•        









  • 検索フォーム

  • プロフィール

    きあら

    Author:きあら
    京都とイタリア、クラシック音楽(とりわけポリーニの音楽)をとっても愛してます。美味しいものにも目がありません。植物もいろいろ育ててます。どうぞよろしく。

  • FC2カウンター

  • メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

  • QRコード

    QRコード

--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告    |  Trackback
2012/01/19(Thu)

半兵衛の生麩で白味噌椀

お雑煮の白味噌が余ってるので、生麩の白味噌椀でも作ろうかと半兵衛麸の生麩を買ってきました。

半兵衛 あわ麩

生麩の白味噌椀は、ずいぶん昔に堺萬のお料理でいただき、まねしてます。

だし汁に白味噌をお雑煮のように濃いめにとき、大きく切った生麩を入れてあたためる。あとは、お椀によそって(一つのお椀に、生麩は一つか二つ)、辛子を真ん中にちょこんと載せるだけの簡単料理!

甘い白味噌に、辛子がピリッときいて美味し~。
お雑煮ともちょっと違った味わいです。
今回は、あわ麩にしてみましたが、よもぎ麩の方が美味しいなぁ。

これ、五条の「半兵衛麸」のお昼ごはんでも、いただいたと思います。
具は大きく切った生麩だけ、ごちゃごちゃ色々入ってないとこも京都ぽいね。


半兵衛麸
京都市東山区問屋町通五条下ル上人町433
 TEL 075-525-0008
http://www.hanbey.co.jp:80/top.html

全国の販売店などは
http://www.hanbey.co.jp/store/shop/index.html

スポンサーサイト
Home | Category : 京都の美味しいもの    |  Trackback0
2011/12/28(Wed)

石野味噌

今年もあと数日、お雑煮の白味噌を買ってきました。
懐石白味噌 石の味噌
石野味噌の「懐石白味噌」

昨年は本田味噌にしたので、今年は石野味噌にしました。

石野味噌 油小路
↑違う季節に撮ったものだけど、油小路四条の石野味噌の会社です。
創業は天明元年(1781年)。銘水「石井筒」が湧き出る地に開業されました。
商標は、この石井筒をデザインしたものですね。
年末になると、「石井筒」という白味噌も見かけますが、これはちょっと高い 
石野味噌の白味噌は、この時期、京都ではデパートやスーパーで売られてます。
上等な「石井筒」だけは、私は大丸でしか見たことないですが…。


石野味噌
京都市下京区油小路通四条下ル
  tel 075-361-2336
http://www.ishinomiso.co.jp


Home | Category : 京都の美味しいもの    |  Trackback0
2011/10/11(Tue)

オ・グルニエ・ドールのジャルダン・フリュイ

オ グルニエ ドール ジャルダン大 フルーツタルト14cm
オ・グルニエ・ドールのフルーツ タルト。
生フルーツがてんこ盛り。
一体何種類のフルーツがのってるのでしょうか。まさに「フルーツの庭」。
綺麗ですね~、もちろん美味しいですよ~。

オ・グルニエ・ドールでは、チョコ系のケーキを買うことも多いですが、うちはフルーツが大好きなので、このケーキもよく買います。
これは14cmのものですが、もう少し小さいのと(9cm)、もう少し大きいのも(何cmだったかなぁ…)あります。
(私は、この三種類のサイズしか食べたことがないけど、特大もあるのかしら???)

この14cmのジャルダンは 1,650円。値段的にもお得な気がします。
よくあるフルーツタルトとは、お味違いますよ~。

私は、ほんとオ・グルニエ・ドール大好きです。
金蔵さんのケーキを食べると、いつだって、幸せ気分がじわじわ~
じきに幸せ満タンになります。


パティスリー オ・グルニエ・ドール
京都市中京区堺町通錦小路上ル527-1
 tel 075-213-7782

サロン・ド・テ オ・グルニエ・ドール
京都市中京区堺町通錦小路519-1
 tel 075-468-8625


Home | Category : 京都の美味しいもの    |  Trackback0
2011/08/05(Fri)

森嘉 からし豆腐

森嘉 からし豆腐
以前、森嘉の白豆腐について書きましたが、これは、からし豆腐。

森嘉 からし豆腐1個
ま~るいお豆腐の中に辛子が入っていて、私は冷奴のように、醤油で食べてます。
大切に持ち帰らないと、じんわり辛子がにじみ出てしまうのよね…

1パック441円ですが、2つ入ってるし、結構大きい。
森嘉からし豆腐2個


大丸に行ったついでに森嘉売り場へ寄ると、「おっと!今日は森嘉の定休日だったか…」、ということが、しばしばある。
(定休日でも、ひろうすなど揚げ物は売ってます。水曜定休は知ってますが、火曜も休んでることあり。不定休も。)
そんなことをお店の人と話してたら、森嘉の定休日カレンダー(←2011年の)をくれました。
2011年森嘉定休日
(クリックで拡大)

これで、森嘉の豆腐は、今年一杯空振りなし!
今は暑いけど、冬の湯豆腐も楽しみ~。



Home | Category : 京都の美味しいもの    |  Trackback0
2011/03/05(Sat)

ミディ・アプレミディ

美味しいタルトのお店です。
ミディアプレミディ

bonne tarte

ミディ・アプレミディといったら、なんといってもロールケーキのフロールが有名ですが、それは店頭販売はしてません。

リンツァートルテ
シナモンの香りがしっかりのリンツァートルテ。

木の実のタルト
木の実がたっぷり、香ばしい木の実のタルト。

しつこいのが苦手な私ですが、朝でも美味しく食べられるタルトです。

有名なフロールは、毎月1日11時からその月内の予約ができますが、すぐいっぱいになってしまうようで、相変わらず手に入れるのは大変そうです。
食べてみたいけど、購入過程がちょっと面倒ですね…。

昨年秋に、東京にもお店ができたようです。
http://www.45cqv.com/

ミディ・アプレミディ
京都市中京区東洞院通三条下ル
 tel 075-221-1213
http://www.midi-am.com/index.html



Home | Category : 京都の美味しいもの    |  Trackback0
2011/02/12(Sat)

