08/26(Thu)

創作中華 一之船入

創作中華の一之船入(いちのふないり)に行ってきました。
一之船入

場所は、店名の通り、史跡の高瀬川一之舟入の前にあります。
日銀とホテルオークラ(旧京都ホテル)の間の通り(押小路)です。
史跡の一之舟入については、次回にでも書きますね。

友達の誘いで行ったのですが、う~ん、この店も、舟入の掘割も、趣ある通りも、こんなところにあるとは知らなかった!
一之舟入 押小路 一之船入
日銀やオークラあたりの河原町通、二条通、御池通は、今までの人生どれだけ通ったかわかりません。
しかし、押小路は、河原町より西は歩くけど、東には入ったことも覗いたこともなかったのかも。
木屋町通も、御池より北はほとんど歩かないし…
こんな繁華街近くなのに、自分の中では、ドーナツの穴的スポットになってました。

前置きが長くなりましたが、こんなわけで、えらく驚きつつ店に入りました。
建物は、元お茶屋、築80年の町屋です。
二人で行ったのですが、お部屋は掘割が見える二階の個室でした。
一之船入 二階小部屋 一之船入 景色
写りが悪いです。実際はもっとゆったりした良い感じでした。
外を覗くと、掘割が見え、これまたよい雰囲気。

3500円のランチコースをいただきました。
一之船入 料理1 一之船入 料理2

一之船入 料理3 一之船入 料理4

一之船入 料理5 一之船入 料理6

一之船入 料理7 一之船入 料理8

一之船入 料理9

京野菜を使い、全体的にあっさりした中華でした。
一品一品は少量なのでお腹具合もちょうど良く、品数の多さも楽しめました。
こちらでは無農薬の野菜をご自分で育て、収穫し、料理しているそうです。
名物のシュウマイはコースに入ってなかったので、持ち帰りにして、晩御飯にいただきました。
これも美味しかったです。

創作中華 一之船入
京都市中京区河原町二条下ル
 tel 075-256-1271
Home | Category : 京都のレストラン 伊・仏・その他    |  Trackback0
2010/08/22(Sun)

四条河原町阪急 今日閉店

四条河原町の阪急百貨店が、今日で閉店です。
1976年(昭和51年)の開店から34年、今日でお別れです。

20100612201000d51.jpg

20100612200959643.jpg

思い出してみると、ここ20年近く、阪急へはほとんど行かなかったように思います。
最も阪急に通ったのは、最初のデザイナーズブランド全盛の頃でした。
当時は、買い物といえば阪急百貨店、ペルソナカードを持って、随分通ったものでした。
しかし、いつしか高島屋に行っても、阪急には寄らなくなり…。
時代が変わったのか、自分が年とったのか…。

阪急百貨店の思い出は、やはりなんと言っても、四条河原町、阪急角っこでの待ち合わせです。
ここは、待ち合わせの名所でしたね。
あの壁を背に、向かいのソニープラザが入っていたビルの時計を眺めながら、友達や、同僚を待ったり、待たせたり。
ずいぶん沢山の人と待ち合わせしました。懐かしい顔もあれば、忘れてしまった顔も…。
そういえば、待ち合わせの時などに、二階売り場のトイレもよくお借りしました。
阪急の角には、学生時代の懐かしい思い出が沢山あります。

閉店が発表になったのは、1月だったでしょうか。
友達から、「久しぶりに阪急で買い物したわ。メガネがすごく安いんよ。フレームも軽いし、値段にしてはいいわ。」と聞いた矢先、閉店のニュースが流れました。
翌日、早速メガネを作りに行き、これが阪急での最後の買い物となりました。

あとはどうなるか…というと、後継テナントに、丸井の出店が発表されています。
長年ご無沙汰していた阪急百貨店ですが、なくなると、やはり寂しい気がします。

今日の写真は全て、京都、朝時間。モーニング&ウォーキングの槐(えんじゅ)さんにお願いして貸していただいたものです。ありがとうございました。


Home | Category : 京都散策 その他    |  Trackback0
2010/08/18(Wed)

老松 夏柑糖

こう暑いと、とても散策する気にならないので、今日もまたおいしいもんです。

老松(おいまつ)の夏柑糖(なつかんとう)。これはとても有名ですね。
老松夏柑糖

夏柑糖

老松 夏柑糖

原材料は、夏みかんの果汁、砂糖、寒天のみ。
ほんのり苦味があって甘くて爽やか。夏みかんというのがまたいいです。
〝ふるるん〟として、なめらかで、食感も普通の寒天物とちょっと違います。