椀だね 魚麺花手鞠

錦市場続きで、もう一つ。

花手鞠麩
お吸い物の椀だねです。

魚を使った綺麗でかわいい椀だねがないかなぁ、と錦市場を歩いてて見つけました。

たらのすり身、昆布、焼き麩で作られていて、お出汁の中でひと煮立ちさせるだけ、という便利なもの。
麩でできたものはあちこちで見かけますが、魚が入ったこういうものは意外とないんですよね…。

早速使ってみました。綺麗なお吸い物になりましたよ~。

喜久屋
京都市中京区錦小路通富小路東入
 tel 075-221-4416


Home | Category : 京都の美味しいもの    |  Trackback0
2011/02/10(Thu)

にしきごま

『にしきごま』という名を初めて聞いたのは、去年の秋頃だったか。
夫が「錦市場で売ってる『にしきごま』を食べてみたい。TVで見たけど店の名は忘れた。」と言うので、行けば見つかるでしょう!と簡単に思ったのですが…。

錦へ行くたび、何度も何度も右左見ながら、気をつけて歩きましたが見つからない。
錦ではなかったのかも…とそのうち忘れてしまいました。

ところが、先日、錦をいつもの通り歩いてると、突然、カラフルな胡麻らしきものが目に飛び込んできましたラベルには『にしきごま』と書いてあるではありませんか
やっと見つけた~

にしきごま

店先の目立つ所に並んでるのに、何故みつからなかったのかなぁ。
「ずっとあったよ~。錦ではうちしか置いてへんよ。」とおばさん。
う~ん、狐につままれたよう。

こうして、ようやく出会った『にしきごま』は、
人参、かぼちゃ、ほうれん草、トマト、梅粉末、抹茶、青のり粉などで色づけされています。ヘルシーね。

お味は、
最初に食べた時は、胡麻の香ばしさはよい感じだけど、甘みもあるから大人ぽくない味かなと思ったのですが、食べ続けるうちに、段々クセになってきました。
ちょっと甘くて、香ばしい。適度な塩分もあり、ご飯もすすみます。
もともと胡麻大好きだし、一袋終わりそうな今は、とても気に入ってます。
なくなったら、また買いに行こ~!お弁当にも綺麗です。


追記 京都駅の伊勢丹でも売ってるのを発見しました!


島本海苔乾物
京都市中京区錦小路通富小路東入
 tel 075-211-0291


Home | Category : 京都の美味しいもの    |  Trackback0
2011/01/16(Sun)

オ・グルニエ・ドール 今日のケーキ

オ グルニエ ドール ケーキ 2011.1.16

今日のオ・グルニエ・ドールのケーキです。名前は忘れました。
夕方に行ったので、もうほとんどなく、あるものを買いました。

私が食べたのはチョコのケーキ。
表面のピンクの粒が見えますか?
これはピンクペッパー。噛むとカリッとスパイシーな香りがひろがり、チョコにちょっとしたアクセントが加わります。中には胡桃が入ってました。
思わず、「幸せ~」という言葉が出てしまう美味しさでした。
(このケーキの名前、調べました。ポワブル・ショコラです。「ポワブル」はフランス語で「こしょう」のことですね。)

おとといの末富さんも美味しかったけど、オ・グルニエ・ドールもほんと美味しいですね~。
私はやっぱり、和菓子は富蔵さん、洋菓子は金蔵さんです。
  末富の山口富蔵さんとオ・グルニエ・ドールの西原金蔵さん
お二人とも良いお名前ですね、富の蔵に、金の蔵、素敵です。
どちらのお菓子も良い物を使って、とても丁寧に作られています。そして芸術的。
お人柄が感じられます。

(前回のオ・グルニエ・ドールの記事はこちら


パティスリー オ・グルニエ・ドール
京都市中京区堺町通錦小路上ル527-1
 tel 075-213-7782

サロン・ド・テ オ・グルニエ・ドール
京都市中京区堺町通錦小路519-1
 tel 075-468-8625




Home | Category : 京都の美味しいもの    |  Trackback0
2011/01/12(Wed)

ふぐ まる伊

錦市場、まる伊のてっさです。
まる伊 てっさ

まる伊は、鱧とふぐの専門店。
まる伊
夏にここの焼き鱧を載せたことがありました。
季節変わって、このてっさも美味し~!

まる伊皿
お皿は裏に店名などが書かれてますが、表は無地の白い皿。
陶器なので、これも後で使えます。

まる伊
京都市中京区錦小路通御幸町西入
 tel 075-221-3772
Home | Category : 京都の美味しいもの    |  Trackback0
2010/12/27(Mon)

本田味噌本店

今年もあっという間に年末になってしまいました。
もうお正月もすぐそこ。お雑煮用の白味噌を買いました。
石野味噌と迷ったけど、今年は、本田味噌本店の特選西京白味噌にしました。

本田味噌本店 特選西京白味噌
京都のお雑煮は白味噌です。
お餅は丸餅。
新しい一年が丸く収まるよう、具もみなま~るく。
子供の頃は余り好きではなかったけど、大人になってからは大好きです。
でも、かなり濃厚なので、3日食べるとさっぱりした東京のお雑煮も食べたくなります。
皆さんのところでは、どんなお雑煮を食べるのかなぁ?


今回はデパートで買いましたが、本田味噌本店はこんなお店です。
5月頃に撮った写真ですが。
本田味噌本店

1830年創業の老舗のお味噌屋さんです。
以前、一わんみそ汁で書いたことがありましたね。

本田味噌本店店内 

本田味噌本店店内2
店内には、博物館のような一角も。
禁裏御所ご用をつとめられた記念の品などが並んでいます。


日々のお味噌汁には、紅麹みそも美味しいですよ。
本田味噌 紅麹味噌
かわいいピンクの麹が見えるかなぁ。

本田味噌本店は、京都のデパートでは、高島屋と伊勢丹に入ってます。
オンラインショップもあります。

本田味噌本店
京都市上京区室町通一条上ル
        小島町558
 tel 075-441-1121
http://www.honda-miso.co.jp/ 


Home | Category : 京都の美味しいもの    |  Trackback0
2010/12/22(Wed)

八百三の柚味噌

今日は冬至ですね。今年も柚子にちなんだ美味しい話題を。

八百三 柚味噌
八百三(やおさん)の柚味噌です。元祖柚味噌だそうで、これ、とっても美味しいです。

お店は姉小路通、東洞院を西に入ってすぐ。
京都らしい古い店構えです。

八百三

八百三ウィンドウ

柚子の陶器
陶器入りの柚味噌、かわいい~。

八百三店内

八百三は、創業(1708年)から大正時代まで、御所や社寺に出入りする精進料理の仕出屋さんでしたが、初代が作り上げた柚味噌が大変評判となり、需要も増え、やがて柚味噌専門店となりました。
水尾の柚子を使ったこの柚味噌、作り方は家伝秘宝だそうです。

店内で目をひいたのが、この立派な看板!(外ではなく、店内にある看板です。)
魯山人の看板
なんと、魯山人の若い頃の作品だそうです。
やはり老舗は面白いですね。

八百三柚味噌

お味はよくある柚子味噌とはちょっと違うと思います。田楽も上等になりますよ。

八百三の柚子味噌は、京都では、高島屋や伊勢丹でも買えます。
ネットでは、タカシマヤ オンラインストアでも扱っているようです。
かわいい柚型陶器入りは本店のみだそうです。

八百三
京都市中京区姉小路通東洞院西入
 tel 075-221-0318
Home | Category : 京都の美味しいもの    |  Trackback0
2010/12/16(Thu)

平野とうふ

歳とともにますます好きになってきたのがお豆腐。
昔は、湯豆腐なんてあんまり美味しいと思わなかったけど、今は大好きです。
京都には美味しいお豆腐屋さんが沢山あるので、「あそこのが美味しい」「ここのが美味しい」などと聞くと、あれこれ食べてみたくなります。

今日の豆腐屋さんは平野とうふ。
平野とうふ

ここはとても有名だと思います。
老舗旅館の俵屋、柊屋、炭屋も、こちらのお得意さん。
壁にはサインの色紙が沢山飾ってありました。
字が読めたのでは、緒形拳さんなど。

入れ物を持って行かなかったので、子供の頃よく見たあの機械みたいなもので、パッキングしてくれました。

平野屋豆腐
このパック、インパクトありますね~。
三代目と書いてあるこのご主人が接客して下さいました。

お豆腐らしいお豆腐で、大豆の味も食感も何気に美味しかったです。
豆腐の場合、この「何気に」というのが難しいことなんではないかなぁとこの頃思うのですが。また食べたいです。

↓お店の電話番号、ごろ合わせでしょうか、いいですね。

平野とうふ
京都市中京区姉小路通麩屋町角
 tel 075-221-1646
Home | Category : 京都の美味しいもの    |  Trackback0
2010/12/06(Mon)

柳桜園茶舗 土曜日限定 手炒り焙煎焙じ茶

先月も登場した柳桜園茶舗ですが、今回は抹茶ではなく、ほうじ茶です。
(先月抹茶を買ったときの記事、柳桜園茶舗の店内の写真などはこちら
土曜日限定販売の『手炒り焙煎焙じ茶』(かりがね焙じ茶)を買ってきました。

土曜日限定手炒り焙煎焙じ茶看板s 看板

土曜日限定 手炒り焙煎焙じ茶

看板に、「味、香り、共に 《絶品》」 とありますが、その通り!
このお茶、本当に美味しい!
素晴らしい香り、こんなほうじ茶は初めてです。
缶の上で何度も深呼吸してしまいました。
お茶をいれると、さらに良い香りが立ちのぼります。

普通ほうじ茶の葉は茶色いですが、このお茶はかなり緑がかっています。
土曜日限定手炒り焙煎焙じ茶葉
きっと、これが香りの秘訣ですね。

柳桜園の人気かりがねほうじ茶『香悦』(こうえつ)も、その名の通りとても香りよく、普通のほうじ茶とずいぶん違うと感じますが、土曜日限定はさらに香り高いです。
柳桜園 香悦

この土曜日限定のほうじ茶は本店のみの販売ですが、香悦は京都では高島屋にはいってます。
高島屋オンラインストアでも扱ってます。

それから、柳桜園のほうじ茶は、茶筒も素敵で気に入ってます。
どちらも鳥獣戯画のデザインで、
土曜日限定は、うさぎと蛙が相撲で組み合うシーン。
相撲S鳥獣戯画 うさぎs

香悦は、猿追いうさぎのシーンです。
鳥獣戯画 猿追いうさぎs

柳桜園茶舗
京都市中京区二条通御幸町西入ル
 tel 075-231-3693

Home | Category : 京都の美味しいもの    |  Trackback0
2010/11/20(Sat)

大徳寺 京豆腐 小川

先日、友人が『マザーウォーター』という京都を舞台にした映画を見てきた話をしてくれました。
知らない映画だと思っていたのですが、小泉今日子、もたいまさこ、小林聡美が出てて…など聞いてるうちに、突然ぴんと来ました。
「豆腐屋が出てくる映画?」と聞くと、その通り!
映画は見てないのですが、その映画の中に出てくるお豆腐屋さんが、大徳寺のすぐ横にある『大徳寺 京豆腐 小川』だというのは知ってました。
なんかTVで見たんですね、お豆腐大好きなので、そこだけはしっかり覚えてました。

この映画の話をしたちょうど数日後、大徳寺の特別公開へ行ったので、『大徳寺 京豆腐 小川』さんにも寄ってきました。

大徳寺 京とうふ 小川
京都の美味しい豆腐屋さんとして知られているようで、遠方からのお客さんも多いようです。

『マザーウォーター』のポスターも貼られていました。
映画では市川実日子さんがここでお豆腐を作ってるんですよね。
マザーウォーター ポスター

この日、食べてみたかったくず豆腐(吉野豆腐)は売り切れでした。
豆乳を吉野葛で固めたもので、食感も面白い豆腐で…なんて説明していただくと、ますます食べたい。
残念だけど、くず豆腐はまたの機会にということで、白豆腐(木綿豆腐)を買いました。
京とうふ小川 もめん