使われている日本原産種の夏みかん(ナツダイダイ)は、甘夏やグレープフルーツの普及で生産が減り、老松では、僅かに残った萩や和歌山の栽培農家に依頼し確保しているそうです。
お値段は一個1260円と結構しますが、こうしたご苦労や、くりぬいて、中の小袋を一つ一つ取り出して、小袋についている苦味の強いシロジョウを指で取り除き…などの手作業の工程を読むと、このお値段も納得…。

和菓子屋の寒天を使った柑橘系丸ごと冷菓、私はとっても好きです。

老松 北野店
京都市上京区北野上七軒
 tel 075-463-3050 

老松 嵐山店
京都市右京区嵯峨天龍寺
 tel 075-881-9033 

大丸京都店伊勢丹新宿店にも入っています。


Home | Category : 京都の和菓子    |  Trackback0
2010/08/16(Mon)

二條駿河屋 夏のお菓子

竹に入った水羊羹をつるりと食べたくて、二条駿河屋へちょいと行ってきました。
二條駿河屋
このバイクと自転車邪魔…と思ったけど、いつ通っても置いてあるような…お店のですか…。

二條駿河屋 竹流し水羊羹
竹流し水羊羹、見た目も涼しげで美味しそう。
底にキリで穴を開けて、するりと出していただきますが…つい子供のように、口をつけてちゅるっとやりたくなります。
いい歳してみっともないと思うけど、その方が美味しい気がするから。

進物なら竹籠に入ったものがいいですね、こんなのもらったら嬉しいわ。
竹流し水羊羹 籠入り

暖簾の左には葛焼、右には甘美羹と書かれていたので、食べたことない葛焼も買ってみました。
二條駿河屋 暖簾

二條駿河屋 葛焼
葛焼きは、葛に小豆あんを練りこんで蒸し固めたものを四角く切り、かたくり粉などをつけて軽く焼いたものです。
注文してから焼いてくれました。
見た目はとても地味ですが、ぷにょぷにょした面白い食感で、なかなか美味しかったです。

今回は買わなかったけど、甘美羹(あまみかん グレープフルーツの寒天菓子)も美味しいですよ。
爽やかで大好きです。
二條駿河屋 甘美羹
これは9月始めまで作っているそうです。

二条駿河屋
京都市中京区二条通新町東入ル大恩寺町241-1
 tel 075-231-4633


Home | Category : 京都の和菓子    |  Trackback0
2010/08/14(Sat)

幽霊子育飴

今日もまた、六道の辻です。こんな怪談があります。

慶長四年、京都の江村氏妻を葬りました。
数日たった頃、土の中から幼子の泣き声が聞こえます。
掘り返してみると、亡くなった妻の産んだ子がおりました。
当時、夜な夜な飴を買いに来る婦人がいましたが、幼児が掘り出された後は、来なくなりました。
この子は八歳で僧になり、修行を積み、後に高名な僧になりました。
そしてこの飴は幽霊子育ての飴と呼ばれ、盛んに売りひろめられました。

この幽霊子育飴、今でも売られています。
店は何年か前に移転して、今は西福寺の向かいにあります。
幽霊子育飴本舗 幽霊子育飴 看板

幽霊子育飴
昔っぽい琥珀色の飴は、甘さもあっさり懐かしい味わいです。

六道の辻はミステリアスです。

みなとや 幽霊子育飴本舗
京都市東山区松原通大和大路東入ル
 tel 075-561-0321
Home | Category : 京都の美味しいもの    |  Trackback0
2010/08/09(Mon)

六道まいり

お盆の慣わしは各地方様々だと思いますが、京都には六道まいりという精霊迎えの行事があります。
8月7日から10日に、六道珍皇寺(ろくどうちんのうじ)にまいって、祖先の霊をお迎えします。
六道珍皇寺
京都の人は、六道さんとか、お精霊さん(おしょらいさん)などと呼でいます。

何故、六道珍皇寺にお迎えに行くのかといいますと…
少し不気味な話ですが、この寺の門前あたりは六道の辻にあたります。
六道の辻
六道の辻とは、この世とあの世の境目。
平安時代の葬送地、鳥辺野の入り口がこの辺りにあったことによるのでしょう。
小野篁(おののたかむら)が、六道の辻の井戸を通って、この世とあの世を行き来したいう伝説もあります。
というわけで、今でも京都では、多くの人が、六つの冥界におられるご先祖さまの霊を、ここに迎えに行きます。
(小野篁の井戸は六道珍皇寺本堂右奥の庭にあります。普段公開されてるのかわかりませんが、六道まいりの時は見られません。)

昨日、私もご先祖さまをお迎えに、六道まいりに行って来ました。
IMG_7562.jpg

六道珍皇寺 六道まいり 六道珍皇寺 本堂

境内にある参詣順序の説明(クリックで拡大します)
六道まいり 参詣順序

まずは高野槇を買い求めます。
高野槇

次に、水塔婆に戒名を書いてもらい、迎え鐘を撞きます。
迎え鐘を撞くための行列は裏門を出て外の通りまで並んでいました。
人が多く写真が撮りにくかったので、誰もいない冬に撮った写真を載せておきます。
この綱を引っ張って鐘を撞きます。
迎え鐘 六道珍皇寺 迎え鐘 綱