「もめん」といっても、いわゆる木綿豆腐とちがって、適度な柔らかさのある京豆腐です。 湯豆腐でいただきましたが、とても美味しかったですよ。

大徳寺 京豆腐 小川
京都市北区紫野上門前町55
 tel 075-492-2941
Home | Category : 京都の美味しいもの    |  Trackback0
2010/11/14(Sun)

柳桜園茶舗

10月の始め、長かった夏もようやく終わり涼しくなってきた頃、柳桜園茶舗(りゅうおうえんちゃほ)に抹茶を買いに行きました。
(ほうじ茶『香悦』、土曜日限定手炒り焙煎焙じ茶についてはこちら
これも、東京へ行ってる間に書きそびれてしまったものです。

伊藤柳桜園茶舗

伊藤柳桜園は、創業明治8年、表千家・裏千家・武者小路千家御家元や、茶の湯ゆかりの大徳寺御用達の茶舗です。
春限定の『小櫻』をもらった時に、一度書いたことがありますね。

伊藤柳桜園茶舗2 伊藤柳桜園3

自宅用の薄茶がほしいと伝えて適当に選んでもらおうと思っていたのですが、実際はそう簡単ではなく迷ってしまいました。
伊藤柳桜園抹茶
『小桜』と同じぐらいのものでしたらこちらになります、とすすめてもいただきましたが、私にはそれももったいないように思ったので、もう少し下のランクの『峰の白』にしました。
伊藤柳桜園 峰の白
10月半ばからずっと忙しくてバタバタしてましたが、ようやくゆったりお茶とお菓子を楽しめそうです。

お店でいれて下さった煎茶もとても美味しかったです。

柳桜園は、京都のデパートでは高島屋に入ってます。
タカシマヤ オンラインショップでも扱ってます。


柳桜園茶舗
京都市中京区二条通御幸町西入ル
 tel 075-231-3693

Home | Category : 京都の美味しいもの    |  Trackback0
2010/10/10(Sun)

打田漬物

京都には美味しい漬け物屋が沢山ありますが、打田漬物(うちだつけもの)も大変好きな漬物屋の一つです。

打田漬物 錦小路店
打田漬物 錦小路店

この日、季節のおすすめは?と尋ねると、まず小かぶらをすすめられ、最後の一つを獲得。
次にすすめられたのが花大根。
でも花大根は良く食べてるし、通年商品だったのでは?と言うと、今年の夏はあまりに暑かったので、二十日だいこんが採れず、久しぶりに並んだとのことでした。
そういえば、先月見たときはなかった...。
打田漬物錦

というわけで、小かぶらと花大根を買いました。
花大根は見た目もかわいいですね。
打田 小かぶら 花大根

打田の漬物はどれも美味しいですが、この日買った小かぶら、花大根の他、緋の菜大根、すぐき、京の里などは特によく食べます。赤かぶらも大好きです。
贅沢をいえば、これで無添加なら言うことなしなのですがね...。

錦に行くと堺町と柳馬場の間で、打田で漬物、振り返って向かいの千波で青実山椒、隣の隣の山市で鱧皮、というのが私のパターンです。3軒まとまってて便利。
さらに堺町を少し上がればオ・グルニエ・ドールもあり、私の好物集中地帯になっています。

オンラインショップはこちら

打田漬物 錦小路店 (京漬物 打田)
京都市中京区錦小路通柳馬場西入
 tel 075-221-5609
錦市場には、もう一軒、麩屋町を西に入ったところに東店もありますが、こちらはとってもとっても小さいお店です。

打田漬物 本店
京都市下京区丹波口通大宮西入
 tel 075-371-3195

Home | Category : 京都の美味しいもの    |  Trackback0
2010/09/02(Thu)

焼き鱧 まる伊

8月も最後の日、父が錦のまる伊の焼き鱧を持ってきてくれました。
まる伊は、鱧、ふぐ専門店で、錦小路を御幸町から少し西に入ったところにあります。
ここの鱧、美味しいですよ。(てっさはこちら

焼き鱧 まる伊

綺麗な骨きりですね。
外はかりっ、中はふわっ、甘すぎない上品な味。

今年の夏は、ホテルのフレンチで一度鱧を食べましたが、それ以外ろくな鱧を食べてなかったので、いつも以上に、いっそう美味しく感じました。
「おとし」も食べたいわぁ。

まる伊
京都市中京区錦小路通御幸町西入
 tel 075-221-3772


Home | Category : 京都の美味しいもの    |  Trackback0
2010/08/14(Sat)

幽霊子育飴

今日もまた、六道の辻です。こんな怪談があります。

慶長四年、京都の江村氏妻を葬りました。
数日たった頃、土の中から幼子の泣き声が聞こえます。
掘り返してみると、亡くなった妻の産んだ子がおりました。
当時、夜な夜な飴を買いに来る婦人がいましたが、幼児が掘り出された後は、来なくなりました。
この子は八歳で僧になり、修行を積み、後に高名な僧になりました。
そしてこの飴は幽霊子育ての飴と呼ばれ、盛んに売りひろめられました。

この幽霊子育飴、今でも売られています。
店は何年か前に移転して、今は西福寺の向かいにあります。
幽霊子育飴本舗 幽霊子育飴 看板

幽霊子育飴
昔っぽい琥珀色の飴は、甘さもあっさり懐かしい味わいです。

六道の辻はミステリアスです。

みなとや 幽霊子育飴本舗
京都市東山区松原通大和大路東入ル
 tel 075-561-0321
Home | Category : 京都の美味しいもの    |  Trackback0
2010/07/29(Thu)

万願寺とうがらし

今年初めて、京野菜の万願寺とうがらしを育ててみました。
7月に入ってから、ぼちぼちでき始め、旅行前には大きなものがとれました。
万願寺唐辛子 万願寺唐辛子2
鉢植えだし一株だから、一度に沢山できないのが問題ですが、少しづつでもできてくれると、すごく嬉しい!可愛くなってしまいます。

この唐辛子は京都周辺以外の地方でも売ってるのでしょうか?
万願寺は厚みがあり、甘くて、しし唐よりずっとおいしい唐辛子です。

食べ方は、素材が美味しいので、シンプルに焼いて、鰹節としょうゆ、あるいは、だし醤油で食べるのが、私は好きです。素揚げにしても美味しいですね。
ニンニクのみじん切り、オリーブオイル、塩、コショウでオーブンで焼けば、イタリア料理にもなります。これも美味しいですよ。
京都の夏のおばんざいとして有名な『唐辛子とじゃこの炊いたん』もしますが(レシピはこちらを参考に)、この料理は、私は伏見とうがらし(これも京野菜)との方が好きです。
(『たいたん』とは、『炊いたもの』という感じでしょうか。京都では、煮ることを炊くといいます。)

万願寺とうがらしといえば、夏の京野菜として大変有名ですが、調べてみると、その歴史はあまり古くありません。
起源は、大正末期から昭和初期、舞鶴市万願寺で生まれたそうです。
更に驚いたのが、この京都ぽい野菜、伏見とうがらしとカリフォルニア・ワンダーとの交配種とのこと、ハーフだったんですね、びっくり!



Home | Category : 京都の美味しいもの    |  Trackback0
2010/07/08(Thu)

鱧と鱧皮

今日、八坂神社に行ったら、何やらやっているようで…
鱧祭 はもまつり

本殿の中には沢山の人が、外には鱧(はも)の入った籠が二つ。
鱧籠 鱧
どうも、淡路島観光協会が鱧奉納奉告祭というものを行っているようでした。


今年も鱧(はも)の季節がやってきましたね。京都の夏の味といえば鱧。
湯引きした鱧おとしを梅肉でいただいたり、吸い物や焼物にも…
この時期、京料理の店に行けば、必ず鱧を使った料理が出てくるでしょう。
もうじき祇園祭ですが、祇園祭は別名『鱧祭り』とも言われています。

おいしい鱧を、と思うと、やはり錦市場とかデパ地下とか、安くはないですが、同じ鱧でも身でなく皮なら安い!
これは、錦市場の山市の鱧皮、100gで450円。
山市 鱧かわ
鱧皮は、ふつう、このように醤油や砂糖などで香ばしく焼いて、細く切って売られています。
これを使って、京都のおばんざい、鱧皮ときゅうりの酢の物を作れば美味しいですよ。

といっても、売られているのは、限られた地方だけですかね…。
うちでは、鱧皮は、いつも錦市場の山市で買っています。
(下のお店の写真は春先に撮ったものなので、ちょっと季節が違いますが)
錦 山市 山市の鱧皮
実家が必ずここで買ってたので、私も…という感じなのですが、山市は美味しいです。

料理を作り写真を撮って載せればわかりやすいけど、面倒なので、こちらの『京都のおばんざい』のサイトを見て下さい。
料理の写真も作り方も載ってます。

我が家では、「鱧より皮の方が美味しいかも~」など貧乏臭いことを言いながら、夏になるとよく食べています。

山市商店
京都市中京区錦小路通堺町東入
 tel 075-221-1446


Home | Category : 京都の美味しいもの    |  Trackback0
2010/06/22(Tue)

一保堂のいり番茶

梅雨に入って蒸し暑くなりましたね。
冷たいお茶が美味しい季節、一保堂のいり番茶を買ってきました。

一保堂売場

京都以外では、余り知られてないお茶かもしれませんが、京都で番茶といえばこれ。
普通の番茶と違って、独特の風味があります。
初めて飲んだ人は、薬(漢方薬)臭いとか、煙くさいとか、変わった味に思うようですが、飲みなれると、この香ばしい風味がクセになります。
冷やして飲めば、さっぱりして美味しいですよ。

いり番茶 一保堂

子供の頃の夏、我が家では麦茶を飲んでましたが、祖父母の家に行くと、必ず冷たいいり番茶でした。
今でも、このお茶を飲むと祖父母を思い出して懐かしくなります。

一保堂のオンラインショップに、いり番茶の詳しい説明もありますので、興味がある方はこちらをご覧下さい。

一保堂茶舗の全国売り場一覧はこちらです。
一保堂に尋ねたところ、京都以外でも、店によっては、いり番茶を置いてるとのことです。
もしなかった場合でも、その店で取り寄せができて、数日で入るそうです。
老舗の一保堂でも、いり番茶なら400gで840円、150gで420円です。


Home | Category : 京都の美味しいもの    |  Trackback0
2010/05/27(Thu)

わびすけ いもねぎ定食

わびすけのいもねぎ定食、同志社界隈で学生生活を送った人なら、知らない人はいないでしょう、きっと懐かしさ一杯で思い出すのではないでしょうか。

私は何年か前にも食べに行きましたが、友達は卒業以来初めてとのこと。
同志社周辺のこの辺りも、私は普段からよく通りますし、珍しくもなんともないですが、共通の思い出を持つ友達と一緒だと、はるか昔の時代にタイムスリップしたような、学生だった頃の自分に戻ったような、いつもと全く違った気分で、うきうきしてしまいました。
彼女とは長い付き合いですが、知り合ったのは卒業後、共に大学時代をおくったわけではないけれど...。

先に同大、同女大、女子中高のキャンパスを一時間半ほどぐるぐる巡ってからわびすけへ。

わびすけは、烏丸今出川をほんの数軒上がったところにあります。
わびすけ わびすけ2

外から見ると変わらないけど、当時、常に学生で溢れかえっていた店内はがらんとしています。
満席で入れないこともあったし、お気に入りだった2階も、もう今は使われていません。
わびすけ 階段 わびすけ 店内

なつかしのいもねぎ定食です。
いもねぎ定食
ご飯、漬け物、おつゆが付いて900円。学生時代はいくらだったかしら?
じゃがいも、玉ねぎ、牛肉のミンチ、玉子といったどうってことないおかずですが、素朴な味が美味しいです。