それから、線香で水塔婆を浄めます。
六道さん 線香

最後に、お地蔵さんのところで、備え付けの高野槇の葉で塔婆に水をかけて納めます。

これで、鐘の音を聞いたお精霊さんが、高野槇の葉に乗ってこの世に戻って来られます。


六道珍皇寺の六道まいりはこれで終わりですが、私の実家では、この後、すぐ西にある六波羅蜜寺西福寺にもお参りします。
ここの角にも、六道の辻と書かれた石標があります。
六波羅蜜寺 迎え鐘
六波羅密寺
 
西福寺
西福寺

六道の辻 西福寺角

こうして家に戻られたご先祖さまには、13日から16日朝食まで、毎食きっちり決まった献立があり、その通り精進料理を作り、お供えします。
これは浄土宗だけかもしれません。なかなか大変で、私の実家では、祖母から母が受け継いでやっています。
そして16日、有名な大文字焼き、五山の送り火で先祖の霊を冥土へ送ると、お盆も終わりです。
しかし、こんな古いしきたりでお盆を迎える家も、今では少なくなったかもしれませんね。


Home | Category : 京都の寺社・庭園・文化財    |  Trackback0
2010/08/06(Fri)

法金剛院 観蓮会

先週、法金剛院の観蓮会(かんれんえ)に行ってきました。

法金剛院

蓮の寺とも言われる法金剛院、門をくぐり、中に入ると池に蓮が一杯!
…となるはずだったのに、どうしたのでしょう、池は緑の葉ばかり。
法金剛院3

特別名勝に指定されているこの庭は、平安時代に待賢門院(たいけんもんいん)が作らせた池泉廻遊式浄土庭園、池に沢山の蓮が咲いていれば、それこそ極楽浄土に来てしまったのかと見紛う美しさだったでしょう…。

時期が遅すぎたのかも.と思ったのですが、「時期も時間も合ってますよ…でも今年は成育が悪くて...」とのこと。
先月雨が多かったので、池に入ってくる湧き水が流れてしまい、十分あたたまらず、成育が遅れたのではないか、ということでした。
さらに、ちらほら咲いていた鉢植えの蓮も、前日の雨でいたんでしまったよう….残念。
法金剛院2

この日に咲いていた蓮の花や蕾です。いたんだといっても、やはり美しいですね。
法金剛院 蓮3 IMG_7406.jpg

IMG_7423.jpg IMG_7470.jpg

IMG_7441.jpg IMG_7451.jpg

IMG_7471.jpg IMG_7440.jpg

IMG_7443.jpg IMG_7460.jpg

法金剛院は、関西花の寺弟十三番霊場でもあり、およそ80種類もの蓮が植えられています。
飾られていた写真は本当に美しかったです。
実物が見たかったけど、それは、また次回に。
しかし…蓮の時期は暑くて、なかなか出かけるのも大変です.。
Home | Category : 京都の寺社・庭園・文化財    |  Trackback0
2010/08/01(Sun)

幸楽屋の金魚鉢

毎日暑いですね、暑くて暑くてたまらない…こんな時にはこんなお菓子、いかがですか?

幸楽屋の金魚鉢

涼しげなこのお菓子は、幸楽屋の創作和菓子『金魚鉢』です。
金魚たち、気持ちよさそうですね。
見る角度によって可愛さも違うし、一つづつ微妙に違っているのも愛らしい。
あまりにかわいいので、今日の写真は全てクリックすると拡大するよう設定しました。試して下さいね。

幸楽屋 金魚鉢

幸楽屋というお店の名のとおり、幸せで楽しそうな金魚たち、食べるに忍びないのですが…。
鉢と水は寒天、金魚と藻は餡子です。
水草もちゃんとあるあたり、いいですね。色合いも可愛いです。
うっすら水色の寒天は食感も爽やかです。

京都の金魚(鉢)は、幸楽屋と松彌が有名ですが、かわいさの点で私は幸楽屋かなぁ。

幸楽屋
烏丸鞍馬口から少し東に入ったところにある幸楽屋

金魚鉢は一つ220円、8月末まで作っているそうです。
すぐ売り切れるようなので、電話で確認した方がよいかもしれません。

また、京都高島屋でも、同じく8月末まで、火、木、土曜日限定で出しているそうです。

幸楽屋
京都市北区鞍馬口通り烏丸東入
 tel 075-231-3416


Home | Category : 京都の和菓子    |  Trackback0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。