本当は、『いもねぎ』が昨日の私達のメインイベントだったのですが、その前後のキャンパス巡りが余りに懐かしく、いもねぎがちょっとかすんでしまいました。

わびすけの前の烏丸通を横断したところが、同志社大学の西門。 
同志社西門  

doshisha.jpg
修復されたクラーク記念館、重要文化財に指定されています。

同志社大学正門
同志社大学正門

御所 今出川御門
御所、今出川御門。
大学の庭のようだった御所が南に広がります。

同志社女子 栄光館
女子大正門正面にある栄光館。
正門から入らなかったので、女子大正門の写真は撮り忘れました。
昨日は、学生時代も一度も入ったことがなかった瞑想室を見せていただきました。
栄光館三階、八角形の部分にあるステンドグラスが美しい部屋です。
このことは次回書きますので、そちらも見て下さいね。

同志社女子大学 ジェームズ館
同志社女子大学ジェームズ館
栄光館とジェームズ館は、五龍閣の武田五一の設計で、国の登録有形文化財に指定されています。

同志社大学 学生会館 寒梅館
烏丸通り沿いにあったあのぼろい同大学生会館は、今やホテルのような美しさ。

同志社大学 新町学舎
同じく、同大新町学舎も綺麗な建物が建って見違えるよう。

同大キャンパスを歩いてて驚いたのは、お弁当を食べてる人がやたら多いこと。
この光景、昔はなかった。
ゆっくり腰掛けてお喋りしたり、自習したりできる気持ち良さそうなスペースもあちこちに作られていました。
こうして時代がかわり、昔通った喫茶店がのきなみ消えてしまったのかもしれませんね。

帰りは散歩がてら、御所を抜けました。
雨上がりの新緑が爽やで心地よかったです。

わびすけ
京都市上京区烏丸今出川上ル岡松町270
 tel 075-451-0667
Home | Category : 京都の美味しいもの    |  Trackback0
2010/04/22(Thu)

佐々木酒造 春のお酒

一月に佐々木酒造の「古都しぼりたて生原酒」を買ったことは書きましたが、これがとてもおいしくて、あの後もう一本買い、2升も飲んでしまいました。
もちろん一人で飲んだわけではありませんよ。
だったら佐々木酒造の他のお酒ものんでみようと、先日、佐々木酒造へ行って来ました。
佐々木酒造1 佐々木酒造2

佐々木酒造0

佐々木酒造さんは、明治26年創業、多くの方がご存知かと思いますが、佐々木蔵之介さんのご実家です、
京都のお酒というと伏見を思い出しますが、昔は洛中にも沢山の造り酒屋がありました。
室町時代には350軒、明治中期でも100軒、戦争で激減して、現在は3軒を残すのみだそうです。

お店に入ると正面に、蔵之介さんの「ハンチョウ」のポスターが。
この奥が蔵、右が売り場、左が事務所になっています。
佐々木酒造 ハンチョウ ハンチョウ

佐々木酒造5 佐々木酒造事務室

接客をして下さった方もとても親切だったので、お酒大好きな私達はあれこれ沢山試飲し、聚楽第、古都など、この4本を選びました。
佐々木酒造 酒3本 佐々木酒造 聚楽第 しずく酒
「聚楽第」には、豊臣秀吉の聚楽第跡に湧き出る「銀名水」が仕込み水として使われているそうです。
銀名水は千利休も茶の湯に用いたと言われています。
出水という地名も残ってるぐらいですから、この辺りは良い水が出るんですね。

「古都」のラベルは、なんと川端康成の揮毫です。
「この酒の風味こそ京都の味」と、ご自身の作品名を揮毫してくださったそうです。

4本となると重いので送ってもらったのですが、お酒と一緒に、張る前の綺麗なラベルも入れて下さってました。
佐々木酒造 古都 ラベル 佐々木酒造 川端康成 古都ラベル
たぶん、川端康成の話や、飲み終わったお酒のラベルをはがして集めるのも面白そうだけど、どうしたら綺麗に剥がせか?などお話したからでしょう。
美しい和紙、嬉しいです。

お酒を選んだ後、蔵も見せていただきました。
佐々木酒造 蔵 タンク 佐々木酒造 蔵2

佐々木酒造 蔵 滑車 佐々木酒造 蔵 煙突
タンクがずら~と並んでいます。
滑車は今も現役、もう使われていない煙突
歴史を感じます。冬場作業されてる時はどんなでしょう。

外に出るとお店前の自販機に、おなじみのビールとともに、佐々木酒造のお酒、古都、聚楽第、まるたけえびす、聚楽蔵出原酒が並んでます。
佐々木酒造 自販機

椹木町通から見ると、ずっと向こうまで続いているのがわかります。
町中に大きな蔵ですね。
先ほど蔵の中で見た煙突もそびえてます。
佐々木酒造 北 佐々木酒造 外 煙突

試飲も蔵見学も興味深く、長居してしまいましたが、大変親切にしていただき楽しいお買い物となりました。

翌日お酒が届いて、早速聚楽第をあけ、毎晩いただいております。美味しいです。
次回は、夏のお酒探しかな~。

佐々木酒造株式会社
京都市上京区日暮通椹木町下ル北伊勢屋町727
 tel 075-841-8106㈹
Home | Category : 京都の美味しいもの    |  Trackback0
2010/04/15(Thu)

京たけのこ

わぁ~、やってきました、京筍。
筍たけのこ

毎年送ってくださる方がいて、今年も届きました。いつもありがとうございます。
ここの筍はとても美味しいので嬉しいけど、筍は茹でるのが大変です。
糠が飛び散り、皮が散乱...今茹でているところです。

「京たけのこ」は有名ですが、その起源を調べてみると..、
京都府のHPには、約1200年前に長岡郡 海印字 寂照院の開祖道雄上人が唐から持ち帰った、という説がのっていますが、他にもいくつか有力な説があり、よくわかりません。
京たけのこは、「白子たけのこ」といわれるように、色が白く、軟らかく、独特の風味があるのが特徴だそうです。

これは、クロネコヤマトの宅急便のラベルですが
クロノコヤマト筍ラベル
筍のお届けの時だけ、こんな風に筍の絵がかかれたラベルが張られてます。
依頼主の蘭にも、大きな筍が二つ描かれてます。かわいいですね。
Home | Category : 京都の美味しいもの    |  Trackback0
2010/04/12(Mon)

オ・グルニエ・ドール

ケーキといえば、ここ!最もお気に入りのケーキ屋さんです。
ここ数年、自分で買うケーキといえば、オ・グルニエ・ドール、ほとんど浮気してないと思います。
美味しい!

錦市場を少し上がったところ(堺町通)、間口が狭く、細長い京都らしいつくりのお店です。
グルニエドール 1 グルニエドール 2

グルニエドール 3 グルニエドール 4
ディスプレイがいつもとっても素敵!
本当にセンスの良い方なんだなぁと行く度に思います。

オーナーシェフの西原金蔵さんは、フランス、ミヨネーにある当時ミシュラン三ツ星レストラン「アランシャペル」でパティシエ長をされていた方で、2001年、京都にオ・グルニエ・ドールを開店されました。
ファーストネームを、そのままフランス語にかえて店名にされたんですね。かわいい。 
NHKの「今日の料理」にも出ておられるのを見たことがあります。
お店で、一度お見かけしましたが、TVや雑誌の印象通り、とても穏やかな素敵な方でした。

さて、この日は、季節のケーキとしては、苺がもうじき終わるそうなので、苺のタルト、ベリーのケーキ、こちらで最も有名なケーキの一つ、ピラミッドを買いました。
グルニエドール 春ケーキ
大変人気のお店なので、午後遅くに行くと、ほとんどケーキがないこともあります。
ピラミッドも人気のケーキなので、先日から何度目かの来店で、やっと買えました。
この日も私の次の人が買って売り切れ。
見た目も美しいですね~。久しぶりに食べれて美味しかった!

オ・グルニエ・ドールは、いつ行っても、その季節の生のフルーツを使ったケーキがあり、何度行っても、一度も食べたことないケーキがあるのも楽しみです。
以前、京都でルノワール展が開催されてる時期には、「ルノワール」というケーキが並んでました。
ちょうどルノワール展へ行った帰りに、サロン・ド・テの方でいただきました。
京都は狭い町ですから、こういったちょっとしたセンスも素敵だと思います。

テイクアウトのパティスリーのすぐ近く、数メートル堺町を上がったところに サロン・ド・テ オ・グルニエ・ドールもあります。
グルニエドール サロンドテ グルニエドール サロンドテ 店内

グルニエドール サロンドテ ケーキ
サロン・ド・テの写真は別の日に撮ったものです。
休日の夕方、ケーキはもうこれだけしかありませんでした。

書いてるうちに、また食べたくなってきましたよ~。

パティスリー オ・グルニエ・ドール
京都市中京区堺町通錦小路上ル527-1
 tel 075-213-7782

サロン・ド・テ オ・グルニエ・ドール
京都市中京区堺町通錦小路519-2 2階
 tel 075-468-8625
追記
  2010年9月2日に、サロン・ド・テ オ・グルニエ・ドールは、隣りの町屋風建物に
  お引っ越ししてリニューアルオープンしました。(前のサロン・ド・テの北隣)
  電話番号は変わりません。
  住所は、京都市中京区堺町通錦小路上ル519-1
  以前のサロン・ド・テの建物は、エスパス・キンゾーというお菓子教室です。
  
  
Home | Category : 京都の美味しいもの    |  Trackback0
2010/03/27(Sat)

伊藤柳桜園茶舗 小櫻

先日、父と会った時に「最近、和菓子をよく食べるから、家でも抹茶が飲めたらいいのになぁ」と何気なく言ったら、マメな父は早速「伊藤柳桜園茶舗」に抹茶を買いに行って、持ってきてくれました。
(自分で買いに行った時の記事、店内の写真などははこちら



伊藤柳桜園 小櫻

伊藤柳桜園茶舗(いとうりゅうおうえんちゃほ)は、創業明治8年、表千家・裏千家・武者小路千家御家元や、茶の湯ゆかりの大徳寺御用達の茶舗です。
包みは鳥獣戯画ですね。
この「小櫻」は桜が咲いてる時期だけの季節限定品のようです。
桜の絵がかわいい。

というわけで、三連休辺りから、毎日お茶を点てておりました。

...などと書くと優雅に聞こえますね~。
しかし、実際は、優雅さのかけらもありません。
一応、道具は持ってますが、お茶全然知らない私ですから。
しゃかしゃか、本当に適当にやってます。
お点前?結構なわけないでしょうが、良いか悪いかもよくわかりません。
こんな事しているうちに、「小櫻」も終わってしまいそうです。

さて、本物の桜ですが、京都ではそろそろ始まっています。
ここ数年、京都の桜名所を、かなり周りましたが、今年は行けないかもしれません。
数日前、ひどいぎっくり腰をしました。
何をするにも痛くて、全ての動作が大変、動きも鈍く、いらいら~~~。
遅咲きのところでも行けるといいなぁ、と思いますが。やれやれ...です。

柳桜園は、京都のデパートでは高島屋に入ってます。


伊藤柳桜園茶舗
京都市中京区二条通御幸町西入ル
 tel 075-231-3693 

Home | Category : 京都の美味しいもの    |  Trackback0
2010/03/11(Thu)

壹錢洋食

初めて壹錢洋食を食べるなら、やはり高島屋より祇園のお店に行くのがおすすめです。
何故なら…、
面白いから。

この賑やかな店構え、これが京阪四条駅からすぐの壹錢洋食です。

壱銭洋食 正面 壱銭洋食 入り口

壱銭洋食とは?
簡単に言うと、今のお好み焼きの元祖のようなものです。
大正末期から昭和初期にかけて、屋台で売られ、近所の子供達が一銭を持って買いに行きました。
当時、ウースターソースをぬった物を「洋食」と言っていたことから、こう呼ばれるようになったようです。

お店の中も、ちょっと不思議。
壱銭洋食 2 壱銭洋食 4

壱銭洋食 3

そして、こちらが壹錢洋食、店先で焼かれています。
壱銭洋食 壱銭洋食 焼 
中身は、半熟卵、牛肉、ネギ、こんにゃくなど、半熟卵がとろ~とあふれて、ウースターソースと一緒になり、独特のお味に。

さて、もう気付かれたことと思いますが、これらの写真に写ってる女性、全てマネキンさんです。
上から二枚目の写真、女性2人と男性2人が4人で楽しそうに食べてますが、お相手の女性達はマネキンです。
こんなふうに、あちこちのテーブルに マネキンが座ってます。
実際、人形だとわかっていても、本当に人がいるようで、ぎょっ!としてしまうものです。
というわけで、こちら、「お一人さま」でも気後れせず食べれるお店ですよ。

壹錢洋食
京都市東山区祇園四条通縄手上ル
 tel 075-533-0001
    高島屋地下にも入ってます


Home | Category : 京都の美味しいもの    |  Trackback0
2010/03/09(Tue)

京こんぶ千波の青実山椒

カラフルな屋根は、おなじみ錦市場。
錦市場

大丸の方(西)から錦に入り、少し行ったところに、昆布佃煮専門店の「京こんぶ 千波」があります。
こちらで作られてる「青実さんしょう」は、我が家定番の"ご飯のお供"。
昆布ではなく、山椒の実です。

錦 千波 2

これが絶品です。
一口食べて「うわぁ~、美味しい!」というのでもないのですが、そこはかとなく…はまってしまいます。
醤油で煮た山椒の実の佃煮はあちこちで見かけますが、千波の「青実山椒」(あおみさんしょう)は、白醤油と塩で味付けしたもの。
だから、色も美しく青い(緑)まま、山椒ですからピリッとしてますが、上品なお味で、醤油で煮たものとは全然違います。
ご飯にぱらぱらかけて食べても、すった白胡麻やじゃこを加えても美味しい。
ちらし寿司にも、雑炊にも、お弁当にも合います。
でも、素朴に白ご飯にぱらぱらかけて食べるのが一番好きかなぁ。

千波 2  青実さんしょ 千波

住所を載せようと探していたら、千波さんの商品が買えるネットショップをみつけました。
この山椒の実、丹波産の朝倉山椒の実だそうです。
青い山椒の実は千波!と決めてますから、長年毎回こればかり買ってますが、このネットショップで見た「おやじなかせ」、ちょっと気になりました。
次回行った時は、これも買ってみようかしら。

京こんぶ 千波
京都市中京区錦小路柳馬場西入中魚屋町
 tel 075-241-3935


Home | Category : 京都の美味しいもの    |  Trackback0
2010/01/20(Wed)

いづう 鯖姿寿司

先日、鯖寿司が食べたくなり、ちょっと奮発して、でもちょっとケチって、
『いづう』の鯖寿司を一人前(半本6切れ)買ってきました。
今、よだれをたらした人いますね?
ここの鯖寿司はほ~んとに美味しいです。
でも、お高いのが難点です。
一本 4,410円、
一人前(6切れ)2,205円
いづう   いづう 木版画冬

今回のラベルの木版画は雪景色でした。
季節によってかわるこの木版画のラベルも、とても美しいです。

開けますと
いづう 昆布    いづう 鯖寿司
なんと立派なお昆布でしょう。これを見ただけで お高いのもわかる気がします。
鯖の厚みもすごいし、ごはんも何ともよい感じで、本当に美味しい鯖寿司です。
だ~い好きです。

京都の鯖寿司は今や全国的に有名ですが、古くから、京都には若狭の鯖が運ばれていました。
後に、鯖街道と呼ばれるこの道は、京都まで18里、いくつかの難所を越え、
終点、出町柳に到達します。
小浜で一塩した鯖は、京都に到着する頃、ちょうど良い塩加減になったと言われます。

鯖寿司は、昔から、京都のお祭りには欠かせません。
祇園祭の頃になると、亡くなった祖母が、
「お祭りやさかい、鯖寿司注文したし取りに来てや」と我が家の分も
注文してくれてたことなど、思い出されます。

いづう
京都市東山区四条切り通し一筋半上ル東側
 tel 075-561-0751
     デパートなどでも購入できますよ!

Home | Category : 京都の美味しいもの    |  Trackback0
2010/01/11(Mon)

佐々木酒造の新酒

京都の佐々木酒造と聞いてぴん!ときましたか?
(佐々木酒造のお店に直接買いに行った時の話や写真はこちらへどうぞ)
私は昨年初めて知ったのですが、たぶん皆さんご存知でしょう。
俳優 佐々木蔵之介さんのご実家です。
今日は、近所の酒屋で、その佐々木酒造の新酒、『古都しぼりたて生原酒』を買いました。

まずは、お店ですすめられて私が試飲。
なかなかおいしい気がする。
夫は運転してて飲めないので 私の味覚だけが頼りだけど…
う~ん、私達の好みの淡麗辛口とは違うけど、濃くてこういうのもおいしいかなぁ、
わかったような、わからないような…。
「これはこの時期だけしか手に入りません。しぼったままの生なんですよ。」
と言われると…蔵之介さんの顔も浮かび…購入しました。
古都しぼりたて生原酒    佐々木酒造
箱も袋もなく、新聞紙にくるまれただけの簡易な包装。
瓶には表ラベルもなく裏ラベルのみ。
(左の写真の短冊は新聞紙に貼ってあったものを私が瓶にくっつけて撮影しました)
この簡素さが返って「蔵元からの直送品」らしくて良い感じでしょうか。

早速、晩御飯に美味しくいただきました。
ここ数年、日本酒にとても興味があります。おいしいですね~。
旅に行っても地酒を飲むのが楽しみ。奥が深いなぁと思います。

たまたま今日から始まったドラマに佐々木蔵之介さんが出てたので書いてみました。

佐々木酒造株式会社
京都市上京区日暮通椹木町下ル北伊勢屋町727
 tel 075-841-8106㈹

Home | Category : 京都の美味しいもの    |  Trackback0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。